バレンタインのラッピングで箱で生チョコ贈る方法 ハート型の箱に入れて包むには?

バレンタインでチョコレートを手作りした場合、ラッピングも自分でしなくてはなりませんよね。
今では100均ショップに行けばおしゃれなラッピンググッズが手に入ります。
バレンタインですからハート型の箱を使いたいとも思いますが、四角い箱以外はお菓子を詰めにくい上にラッピングもしにくいです。
そして実際に包むとなると箱やリボンだけではできません。
お菓子もクッキーや普通のチョコのように固いものなら包むのが楽ですが、生チョコの場合はやわらかい上に溶けやすいですから気を使います。
そこで、今回はバレンタインの箱を使ったラッピングのポイントをご提案していこうと思います。

その他のバレンタインのラッピングについてはこちら
バレンタインのラッピングで簡単に大量のケーキや生チョコを包む方法
カップケーキのバレンタインのラッピング、クリームが乗るものや箱を使う場合は?

スポンサーリンク

バレンタインのラッピングで箱につめるのに便利なもの

今はダイソーやセリアなどの100均ショップでかわいいラッピンググッズが売っています。
これらを使って生チョコやトリュフをうまく箱に入れていきましょう。

あると使えるもの

まずはどのようなものがあると便利か紹介します。
これは個人のセンスや好みによるので、実際にお店でいろいろ見て選んでみましょうね。

  • まずは箱。お好みで。
  • アルミやワックスペーパーのカップ(チョコを1個ずつ入れるカップ)
  • ペーパークッション(紙が細かく切られた、鳥の巣みたいなもの)
  • ワックスペーパー
  • レースペーパー
  • シール etc…

お菓子が生チョコなら、ぜひ付けたい物はチョコを食べる時に使うピックです。
和菓子を食べる時についてくる楊枝(黒文字という)みたいな形のものがあると食べやすいですよね。

バレンタインのラッピングで生チョコを箱につめるには

せっかく作ったチョコレートですから、相手が開封した時まできれいな状態でいてほしいものです。

ですので箱を横にしても中のチョコレートが動かないように工夫して、かわいいラッピングをしたいですね。

箱に生チョコをつめるには

いくつか方法があります。
ポイントは箱の中でぐちゃぐちゃにならないように、箱の中に隙間を作らない事です。

①ペーパークッションで隙間を埋める

  1. 生チョコをワックスペーパーやアルミのカップに一つずつ置きます。
  2. 箱にペーパークッション(鳥の巣みたいなもの)を敷きます。
  3. カップに入ったチョコをクッションペーパーの上に置きます。
  4. 更にチョコとチョコの間を埋めるようにクッションペーパーをつめます。
    あまりギュウギュウにならないように、そして多少横にしても崩れないようにしましょう。

②チョコだけ

  1. 箱の中にワックスペーパー(オーブンシート)を敷きます。
  2. 生チョコを箱と同じ大きさに切ります。
  3. その生チョコはさらに一口大に切ります。
  4. 箱の中に生チョコを平らに並べます。

石畳チョコ風です。
このように平たい箱に高級チョコのようにびっしり並べるのが一番崩れなくていいですね。

スポンサーリンク

③キャンディ風

この場合は浅い平らな箱ではなく、ある程度深さがある箱を使います。
箱だけでなく缶に入れてもいいですね。

  1. チョコを一つずつワックスペーパーで包みます。
  2. くるっと巻いて両端をねじってキャンディのような形にします。
  3. それをいくつも作り、箱に全部入れます。

全部で3つご紹介しましたが、『②チョコだけ』以外の2つの方法であればトリュフもラッピングできますよ。

バレンタインのハートの形の箱をラッピングするには

何といってもバレンタインですからね。
この機会にハートの形をした箱を使ってみたいものです。

その場合のラッピングの仕方です。

ハート型の箱にチョコを入れる方法

ペーパークッションを使用する

こういった変形型の箱で一番やりやすいのは、先ほど紹介した『ペーパークッションで隙間を埋める』方法です。
箱と中のペーパークッションの色が合うようにするのがポイントですよ。

チョコだけ

こちらは生チョコ限定のやり方になりますが、箱のハートに合わせて生チョコを切り、箱に入れます。
結構テクニックが必要です。
それにもらった人が自分で切りながら食べるように小さなナイフを付けるのです。
ただし『切る』となるので…縁起をかつぐようならやめた方がいいかも。

ハート型の箱の包装

この箱にリボンをかけてそのまま渡してもいいですが、リボンがうまくかけられなかったり、ハートの箱のままだとちょっと…と思ったりしますよね。

やっぱりハート型の包みにくい箱でも包装したいのですが、四角い箱と違い包むのは難しいですね。

ですので、こういった箱はラッピング袋に入れてリボンで口をしばるのがいいですよ。
袋もビニール、不織布などありますので気に入ったものを選びましょう。
リボンは幅が広いものだと素敵ですね。

まとめ

手作りの生チョコやトリュフを箱に入れてラッピングするにも、
ケーキ程ではありませんが中で崩れないよう隙間を埋めておくことがポイントです。
どのような方法であれ、心を込めて作ったものは喜んでくれますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。