硬くなった大福を柔らかくする方法とリメイク 食べ方アレンジを色々ご紹介

大福餅が硬くなった時、どうやって食べますか?
そのまま食べてもおいしくないので、柔らかくして食べたいですよね。

上手く柔らかくする方法はないのでしょうか?
もしくは何かにリメイクする食べ方はないのでしょうか?

そこで今回は大福が硬くなった時に柔らかくする方法とアレンジした食べ方についてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

硬くなった大福を柔らかくする方法

大福餅を置いておいたら硬くなってしまう事は良くありますよね。
物によっては表面の餅が石のようにカチカチになって、さらにそれ以上になるとヒビが入ります。

そこまで固くなくても、やっぱり柔らかくない大福はおいしくありません。

このように硬くなった大福をおいしく食べるにはどうしたらいいのか?
まずは柔らかい大福に復活させる方法についてご案内します。

大福餅が固くなった時に柔らかくする方法

硬くなった大福を柔らかくするには、電子レンジの力を借ります。

霧吹きで大福の表面を濡らし、クッキングシートを敷いたお皿に大福を置き、軽くラップして10秒~20秒温めると柔らかさが復活します。

霧吹きがない場合は濡らして軽く絞ったキッチンペーパーで大福を濡らすといいですよ。
ただし濡らし過ぎると大福がベトベトになるので注意!

そしてレンジでチンすると大福がお皿くっついてしまうので、予防の為のクッキングシートもお忘れなく。

一番注意しなくてはいけないのが電子レンジの加熱時間です。
加熱しすぎると大福が溶け、形が崩れてしまいます。

ですので電子レンジの加熱は様子を見て、追加で加熱する時は5秒とか10秒刻みで微調整しながらチンして下さい。

ちなみにこのように復活させた大福を柔らかいまま食べられるのはレンジでチンした直後です。
時間を置くとまた固くなりますから早めに食べてしまいましょう。


スポンサーリンク

大福をリメイクする食べ方いろいろ

大福が固くなったら先程のようにレンジでチンすれば柔らかくして食べられます。
それとは別に大福をリメイクして一味違った食べ方をしてみるのはいかがでしょうか?
ある意味固くなった大福がないと出来ないものですからチャンスです。
6つの食べ方をご紹介しますね。

■大福を焼き餅にする

これは簡単。
大福餅をオーブントースターで両面焦げ目が付くまで焼いて食べるだけです。

大福を焼く時そのまま焼いてもいいのですが、おすすめは大福をあんこが出ない程度にペッタンコに潰してから焼く事です。
カリカリともっちりの食感がクセになります。

■バター焼きにする

これも簡単。
温めたフライパンにバターを溶かして大福をバター焼きにするだけ。
これも大福の両面に焦げ目がつくまで焼けばOK.
ここでも大福はペッタンコに潰しておく事をおすすめします。

バターと大福のあんこがベストマッチです。
パンにあんことバターが挟まってるのがある位ですから、あんことバターは合うのです。

■大福をおしるこにする

おしるこの材料はあんこ、水、そして餅です。
という事は大福に水を加えればおしるこが出来ます。

作り方は大福を四等分に切って、鍋に大福と水を入れて沸騰するまで火にかければ完成。
水の量はお好みですが、大福餅一個につき70ml~100mlが目安です。

もっと簡単に作りたい場合は、耐熱容器に水と大福を入れ、ラップをしてレンジで1~2分加熱するとできますよ。

■大福を牛乳おしるこにする

これを牛乳おしること言うべきか、それともミルクぜんざいというべきか…
おしるこに牛乳を加えて作るものです。

水を牛乳に変えてクリーミーなおしるこにすると、お湯で作ったおしること違い、最後まで飽きずに食べられます。

作り方は先程のおしるこの水を全部牛乳に変えるだけです。
レンジで作る場合は吹きこぼれ注意!

■コーヒーぜんざいにする

更にアレンジを加えて、コーヒーぜんざいにしてみましょう。

この場合、大福とコーヒーを別々に作ってから合わせる作り方がいいと思います。

まず、大福は最初にご紹介した『柔らかくして食べる方法』で柔らかくしておきます。
そしてインスタントコーヒーと熱湯で濃い目のコーヒーを作り、その中に大福を入れるだけです。

コーヒーとあんこの甘さが合います!

このコーヒーぜんざいに更にアレンジを加えると、カフェオレぜんざいにする事もできます。
カフェオレぜんざいは温めた牛乳にインスタントコーヒーを溶かし、その中に大福を入れるだけですよ。

■大福を油で揚げる

大福を油で揚げるのもおすすめです。
あんドーナツで証明されているように、あんこと油は合います。

油で揚げる時に大福がカチカチに固くなっている場合は、大福の素揚げでも大丈夫です。
まだ大福に柔らかい部分がある場合は、餅が溶け出してしまう可能性があるので大福に天ぷらの衣をつけて揚げて下さい。

油で揚げるのはちょっと手間がかかるので、大福がたくさんある時や揚げ物を作る時についでに作るといいと思います。

最後に

大福餅を柔らかくする時の電子レンジ加熱は本当に少しずつ様子を見ながらやらないと、餅が柔らかくなりすぎて大福の形が無くなります。
もし加熱し過ぎて大福の原型が無くなってしまったら、おしるこに作り直してしまいましょう。

大福を焼いたり揚げたりコーヒーに入れようなんて硬くならなければできない事です。
チャンス到来と思ってアレンジして食べてみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。