高遠の桜の渋滞や混雑を避ける!すいている時間と駐車場のご紹介

桜の名所で知られる長野県伊那市の高遠城址公園。
毎年桜が咲く時期にはさくら祭りが開催され、全国からたくさんの人が桜を見にやってきます。

自家用車だけでなく観光バスもたくさん!
やっぱり日本人ですもの、きれいな桜をみたいですよね!

でも、この時期の高遠城址公園周辺の道は大変渋滞します。
公園内も見物客でいっぱいです。
混雑は覚悟して行かねばなりませんが、できるだけ渋滞に巻き込まれずに行ってきたいものですね。

高遠の桜を見るのに渋滞や人混みを回避するにはどうしたらいいか、ここで確認してみましょう。

スポンサーリンク

高遠の桜の渋滞や混雑はどんな感じ?

噂ではすごい渋滞と人だよ!と聞きますが、実際巻き込まれた場合どうなるのかを見てみましょう。

渋滞状況

渋滞のピークは桜が見ごろの頃の土日です。
さらに満開と土日が重なった場合はとんでもない渋滞になります。

また、この頃は伊那インターが大変混雑します。
過去にはインターから城址公園付近まで5時間かかったという記録があります。
できれば伊那インターは避けましょう。
時間帯や行く日によっては伊北インター、駒ヶ根インター、諏訪南インターや諏訪インターを使うルートを検討してみましょう。

平日であれば、伊那インターを利用しても問題ありません。
しかし、伊那インターから国道361号線を通るルートは平日でも高遠公園の3、4キロ手前から渋滞します。

インターを降りてからの渋滞状況

満開時期の土曜日は朝8時過ぎ、日曜日は7時過ぎから国道361号線で高遠町に入ってから駐車場への渋滞が始まります。
どんどん混んできて、昼過ぎに渋滞のピークに達します。
伊那方面からですと軽く1時間以上は渋滞に巻き込まれますし、上記に記載した通り5時間の渋滞もあるかもしれません。
なにせ伊那インターから高遠町まで道路は1つしかありませんので…この道しかないのですよ。

無料のお役立ちアプリの紹介

毎年渋滞がすごいので、伊那市観光協会さんが渋滞&駐車場状況がわかるアプリを開発しました。
その名も『高遠さくらナビ すいすイ~ナ』!

これを使えばリアルタイムでの渋滞状況や駐車場の空き情報、交通規制情報や道案内までしてくれるというものです。
これを活用して行ってみましょう。
『高遠さくらナビ すいすイ~ナ』ダウンロードページ

高遠の桜のすいている時間は?

はるばる桜を見に行くのですから、皆さん見頃の絢爛な桜が見たいのです。
ですので、時期をずらす事なんてできません。

満開の桜の時期の土日はとにかく渋滞になる事はわかりました。
先程にも渋滞が始まる時間を記載しましたが、避けなくてはいけないのは日中ですね。
日中見に行きたいのはヤマヤマですが、時間をずらしましょう。

満開時期の土日で渋滞を避けられる時間帯

早朝

まず1つは早朝です。
『満開時期の土曜日は朝8時過ぎ、日曜日は7時過ぎから』渋滞が始まるのでしたね。
ですので早起きして渋滞が始まる前の時間帯に見に行くのがいいでしょう。
遅くても8時までには公園に到着している事を目指しましょう。
公園には桜の見頃時期は朝6時から入れますよ。
6時前は入れませんので注意してください。
ちなみに高遠城址公園は入園料を払わないと入れません(大人:500円、子供:250円)。

スポンサーリンク

早朝は満開の土日でも公園内がすいていますので、ゆっくり朝日に照らされた花びらを眺められます。
昼になると人が多くてのんびり見ていられません。

夜桜

午後になると、15時過ぎから皆さん帰り始めます。
駐車場もすいてきます。
ですので、あえて夜桜を見に15時以降に行くもの手です。
日没後には22時まで桜がライトアップされます。
(閉園も22時です)
漆黒の闇に浮かび上がる桜は昼間の桜と趣が変わり、幻想的ですばらしいです。

基本的に夜桜もそんなに混雑しないのですが、満開時期の土曜日の夜は渋滞もする可能性があります。

高遠の桜の駐車場でとめやすい場所は?

城址公園近くの駐車場は全て有料(700円)です。
でも、できれば近くに車を停めたいと思いますよね。
平日の早朝なら可能でしょう。
ですが、満開時期の週末の日中は公園周辺に車で近付く事すら困難な状況です。
週末は朝の8時や9時には公園の近くの駐車場は満車になります。

あえて満開時期の土日の日中に行く場合

もし、土日の日中に行かれるのなら伊那市役所の臨時駐車場に駐車して、そこからシャトルバス(一人片道100円)で公園に行くのが一番早いです。
市役所の臨時駐車場は土日のみ、朝の8時から17時まで解放されています。

シャトルバスについてはコチラをご覧ください。

公園周辺には裏道などありませんし、道端に駐車できるところもありません。
一方通行で交通規制もされています。
公園近くに車で近付かない方が無難です。

早朝・夕方以降行く場合

朝の6時に来て8時までに帰るのであれば城址公園周辺の市営駐車場(有料)に駐車しても割と楽に帰ってこれると思います。
でも、公園周辺は一方通行の交通規制。
帰りには始まりつつある渋滞に飲み込まれる可能性はあります。
夜桜を見に行く場合も、特に夜ですと皆さん近くに駐車したいと考えますので、公園周辺では駐車場待ちをする可能性があります。

ですので、15分程歩くことをいとわないのであれば、少し離れたところにある無料駐車場を使う事をおすすめします。
おすすめは『弁財天河原』『ほりでいぱーく』の駐車場です。

駐車場案内の地図をご紹介しますので、地図で確認してみてください。
・弁財天河原⇒地図中 P11
・ほりでいぱーく⇒地図中 P17

高遠城址公園さくらまつり駐車場案内

まとめ

せっかくのお花見が渋滞や混雑でイライラして嫌な思い出になってしまってはもったいないです。
スケジュールの都合がつくようであれば時間や日程をずらしたりして混雑を回避しましょう。
また、上記でご紹介した無料アプリ『高遠さくらナビ すいすイ~ナ』もうまく活用するといいですよ。

他、夜桜や高遠の桜の見どころやご当地の食べ物をご紹介していますので、よかったらこれらもご覧くださいね。

高遠城址公園の桜で見どころと写真の撮影、食事などのおすすめをご紹介
高遠の桜の夜桜を見に行く時の見どころや夜間の渋滞、駐車場について

以上です。

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。