生理の血が服や下着に付いた時の落とし方 洗剤やシミにならない洗い方をご紹介

生理の血が漏れて下着や服が汚れてしまった事は女性なら一度はありますよね。
この汚れをきれいに落としたいのですが、なかなかすっきり落ちません。
どう洗うとシミとして残らないのか、実際に洗って検証してみました。
生理の血のきれいな落とし方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

生理の血で服や下着が汚れた時の落とし方

血が付いて汚れてしまった場合、できればすぐに洗う事が一番です。

しかし学校や仕事など、外出先で汚れてしまった場合はそうはいきませんよね。
そもそも汚れるのは大体外出先か寝ている時が多いです。

まず、外出先で汚れてしまったらあきらめて放置せず応急処置をしておきましょう。

生理の血が下着や服に付いた時の応急処置

①トイレットペーパーを3重くらいに重ねて血が付いた面の裏側に当てます。

②更に汚れた側からトイレットペーパーを当て、付いた経血を吸わせていきます。

③ペーパーの上からやさしくトントン叩いて、可能な限り汚れをトイレットペーパーに移すような感じで吸収させます。

④できるだけトイレットペーパーに血が付かなくなるまで汚れを取っておくといいですよ。

とりあえず外出先で応急処置をしておいても、実際洗うのは汚れてから数時間経った帰宅後。
時間がたった場合もきれいに落とすにはどう洗ったらいいか、まずは手順からお伝えします。

生理の血の汚れの洗い方

①下着を水で下洗いして表面の汚れを落とす

②そのまま生地をしぼらず洗剤の原液(粉の洗剤ならペースト状に溶かしておく)を汚れた部分に付けてもみこむ。

③そのまま洗面器に入れて少しの水に浸して付け置き。

④15分~30分位したら汚れの部分をもみ洗いしてすすぐ。

⑤その後いつも通りに洗濯する。

洗い方はこんな感じです。

ここで洗濯する時のポイントがあります。

これはきれいに落とすためには絶対に守って頂きたい事です。

洗う時は水やぬるま湯で洗うべし!

生理の血だけでなく血が布に付いた時は、水か30℃以下のぬるま湯で洗いましょう。

普通に洗濯をするときは水よりもお湯の方が汚れ落ちがいいです。
ですので、今回のように落ちにくい汚れもお湯で洗った方が落ちそうですよね。

だけど、絶対にお湯で洗ってはいけません。

血液は主にタンパク質でできているので、お湯を使うと固まってしまい落ちなくなります。

卵を茹でると固まってゆで卵になりますよね。アレと同じです。

ですので、お湯は使わないようにしましょう。
必ず洗う時は水かぬるーい30℃以下のぬるま湯を使うようにしてくださいね。

生理の血を落とす洗剤は?

広範囲に血が付いて汚れてしまった場合は落とすのが大変。
この汚れが落ちやすい洗剤の種類も確認してみましょう。

まず、市販されている物に血が付いてしまった時専用の洗剤というものがあります。
こういうやつです↓

毎月確実に下着を汚してしまうのであれば、1個買っておくといいと思います。

ただ、そういった専用の洗剤でなくても汚れは落とせます。

それはアルカリ性の洗剤です。

実は汚れの種類によって落ちやすい洗剤は違います。

汚れには酸性、アルカリ性とあり、洗剤にも酸性、アルカリ性の物があります。
使う洗剤は汚れと反対の性質のものを使うと落ちやすいです。

つまり

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うようにするといいのです。

主な酸性の汚れは『油汚れ、手あか、皮脂、汗などの体から出た汚れ』です。

下着についた生理の血も酸性の汚れとなりますので、アルカリ性の洗剤を使います。

ちなみにアルカリ性の汚れは『シンクなどの水まわりの白い水あか(水道水のカルキや石鹸カス)、トイレの尿石など』です。

洗剤がアルカリ性か酸性かは容器の裏側にこんな感じ↓で書いてありますよ。
この写真は酵素系の漂白剤ですが…

クリックすると大きくなります

時間がたってしまった場合は一緒にたんぱく質を分解する力のある酵素系洗剤(これもアルカリ性)を一緒に使うと更に汚れ落ちが良くなります。

酵素系洗剤は黄色い容器のワイドハイターやブライトなどです。

スポンサーリンク

生理の血がシミにならない洗い方

生理の血が付いてしまった下着や服を洗ってもシミが残っていたらあまり気分が良くないですよね。
そこで一番シミ取りができるのはどんな洗い方か、実際に検証してみました。

先に結果を申し上げますと、
一番きれいに落ちたのは『固形の洗濯せっけん+酵素系漂白剤』の組み合わせです。

そこに行きつくまでに試したいくつかのやり方と結果をご紹介しますね。

生理の血のシミ取りがきれいにできる洗剤は何か検証してみた

実は筆者は過去10年程ほとんど下着を汚した事がないのですが、実際どれほど汚れが落ちるのか確認するため、わざと下着を汚して検証してみました。

方法は多い日の朝30分~1時間ほどナプキンを付けずに過ごして下着を汚し、それを1日着用して夜に洗濯するというやり方です。

この方法で不本意ながら…数日かけて検証してみました。

さすがにどれだけ汚れが落ちたかはお見せできるもんじゃないので文章で説明していきますが、使った洗剤はご紹介していきますね。

洗濯の手順は最初にご説明した通りでやりましたよ。

普通の洗濯洗剤のみ

まず我が家にある普通の洗濯用の洗剤だけで洗ってみました。

使ったのはトップクリアリキッドです。

この普通の洗剤だけの時は、血は落ちた事は落ちましたがわかりやすくシミが残りました。

普通の洗濯洗剤+酵素系漂白剤

次はトップクリアリキッドに酵素系漂白剤のブライトを加え、より強い洗浄力を期待します。

クリックすると大きくなります

すると…

前回の洗剤だけの時よりだいぶ落ちています!

でも、明るい所で見るとうっすらと「シミ?」と認識できる位の薄いシミがあります。

これが洗浄力の限界なのか?

ランジェリー専用の洗剤ではどうだろう…?と思い始めたわたくしの脳裏にふいに「ウタマロ…」という言葉が浮かびました。

そこでこの組み合わせで洗ってみる事に。

固形の洗濯せっけん+酵素系漂白剤

水で洗った後、固形の洗濯石けんを汚れた部分にこすり付け、ブライトをたらしてもみこんで放置。

クリックすると大きくなります

脳裏に浮かんだウタマロとは別の固形の洗濯せっけんを使いました。
使ったのはこちらの石鹸です。

そして固形せっけんと酵素系漂白剤を浸け置いてからもみ洗いしたところ…

跡形もなく生理の血の汚れが落ちました!

固形の洗濯石けんと酵素系漂白剤の組み合わせが試した中で一番きれいになる事がわかりました。

ただしこの組み合わせは非常に脱脂力が強いらしく、肌が弱い筆者が素手で洗ったところ手がガサガサになってしまいました。

ですのでゴム手袋をして洗う事をおすすめします。

今回使ったのはウタマロではなく、お店でウタマロの隣に置いてあったせっけんです。

なぜこちらにしたかと言うと、ウタマロ石けんには『蛍光増白剤』が入っているので生地が色落ちする可能性があったからです。

こちらのミヨシさんのせっけんにはそれが入っていませんのでこちらを選びました。

クリックすると大きくなります

成分表示です。蛍光増白剤以外は成分が同じ。

以上、実際に洗ってみて検証した結果でした。

まとめ

実際にやってみていくつかポイントがある事に気付きました。
それらは以下の通りです。

  • 水で洗ってから洗剤を付けて15分でも付け置いた方がいい
  • 生地が化繊だと比較的汚れが落ちやすい
  • 生地が厚い綿だとシミが残りやすい(ボクサーパンツとか…)
  • 酵素系漂白剤は必須アイテム
  • 一番落ちるのは洗濯用の固形せっけんと酵素系漂白剤の組み合わせ

以上です。

今回は自宅で洗濯できる物の洗い方です。

洗う前に洗える素材のものなのかをちゃんと確認して、洗えない物であればクリーニング屋さんに任せてくださいね。

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。