日本橋のアクアリウムの混雑と所要時間、入場券の購入について

毎年東京の日本橋で金魚を観賞するアートアクアリウムが開催されます。
混雑することが多いイベントなのですが、混み具合はどんな感じなのでしょうか?
待ち時間、鑑賞する所要時間もどれくらいかかるのでしょうか?
チケットも当日券と前売り券、それ以外に日時指定券などいろいろあります。

そんなアートアクアリウムの混雑とおすすめのチケットについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク
 

日本橋のアクアリウムの混雑は?

アートアクアリウムは何となく混むイメージがあります。
まず、どれくらい並ぶのかご紹介します。

日本橋のアクアリウムの待ち時間について

時間的にはオープン直後の11時はまだすいているのですが、昼になると一気に混み出します。

その日や時間にもよりますが、入場まで30分から1時間の待ち時間があると覚悟しておけば間違いはないでしょう。

出来れば朝オープン時刻前に並んで、オープン時間から中に入って鑑賞するのが一番待ち時間も少なく、会場内も空いていていいですよ。

ちなみに、↓ これが土曜日の朝10時30分位の並ぶ場所の様子


画像をクリックすると大きくなります。

そしてこちらが同じ日の13時前の様子

画像をクリックすると大きくなります。

この位で30分待ちとなっていました。
手前の浴衣の方も最後尾に並ぶために移動しています。

4年程前(2015年頃)に見た行列はこのエリアをはみ出して半蔵門線の改札方面まで地下道沿いに行列ができていたので、最近は以前に比べて空いている傾向があるのかな~と感じました。
それとも列を作る場所を変えたのか…?

ちなみにこのアートアクアリウム、混雑する条件は曜日と時間帯だけではありません。

開催時期が夏ですので、その日の天気、気温にも混み方が左右されます。

外が暑かったら涼むには最高の場所ですので、急遽お出かけ先に設定される事もあります。
その為暑い日ほど混みやすいと言えます。

並ぶ場所は?

入場の列は地下鉄銀座線の三越前駅の改札付近、コレド室町1と3の間の地下通路に出来ます。
最後尾には係の人が看板を持って立っています。

入口はコレド室町1(コレド室町は1~3まである)の4階にありますが、混雑時は入り口のフロアが変わることもあるようです。

アートアクアリウムの係の方が各フロアにいますので、迷ったらどこに並べば良いか聞いてみましょう。

日本橋のアクアリウムの所要時間は?

並んで会場に入場してから鑑賞するのにどれくらいかかるかもお伝えします。

実際のところ会場内は広くないので、写真をたっぷり撮っても1時間~1時間半で済みます。

会場のスタッフの方に聞くと、早い人だと30分位で見終わって出て来るそうです。

ただ、問題はその日の混雑具合です。

係の人が10組位ずつ順番に会場内に案内していますが、前述した通り会場内は写真撮影が出来ます。

滞在時間の制限は基本的にはありません。
(もしかしたらすごーく混んでいると制限がかかるかもしれません)

スポンサーリンク

その為、多くの人が写真を撮っていて前に進まないので、会場内は混雑しています。

なかなか近くに寄れない水槽もあります。

中でも「ビョウブリウム」という屏風型の水槽の所ではプロジェクトマッピングが流れるため、ここで皆さんが立ち止まって日によっては行列になります。

それでも人の流れに逆らわずに進んで行って、大体1時間くらいで全部見られます。

ですので、すいている時でない限りは待ち時間、鑑賞時間を合わせて2時間~2時間半くらい見積もっておけばいいかと思います。

スポンサーリンク

日本橋のアクアリウムの入場券でおすすめはコレ

このアクアリウム、結構チケットの種類があります。

お食事券付きとか浴衣着付けセットとか色々ありますが、大体皆さん『入場券のみ』だけの券を買いますよね。

この『入場券のみ』も当日券・前売り券・日時指定券とあるのですよ。

その中でも当日券と前売り券のどちらがいいか、スタッフの方にも聞いてみました。

日本橋のアクアリウムは当日券と前売り券のどちらがおすすめ?

チケットには当日券と前売り券(日付指定なし)があります。

どちらかというと前売り券を買って行けば優先的に先に入れるような気がしますよね。

しかし…

スタッフの方曰く、「どちらでもあまり変わらない」との事。

当日券を買う人も前売り券を持っている人も地下通路の同じ列に並びます。

係の人に当日券を買った後、前売り券と当日券で並ぶ列が変わるのかと聞いたところ、券を買ったらすぐ入場できるので、当日券でも前売り券でもあまり待ち時間は変わらないとの事でした。

しかし入場前にチケットを買う為に足止めされるより、すぐに入れた方がいいですよね。

ですので、個人的には事前に前売りの入場券を買って行くことをおすすめします。

前売り券の購入について

前売り券ははセブンイレブンかインターネットで購入できます。
表示は『当日入場券』となっています。
ちなみにネット購入の場合もチケットはセブン受け取りですよ!

前売り券の購入についてはこちらをご覧ください。

⇒アートアクアリウム2019 チケット情報

ちなみに、チケットの『浴衣着付けセット』は、着付けだけしてくれるもので浴衣のレンタルはしていません。
浴衣一式持参となります。

もし浴衣で行きたい場合、浴衣を持っているなら自宅から着て行くのもいいですが、近くでレンタルと着付けをしてもらうと楽ちんです。

【東京・浅草・浴衣レンタル】ヘアセット付き!雨の日は和傘無料貸出♪浴衣一式レンタル&着付けプラン!

当日券の購入について

当日券は会場の日本橋三井ホール(コレド室町1の4階)で購入できます。

また、筆者は土曜日にコレド室町のタロー書店と日本橋案内所の間の通路(地下)で長テーブルを出して当日券の販売を行っているのを見ました。

この地下の券売所は本当に簡易的に作ってあるようでしたので(長テーブルだし)、混雑が予想される日のみ開設されるのかもしれません。

アートアクアリウム日本橋の日時指定のチケットについて

大体30分~1時間の待ち時間が発生する事もありますが、並ばずに優先的に入れるチケットもあります。

それは日時を指定した前売り入場券です。

これは文字通り事前に行く日時を指定して予約券を買っていきます。

セブンイレブンとインターネットで購入できますが、販売枚数の制限があるので希望の所が×になっていたら別の時間や日にちを選ばないといけません。

ただ…

日時指定券は金額が倍に跳ね上がります。

一般の当日券、前売り券は大人一名1,000円、4歳以上~小学生までは600円なのですが、

日時指定券の場合、平日は2倍の2,000円(大人)、1,200円(子ども)

土日は3倍の3,000円(大人)、1,800円(子ども)

お盆、9月の連休期間はさらに高く大人が5,000円、子供が3,000円です。

金額の事を考えますと、よほど時間に制約がない限りは普通の前売り券を持っていけばいいんじゃないかなぁと思います。

アクアリウムのついでに…

三越前から東京駅にかけての日本橋界隈は老舗のお店やレストランも多いので、金魚を見るだけでなく食事したりお茶して散策するのもおすすめです。

ただ…問題はどこもかしこも混んでいる事。
ですので、食事するなら予約して行くのがオススメです。

こちらは日本橋周辺のレストラン情報が多い予約サイトです。
食事するならこちらのサイト↓から予約していくと並ばなくていいですよ。

東京・丸の内・日本橋でおすすめのレストラン 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。