かたしな高原スキー場へのアクセス 子供とスキー、混雑する?

かたしな高原スキー場はスキー初心者の方やお子さんの雪山デビューに適したスキー場と言われています。
何といっても滑りやすくてかわいい!と評判です。

なので行ってみたい!と思っても群馬の山の慣れない雪道を行くのは心配ですよね。
普段雪の降らない所に住んでいれば尚更です。

また、子供を連れて行くのにいいと言われても実際はどのような感じなのでしょうか。

自分も慣れない環境なのに、そこにお子さんを連れて行くのはちょっと心配。
でも楽しく雪遊びをしたりスキーを一緒に練習したい。

こちらではかたしな高原スキー場のアクセス状況や子供向けの施設、混雑具合を確認してみましょう。

スポンサーリンク

かたしな高原スキー場までのアクセスはどんな感じ?

かたしな高原は比較的安心して運転していけます。
除雪が入りますので、昼間は融けている事が多いです。
スキー場の手前には路肩に雪が融けずに残っている事がありますが、大抵は道路上に雪はなく安心して運転していける事が多いです。

ただ、朝夕や当日の天気によってはスキー場直前の山道が凍結します。
落ち着いて安全運転を心がけて行けば大丈夫です。

最寄りの沼田ICから時間にして45分位かかります。
でも、椎坂(しいさか)トンネルが出来たので、だいぶ楽に行けるようになりました。

椎坂峠は、「ここからは雪山!」という雰囲気の峠です。
ここにトンネルが出来たことで、カーブの多い雪の山道を運転しなくてもいいので、道に慣れていない人も安心できます。

雪道のスペシャリスト在中!

安全運転で行くのはもちろんですが、もしスタックして動けないなど困ったことがあっても心強い人たちがいます。
スキー場の近くには雪道のスペシャリストが毎日出動待機しています。
何か困ったことになったらかたしな高原スキー場代表番号まで連絡すれば助けてくれますよ。

→0278-58-2161(代表)
※営業時間内のみ対応

かたしな高原で子供とスキー、雪遊び

かたしな高原スキー場はスキー専用です。
ボードはできません。
ですので、小さなお子さんがボーダーの暴走による危険にさらされる心配がありませんので、安全に楽しめます。

初心者コースは本当にお子さんと一緒に安心して滑れます。
リフトも速度がゆっくりで、座る位置も低めなので子供が乗りやすいです。
椅子が低い分大人は尻を挟むので注意。

スポンサーリンク

さらに雪遊び専用のミッフィーアドベンチャーパーク(有料)は、周辺がネットで囲われています。
ここで雪だるまを作ったりそり遊びをしたりできます。
空気でふくらませた『ふわふわ』の遊具もありますよ。

かわいい!ミッフィーオフィシャルスキー場

また、ここはミッフィーのスキー場で有名です。
日本で唯一のディック・ブルーナのミッフィーオフィシャルスキー場なんです!
あちこちにミッフィーが!
雪ミッフィーもいろんな所にいます。
子供たちのスキースクールのゼッケンもミッフィーなんですよ!
かわいいもの大好きな女の子は喜びます!

かたしな高原は混雑する?

基本的にはそんなに混まない

かたしな高原スキー場は基本的には混まないスキー場です。
それはスキー専用だからです。
ボーダーが来ない分混まないので安心してスキーの練習ができます。

レストランも3つが点在しているので、空いている席がないという事もそんなにないです。
ちなみにお食事メニューもお子さんが好きなものがそろっていますよ。

混雑する所

基本的には混まないといっても、混雑する事がありますので紹介しますね。

  • 混む日
    一月の成人式の3連休。
    この連休はどこのスキー場に行っても混んでいます。
  • レンタルコーナー
    ここは子供連れが多い事もあり、レンタルコーナーはとても混雑します。
    そこは覚悟していきましょう。
    レンタル料金(ウェア+スキーセット)
    土日:大人 6,000円 小人 4,300円
    平日:大人 4,500円 小人 3,300円
  • 子供向けのスキースクール
    ミッフィースキースクールがあります。
    子供向けスクールは人気があり、土日は早い時間にに受付終了になるようです。
    もしご希望なら予約しておいたほうが安心です。

お問い合わせ先
かたしな高原スキー場
TEL:0278-58-2161

まとめ

確認してみますと沼田ICから遠いですが、行けば子供と一緒に安心して楽しめるスキー場です。
スノボ禁止ですのでコース内で座り込んでいるボーダーがいませんし、突っ込まれる心配もありません。

なにより安全が一番ですね。
スタッフの方も子供の扱いに慣れている感じです。

大人の方は運転に気をつけて…
楽しい日にしてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。