電報の卒業式への送り方 いつ届ける?宛名や差出人はどのようにするか

以前担任を受け持っていたり、教育実習でお世話になったりした生徒が学校を卒業する際に電報を送る事があります。
また、学校と関わりのある会社からも送る場合があります。

電報はインターネットや電話一本で早ければ当日配達してくれますし、台紙も凝ったものがあって楽しいですね。

ですが、実際送るとなると料金や宛名、差出人名で悩む事があります。
さらにいつ届くように送ったらいいのかという問題にも直面します。

その辺りで悩んでしまう方はこちらで一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

電報の卒業式への送り方

卒業式に電報を送る…ただそれだけの事ですが、まずはどのように送るかを決める必要があります。
『電報』を送るのは結構割高になります。
特に金額を気にしないというのであれば通常の電報を使えばいいのですが、安く済ませたい場合は別の方法を考えなくてはいけません。

電報のメリット

  • 申し込みからお届けまでが早い。当日届けてもらえる。
  • もらうと結構嬉しい。

電報のデメリット

  • 台紙の種類によっては1万円を超える事がある。ただしすごくシンプルな無料の台紙もある。
  • 文字数により料金が変動する。
  • 長い文章にすると当然金額も大きくなる。
  • 差出人名とメッセージ合わせて30文字で750円を目安に考えると、長い文章は送りづらい。

ちなみにNTTの電報料金は

・メッセージ料(メッセージ+差出人名の文字数あたりの料金)
・台紙料金
・オプションサービス料金(オプションを付けた場合)
・消費税

以上を合わせた金額が請求されます。

既存の電報サービスで安く送るには

文字数による加算が気になるなら郵便局の電報『レタックス』をおすすめします。
一般的な電報サービスのようなメッセージ代やイラストの追加料金は不要です。

文章

文章は各社で例文を用意していますので、それをそのまま使ってもアレンジしてもいいでしょう。
もちろんご自分で考えた、当時の思い出を入れた文章だと読んだ生徒が盛り上がると思います。

大手の電報サービスのホームページをご紹介しますので、参考までにご覧ください。

NTT東日本
NTT西日本
KDDI電報サービス でんぽっぽ
ソフトバンク ほっと電報
郵便局『レタックス』

電報はインターネットでも申し込みできますし、115番に電話をかけて申し込みができます。

電話申し込みの注意点

電話で申し込みをする際には注意すべき点があります。
この115番にかけるとNTTの電報サービスにつながりそうですが、つながる先は自分の契約している通信会社の電報受付窓口です。
(例えばソフトバンク回線を使っていればほっと電報につながります)
ですので、インターネットで電報の台紙や例文を確認してから電話申し込みをする場合は、どこにつながるのかを確認しておかないとオペレーターの人と話がかみ合わないという事態が発生します。
(実は筆者がやらかして、「かけ直します」と言って出直した経験があります)

電報を卒業式に送る一番安い方法

電報は割高になります。
安く済ませたいけど、卒業生の門出を祝う気持ちをちゃんと伝えたい…
そんな時はご自分で購入した市販のメッセージカードや、パソコンで作成した『手作り』を郵送で送るのが一番安上がりになります。
電報ではなくお祝いの手紙を送る人もいますので、手作りする場合もお好みのテンプレートや写真を使ってワードで作ればいいです。
テンプレートはインターネットで無料の物がたくさんありますので、お好みの物を探して使いましょう。

スポンサーリンク
 

手作りを郵送する際の注意

生徒の集合写真などは使わない

思い入れがある生徒たちに祝電を手作りして贈る場合、その当時の写真をデザインに使いたいと思う事もありますよね。
でも、写真は使わない方がいいです。
なぜなら転出した子はともかく、転入してきた子が映っていないからです。
自分の知らない内に生徒のメンバーが変わっている事もしばしばありますのでご注意。

日にちに余裕がないと無理

電報は最速で当日には届きますが、郵送で当日配達は無理ですよね。
早くても翌日です。

電報を卒業式へ送るのはいつ?

当然ですが卒業式の日程は決まっています。
それをあらかじめ把握しておいて、遅くても卒業式前日の午前中までに届いているようにしましょう。

卒業式の祝電は式典中の祝電披露に加えて、皆さんに見て頂けるようにボードなどに貼って掲示します。
だいたい前日の午後に卒業式の準備や電報の掲示作業を行います。
電報は同じ学区・同じ幼稚園や保育園、出身校など、卒業生との関係性も考え配置して貼ります。
そういった作業をしていますので、前日午前中までに届いていると学校側は助かるのです。

ただ、あまり届くのが早い時期だと学校でずっと保管してもらわなくてはなりませんので、卒業式の2、3日前に届くようにするのがベストでしょう。

電報の卒業式へ送る際の宛名や差出人について

宛名や差出人名は卒業生や学校との関わりの違いによって変わりますよね。
各パターンで確認します。

元担任から

宛 名:○○学校 卒業生ご一同様
差出人:□年度◎年◎組 担任 (差出人のフルネーム)

教育実習でお世話になった生徒に送る

悲しいかな教育実習生の名前を覚えている生徒はあまりいないと思います。
ですので差出人名に『いつの教育実習生だったか』というのは明記した方がいいです。

教育実習生 個人で送る場合

宛 名:○○学校 卒業生ご一同様
差出人:□年度 教育実習生 (差出人のフルネーム)

教育実習生が何人かで一つの電報を送る場合

宛 名:○○学校 卒業生ご一同様 又は卒業生の皆様
差出人:□年度 教育実習生一同

大体上記のような生徒との関係で電報を送るケースが多いのですが、
中には学校と関わりのある会社から送ったり、電報を送る先が特定の部活だったりします。
これらも確認しておきます。

特定の部活などの団体へ電報を送る場合

宛 名:○○学校 ▲▲部卒業生の皆様
差出人:肩書+個人フルネーム、または団体名

団体名と個人名を入れたい場合

宛 名:○○学校 ▲▲部
部活の卒業生の個人名を入れるのなら本文の冒頭に並べて入れます。
そして「ご卒業おめでとうございます。」などのメッセージを最後に入れます。

取引のある学校へ会社から送る

この場合は「取引先」である学校に祝電を送りますので、『卒業式』という学校のお祝い事に対して送る事になります。

ですので宛名は卒業生一同でも校長先生でもありません。
宛名は『○○学校 御中』となります。

差出人名は社内でよく確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
電報はなかなか打つ機会がありませんからいろいろと悩みましたね。
特に電報を届けるのは当日でいいと思いがちですが、掲示の関係から遅くても前日午前中までに届くように送るように注意したいところです。
せっかくですから、生徒にも保護者にも門出を祝う気持ちが伝わるように期日を守って送りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。