水出しコーヒーが薄い!おいしい作り方のコツや豆の種類の選び方

夏は麦茶をはじめ普段飲んでいるお茶やコーヒーも冷たい物が欲しいですよね。
そこで自宅で水出しアイスコーヒーを試してみた方もいらっしゃるかと思います。

しかしコーヒー豆を水に浸して作る場合、素人が家で作ってみたら味が薄い、コクがなく物足りない、雑味やえぐみ、粉が沈殿して濁りが発生…とうまく作れない事があります。

夏場はアイスコーヒーを作っておければ便利ですから、プロの味とはいかなくてもおいしいコーヒーにしたいですよね。

どうしたら家でおいしい水出しコーヒーを作れるのか、おいしくできない原因や作り方のコツについて確認してみましょう。

スポンサーリンク

水出しコーヒーの味が薄い原因は?

自宅で水出しコーヒーを手軽に作る方法は、コーヒーの粉をお茶パックなどのフィルターに入れて水に長い時間浸けておくことです。

しかし、味が薄かったり香りがイマイチだったり、キレもコクもなく物足りない味わいになったりします。

また、酸味が強かったり雑味や濁りが出る事も。
うまく作れないのはなぜか、まずはその原因として考えられることをチェックしてみましょう。

水出しアイスコーヒーの味が薄い

水出しコーヒーを作る時には大体深煎りに焙煎したコーヒー豆を使用します。
が、いつものお湯で淹れる用のコーヒーの粉でも水出しはできます。
ただ、『いつものコーヒーの粉』を使って水出しアイスコーヒーを作ると、香りや味わいは薄く感じられる事が多いです。

ですので、できれば『水出し用』の豆を使うと失敗しづらいです。

また、新鮮な豆は水が浸透しにくく抽出に時間がかかります。
6~8時間位経ってから味見をして、薄いと感じたらそーっとかき混ぜてあと1時間置いてみましょう。
コーヒーの抽出時間が短いともちろん薄いですよ。

香りがない

香りがない場合も『熱湯で淹れるいつものコーヒーの粉』を使った場合は、お湯で淹れるのとは違い香りが立ちづらいです。

水出しコーヒーは時間をかけて水でコーヒーをゆっくり抽出します。
熱が加わらないのでえぐみや雑味が出ないすっきり美味しいコーヒーができます。

ですが…

自宅で作った水出しコーヒーは酸味が強かったりえぐみや雑味が出る事があります。
その場合の理由も見てみましょう。

酸味が強い場合

『いつものコーヒーの粉(ホット用)』で酸味のある豆を使っている場合、アイスコーヒーにすると酸味が強く出る事があります。

また、豆が焙煎してから時間が経つと酸化して酸味が出る事も。
酸味を防ぐには新鮮で焙煎してからあまり時間が経っていない豆を使うのがおすすめです。

えぐみや雑味がある

あまりにも細かく挽いた豆を使用してしまうと雑味が出る事があります。
また、必要以上に長い時間コーヒー豆を浸けておくとえぐみや雑味が出てきてしまいます。
ちょうどいい塩梅になったら豆は取り除きましょう。

水出しコーヒーの作り方のコツ

今度はおいしい水出しコーヒーの作り方のコツを見てみましょう。

水出しコーヒーに使う豆について

  • コーヒー豆は水出し用、もしくは深煎りの豆
  • 豆の挽き方は細挽きがおすすめです。
  • 通常のペーパー用の豆の挽き方でも作れます。

使う豆と水の量

水1リットルに対して豆を60g位使います。
これは好みの問題もありますので、何回か作ってみて一番自分がおいしいと思う豆の量を探してみるといいですよ。

また、水出し・アイスコーヒー用の粉でなく普通のコーヒー用の豆だと味が薄くなってしまいますので、粉の量を多めにしてみましょう。

水について

淹れる時は最初からキンキンに冷えた水だとコーヒーが抽出しづらいです。
氷水は使わず常温の水を入れて冷蔵庫に入れた方がいいですよ。
軟水のミネラルウォーターや沸騰させて冷ました水道水を使いましょう。

コーヒーを抽出する時間は?

抽出には約8時間程度かけます。

薄いコーヒーを飲みたい人は短め、濃いコーヒーを飲みたい人は長めに抽出しましょう。

濁りがあって粉が沈殿しておいしくない

コーヒー豆を入れたフィルターからコーヒー豆の粒子が沈殿していて飲むとおいしくない事があります。
そんな場合はコーヒーを作ったらペーパーフィルターでこしながら別の容器に移し替えましょう。

味にコクを出すテクニック

味わいにコクが欲しい場合は、コーヒーを作る前にコーヒー豆をお湯で蒸してみましょう。

  1. 平たいお皿にフィルターやお茶パックに入れたコーヒー豆を乗せ、熱湯をコーヒー豆全体が湿る位かけます。
  2. お湯をかける時はそーっと静かにかけましょう。
  3. そしてラップをして3分置いてからコーヒーを作るとコクのある味わいになります。


スポンサーリンク

水出しコーヒーの豆の種類でおすすめは?

普通のホット用の豆でも水出しコーヒーは作れない訳ではないのですが、素人が自宅で作ると味や香りがぼんやりしてしまう事が多いです。
ですのでおいしいコーヒーにしたければ、水出し専用のコーヒー豆や深煎りの豆を選ぶといいですよ。

深入り豆は

  • シティロースト
  • フルシティロースト
  • イタリアンロースト
  • フレンチロースト

と書いてあるものです。

また、商品名が『エスプレッソ』『フレンチ』などと書いてある物も大体深煎りです。

最後に

水出しコーヒーがおいしくできないのは、使う豆の種類や量・時間など様々な原因があります。
一番手っ取り早く簡単なのは各メーカーから出ている『水出し用コーヒー』の粉を使う事です。

ホット用の豆を使っておいしい水出しコーヒーにするのは素人だとなかなか難しいです。
しかし、何度も分量や方法を調整しながら作ってみて、自分にとって一番おいしい作り方を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。