干し柿の保存は常温だとどれくらい日持ちする?冷凍する場合は?

干し柿は一度に大量に作りますので、すぐに食べない分は保存しなくてはなりませんよね。
昔から保存食と言われていますが、常温でどれくらい日持ちするのでしょうか?

実際どれくらい保存できるのか、冷凍する場合も含めて保存方法のコツと保存期間についてご紹介していきます。

check! ⇒ 柿・干し柿関係についての疑問一覧はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

干し柿の保存の常温、冷蔵庫での仕方

干し柿を大量に作った場合、すぐには食べきれません。

そうなると保存することになるのですが、この干し柿自体は昔から保存食とされてきましたから常温で置いておけばいいような気がしますよね。

まずはこの干し柿を常温でどう保存するか確認してみましょう。

干し柿の常温での保存方法

干している干し柿がちょうど良い硬さ、乾燥具合になったら取り込みます。

室内で常温保存する場合、干し柿の敵はカビ!

干し柿がカビないように通気性が良い紙袋や紙箱などに入れ、日の当たらない部屋の寒い場所に置いておきましょう。

干し柿を冷蔵庫に入れたい場合

常温で置いておくとカビが発生しそうで怖い…

そんな場合は冷蔵庫に入れたいですよね。

冷蔵庫に入れる場合は干し柿をジッパー付きの袋に入れ、空気を抜いて密封します。

これは冷蔵庫の中は乾燥していますので、必要以上に柿を乾燥させない為と冷蔵庫のニオイが干し柿に移らないようにするためです。

必ず密封して下さいね。

干し柿を保存してからどれくらい日持ちする?

干し柿は保存食とされてきましたから結構日持ちしそうです。

確かにガッチガチに乾燥させたものはかなり長い期間保存できます。

でも、私たちは程よく乾燥して柔らかい干し柿をおいしく食べたいですよね。
そこで、いい感じの状態の干し柿を保存してどれくらい日持ちするかもご紹介します。

干し柿の常温での保存期間

常温で保存した場合は3、4日位のうちに食べるようにした方がいいです。

どんどん乾燥して固くなってきますし、下手するとカビが生えてくる事もあります。

干し柿の冷蔵庫での保存期間

冷蔵庫に入れた場合は約1か月が目安です。

固めに乾燥させた干し柿の場合は2、3ヵ月もちますが、おいしく食べるなら早めに食べきるようにした方がいいです。

スポンサーリンク

干し柿の保存を冷凍でする場合は?

干し柿が大量にある場合、消費するのに1ヵ月では足りません。
もっと長期保存をしたい場合、干し柿は冷凍して保存する事もできます。

冷凍した場合は約半年保存できます。

干し柿の冷凍保存の仕方

干し柿の冷凍の仕方は、まず1個ずつラップでぴっちり包んで、それを冷凍用のジッパー付きの袋に入れて密封させます。

ラップとジッパー付きの袋で二重に包んで、きっちり密封させることがポイントです。

におい移りと冷凍焼けを防ぐためです。

干し柿の解凍

冷凍した干し柿を食べる時は自然解凍させます。

食べる前日から冷蔵庫に入れておくのでもいいですし、室温に置いて常温で解凍させるのでもいいです。

解凍させる時には包んでいたラップを広げておきます。

ラップで干し柿が包まれたままだと水分でビシャビシャになってしまう事がありますよ!

干し柿は糖分が多いのでガチガチに凍る事はありません。
凍ったまま食べてもシャリシャリした食感でおいしいですよ!

最後に

干し柿は常温で置いておくと乾燥してどんどん固くなってしまいます。
おいしい状態で保存するなら密封して冷蔵庫に入れたり冷凍してしまう事をおすすめします。
せっかく作った干し柿ですから、うまく保存しておきましょう!

check! ⇒ 柿・干し柿関係についての疑問一覧はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。