熱海の花火を見る場所でおすすめ 混雑や屋台の出店状況は?

熱海の会場花火大会は年に10回以上行われます。
2019年は16回開催される予定です。
この熱海の名物である花火もよく見られる場所から見たいですよね。
ただ、大きな花火大会ともなるとすごく混雑して屋台もたくさん出ているイメージがあります。
年に何回も行われて、花火の打ち上げ時間も30分間の熱海の場合はどうなのでしょうか?

他の花火大会とはちょっと違う熱海の花火の観覧の仕方について見ていきましょう。

スポンサーリンク

熱海で花火を見る場所でおすすめは?

熱海の花火は熱海湾で打ち上げられます。
花火を見るなら海沿いに出ると見やすいです。

熱海の花火大会で花火を見る定番の場所はサンビーチです。
こちらの砂浜の上にレジャーシートを敷いて、座って眺めます。

サンビーチもいいですが、親水公園もおすすめです。
こちらは有料観覧席も設けられる場所です。
地面も砂ではなくデッキですので、足元が楽です。
(ちなみに花火大会の時は親水公園内のムーンテラスは閉鎖されます)

場所による花火の見え方の違いは?

熱海の花火大会は2か所から打ち上げられますので、場所によって見え方が変わります。

サンビーチからは左右から上がる花火をパノラマで楽しめ、親水公園からだと前後に奥行のある花火を見る事ができます。

サンビーチか親水公園か、どちらで見るかはお好みになります。
ちなみに花火の打ち上げ場所にもっとも近い観覧場所はサンレモ公園(至って普通の公園)です。

熱海の花火を見る時の穴場

沿岸部以外に熱海城から見るのもおすすめです。
通常は17時までしか入る事が出来ないのですが、7月、8月の熱海会場花火大会がある日に限り、21時まで営業しています。
ただし熱海城への入場には大人1,000円、小中学生500円、4歳~6歳で350円かかります。
車で行く場合は駐車料金が一律500円です。

熱海城から見る花火は見上げるのではなく、遠目ですが高台から自分の目線の高さにあがる花火を楽しむ事ができます。

実際のところ熱海は海沿いから坂が続き、地形的に打ち上げ場所より高くなっていますので、どこからでも大体花火が見えます。
サンビーチや親水公園に行けなくても、海の近くならどこからでも見えますよ。


熱海の花火大会の混雑は?

花火大会というとものすごい混雑が想像されますね。
墨田川とか横浜の花火大会に行った事がある人は「もう二度と行かん」と思う程の混雑を経験した事でしょう。

そんな方も安心してください。
熱海はそれなりに混雑しますが、そこまで混むことはないです。

サンビーチ周辺は結構混雑していますが、人波に流されて動けないような混み方はしません。
場所取りが出来なくなる程混む事はないでしょう。

ただ、車で来た場合だけ周辺道路の渋滞や駐車場探しが大変です。

ちなみに混み始めるのはだいぶ早い時間からです。
16時過ぎには道路が混んでいます。
同じく人もたくさん集まってきます。

観覧スポットには早い時間から場所を取る為に人が集まります。
花火大会の時間は30分間と短いですが、できるだけ見やすいポジションで見たいのであれば、出来る限り早く観覧場所に到着していた方がいいですよ。
注意したい事は親水公園の一部区画で場所取りが禁止されているという事です。
レジャーシートを広げて置いておくと撤去されますよ!

花火大会の日は熱海駅からサンビーチまで歩いて行く人の数がとても多いです。
ですので、駅から道がよくわからなくても、人の流れに乗っていけばサンビーチまで辿り着けますよ。

スポンサーリンク

熱海の花火大会で屋台はどれくらい出る?

熱海海上花火大会は年に何回も行われています。
そして開催時間は夏は20時20分~20時50分、それ以外の季節は20時20分~20時45分です。
割と遅い時間に始まって30分程度でパッと終わる花火大会です。
時間が時間なだけあって皆さん夕食後に花火を見に来るパターンが多いです。

そのせいか屋台の数は通常の花火大会に比べると全然少ないです。
焼きそばやかき氷など一通りあるのですが、縁日のような雰囲気は期待しないでおきましょう。
これらの屋台が出ている場所は熱海サンビーチの近くの通りです。
大体16時位から出ているようです。

花火大会の観覧場所に早く着いて屋台巡りが出来なくても、レジャーシートを敷いて屋台やコンビニで買ってきた物を飲んだり食べたりしながらおしゃべりしていれば時間はすぐに過ぎます。
暖かい時期は海風も心地いいですから、そうやって過ごすのもいいかと思います。

まとめ

熱海の花火大会は年に何回か行われるため、来場者も分散されてそこまでの混雑はありません。
冬はともかく、砂浜に座って、時には寝転んで花火が見られるのも他にはなかなかないかと思います。
温泉もありますし、疲れを癒しつつ花火鑑賞を楽しめるといいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。