干し柿はカビを取れば食べられる?取り方と白い粉との見分け方について

自家製の干し柿、干している間にカビが生える事があります。
何とかカビを除去して食べられるようにしたいですよね。
苦労して皮をむいて干した柿ですから諦められません。
しかしカビが生えた干し柿は食べても大丈夫なのでしょうか?

そんな訳でこちらでは食べられるかどうかの判断基準とカビへの対処法をご紹介したいと思います。
また、干し柿に吹く白い粉と白カビの見分け方もお伝えしますね。
早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

干し柿にカビが生えても食べられるのか

干している間に柿にカビが…!
ショックですよね。
カビが生える原因は気温や天気、環境や干し方など色々な要因があります。
だからと言ってせっかく干した柿をここで無駄にしたくはないですよね。
まずは食べられる状態なのか、もうダメなのかを判断しましょう。

カビが少し生えている状態

カビが干し柿の表面にポツ…ポツ…と少し生えている程度なら救済処置を施せば食べられる可能性があります。
対処後の経過を見て再びカビが生えないようであれば食べてもOKです。
カビが再発したらその柿は諦めて捨てましょう。

ただちょっと不安がありますので、一度カビが生えた干し柿は胃腸が弱い人や幼児や高齢者などの体力がない人は食べない方がいいでしょう。

干し柿にたくさんカビが生えている状態

柿の広い面積にカビが広がっている物はスパッと諦めて捨てましょう。

カビは表面だけでなく、柿の内部にまで見えない菌糸を伸ばしています。
そのカビには強い毒性があるものがあります。
中には腹痛どころじゃ済まないような重症になる毒を持っているカビがありますし、白カビに関しては早いスピードで食べ物を分解しているので味も悪くします。

このような危険がありますので、一目見て「カビてる…!」とわかるレベルであれば早急に処分しましょう。
放置しておくとそこから無事な柿に胞子が飛んで二次被害が起こる可能性があります。

干し柿に黒い斑点が出ている場合

中には柿に黒いシミが出来てくるものがあります。
これはよく見て表面がホワホワとワタのようになっていればカビです。

ホワホワしていなければ柿の渋み成分『タンニン』が固まって浮き出ているものなので安心してください。
そのままにしておいて大丈夫ですよ。

干し柿のカビの取り方

干し柿の表面にポツポツ生えたカビ、こいつを取って再発しなければ食べる事ができます。
では早速干し柿に生えたカビを除去する対策法をご紹介しますね。

■用意するもの

  • アルコール度数が35度以上の焼酎かホワイトリカー
  • キッチンペーパー
  • 包丁
  • 新品の歯ブラシ

■取り方

①手をきれいに洗っておく
手から菌が移る可能性がある為、慎重にするなら使い捨てのビニール手袋をはめたり手をアルコール消毒しておきましょう。

②ホワイトリカーをしみ込ませたキッチンペーパーや歯ブラシでカビを落とす。
不安ならカビの周囲から包丁で切り取る。

③仕上げに新しいキッチンペーパーにホワイトリカーをしみ込ませたもので柿全体を拭く。
霧吹きでホワイトリカーを吹き付けてもいいですよ。

以上が干し柿に生えたカビの取り方です。
この対処法をして柿を干し続けてカビが再発しなければOKです!

スポンサーリンク

干し柿の白い粉とカビの見分け方

干し柿はよく白い粉を吹いていますよね。
そしてカビも白カビというものがありますのでどっちなのか判断に迷います。
こちらの見分け方もご紹介します。

カビではなく無害な白い粉の場合

よく見かける『干し柿の白い粉』は柿の糖分が結晶化した「柿霜」と呼ばれるものです。
もちろん無害です。
見た目は粉砂糖をまぶしたような感じです。
作っている干し柿がしっかりと乾いて完成間際のタイミングで発生し、見た目も粉砂糖をまぶしたようであれば糖の結晶である可能性が高いです。

白カビの場合

反対に干し始めてから日が経っておらず、柿が乾燥していない状態に出た物ならカビである可能性がかなり高いです。
においをかいでみてカビ臭ければ明らかにカビです。
表面にはカビ特有の胞子のホワホワもありますのでよく見てみましょう。

もし白カビが生えていたら潔く捨てましょう!
白カビが生えると味もまずくなります。
また、自然発生した白カビは強い毒性がある物がありますので食べずに処分しましょう。

最後に

干し柿を作るには皮をむいたり吊るしたりと結構大変です。
特に皮むきは大変ですよね。
そんな苦労をカビで水の泡にしない為にも毎日干している柿のチェックをした方がよさそうです。
カビも少しの状態なら柿を救済する事ができます。
あとは柿が重ならないように風通しがいい所に干して絶対に雨や夜露で濡れないようにしておきましょう。
美味しい干し柿になるといいですね!

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。