干し柿を干すのに適した場所は?日陰と日向どっちがいい?部屋干しする場合は?

干し柿を吊るす場所のイメージは、日光がよく当たる軒下ですよね。
しかし、実際に干そうとした時に日陰で天日に干す事ができなかったりします。

干し柿はやっぱり日当たりのいい場所で日光に当てないと作れないのでしょうか?
日陰ではダメなのでしょうか?

また、屋内にしか干せない場合はどうでしょう?
家の中で干す時は何か注意する事があるのでしょうか?

今回は干し柿を干すのに適した場所についてお伝えしていきます。

check! ⇒ 柿・干し柿関係についての疑問一覧はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

干し柿を干す場所はどんな所がいい?

干し柿を干す場所は日当たりが良い軒下のイメージがあります。
晩秋の乾いた風に吹かれて燦燦と陽を浴びているのを想像しますね。

しかし、なかなかそのような環境で干せないのが現実です。

実際は干す場所が限られてしまいますから、果たしてここに干していいのか?と思う事もしばしば。

そこで、干し柿を吊るす場所で適した場所はどういう所なのか確認したいと思います。

干し柿を吊るすのに適した場所

干し柿を干す場所として適しているのは、寒くて乾燥していて風通しがよく、雨や霜、露がかからない場所です。

干す時期も日中の気温が10℃以下になる寒い時期がベストです。

湿気が多かったり通気性が悪かったりすると柿が乾燥しにくくカビも生えやすくなります。
そして干している柿が雨などに濡れてもカビが生えます。

さらに気温が高い時期もカビが生えやすく、虫も寄ってきます。

とにかく柿は糖分が多くカビやすいので、干す場所は乾燥している風通しのいい場所である必要があります。

まだ気温が高い時期の渋柿は、焼酎で渋抜きをして食べるといいですよ。

check! 渋柿を焼酎で渋抜きする時の度数や期間、やり方のポイントをご紹介!

干し柿は日陰に干しても大丈夫?

干し柿は乾燥して風通しが良い場所に干します。

で、一つ気になる事が。

やっぱり日向で日光に当てて天日干しにした方がいいのでしょうか?
それとも日陰で干した方がいいのでしょうか?

日光に当てると紫外線の殺菌効果もが期待できますが、柿の温度が高くなって傷んでしまいそうですよね。

日陰の場合も上手く乾燥しないように思えます。

さらに選択の余地もなく日陰、日向のどちらかにしか干せないという事もありますよね。

干し柿は天日干しした方がいいのか、それとも日に当てなくてもいいのか、日陰でも作れるのでしょうか?

干し柿は日陰と日向のどっちに干す?

干し柿を干す場所は日当たりが良い場所でも日陰でもどちらでも大丈夫です。

ただし、どちらに干す場合も風が必要です。

柿を乾燥させるのは乾いた風です。
その場所が乾いていて風さえあれば日陰でも干し柿が出来上がります。

干し柿は日光に当てなくてもいいの?

もちろん天日に当てて干した方が早く柿が乾燥します。

ただ、日光に当てすぎると柿の表面が日焼けして真っ黒くなります。

場所の移動が可能なら、日当たりがいい場所である程度干して、柿が乾いてきたら半日陰の場所に移すと黒くなりすぎるのを防ぐ事ができますよ。


スポンサーリンク

干し柿を部屋干しする場合は?

干し柿を家の中にしか干せないという事もありますよね。

もちろん家の中でも干し柿が作れます。
ただ、部屋干しならではの注意点があります。

干し柿を部屋干しする時に気を付ける事…それはカビです。

実は家の中は屋外よりもカビの菌が多いのです。
更に湿度が高い上に気温も高いです。
寒い時期なので窓を開ける事も少なく、通気性も良くありません。

糖分と水分の多い柿がカビやすい条件がそろいます。

部屋の中に干す場合も、気温が低くて乾燥していて風通しがいい場所に干します。

この条件を満たした上で、エアコンの風が直接当たる場所は避けた方がいいです。

なぜならエアコンの風にカビの菌が混ざっている事があるからです。

出来るだけエアコンの風は避けて、代わりに乾燥した寒い部屋で扇風機の風を弱く当てておく方が安心ですよ。

最後に

干し柿を干す場所として適しているのは、『寒い・乾燥している・風通しがいい』の条件を満たした場所となります。

日光が当たる場所でも日陰でも、この条件さえ満たせばいいのです。
家の中に干す場合も同じです。

柿同士も間隔をあけて干さないとカビが生えやすくなりますから、とにかく通気性を良くして、上手に乾燥させて作って下さいね。

check! ⇒ 柿・干し柿関係についての疑問一覧はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。