年賀状の宛名は苗字が違う二世帯同居の家へはどうする?夫婦別姓の場合は?

年賀状を家族ぐるみで付き合いのある家に出す場合、宛名を家族全員の連名にして出す事が多いです。
二世帯、三世帯と同じ家に住んでいる場合、中には世帯で名字が違う事があり、宛名をどう書いたらいいか悩むことがありますね。
また、夫婦別姓にしているご夫婦もいます。
こういったご家庭に年賀状などを出す場合、どのように宛名を書けばいいかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

年賀状の宛名は苗字が違う二世帯同居の場合どうする?

家によっては同居していても世帯で名字が違う事があります。
こういったご家族一同に年賀状を送る場合、宛名に困りますよね。
例えるならサザエさんの家にどう年賀状を出すか、という事です。

サザエさんの家は親世帯の磯野家と子世帯のフグ田家が一緒に住んでいます。
名字は違えど7人全員で1つのファミリーです。
このサザエさん家の波平さんからタラちゃんまで家族ぐるみで付き合いがある場合、年賀状の宛名を『ご家族一同様』としたいところですが、何しろ苗字が違う。
こういった場合はどう送ったらいいのでしょうか。

同じ家に違う名字の二世帯が住んでいる家に年賀状を送る場合は?

基本的に同居して一家族となっている場合でも別姓の場合は各世帯ごとに1枚ずつ出すようにします。
磯野家一同様に1枚、フグ田家一同様に1枚という感じです。

宛名の書き方

世帯ごとに年賀状を出す場合は、その世帯の家族全員への連名となりますよね。
家族の人数が3人までなら宛名に全員の名前を書いてもいいのですが、4人以上になると全員書くと非常にバランスが悪くなります。

実際の書き方をご紹介します。

■パターン1

磯野家御一同様

■パターン2

磯野 波平 様
御家族御一同様

こちらは世帯主の名前をフルネームで右側に書き、その左側に「御家族御一同様」と書きます。

■パターン3

フグ田 マスオ 様
    サザエ 様
    タラオ 様

このように家族全員の名前を連名にして書きます。
こちらも世帯主であるマスオさんを筆頭に左から敬称付きで順番に書きます。

今回は書き方の例として構成メンバーが4人の磯野家を「御一同様」、3人のフグ田家を家族全員の連名としましたが、実際に年賀状を送る際は同じポストに届きますので書き方は統一した方がいいです。

二世帯の両方ともパターン3の連名で書けるのならそれで両方ともそちらで統一し、パターン2で統一するなら両方ともそれで宛名の書き方を統一しましょう。

年賀状の宛名を連名で二世帯一緒にするのは?

たとえ名字は違えどその家はおじいちゃん・おばあちゃん、お父さん・お母さん・子供で一家族となっています。
なので世帯で分けずに家族全員の連名にして送ってもいいような気もしますよね。

連名にしたい場合は、まずそちらのご家族から過去に頂いた年賀状などを見てみましょう。
そちらに書いてある差出人名がどうなっているかで判断します。

もし一家族として二世帯連名になっていればこちらからも宛名を連名にすればいいですし、別々になっていればこちらも世帯ごと別々に出せばいいです。

相手から年賀状などを過去に頂いた事がなく、判断ができない場合はとりあえず世帯ごとに分けて年賀状を出してみましょう。
これは様子見のためです。

その後相手から届いた物の差出人名を見て、次回からは宛名をその通りにして出します。
もしかしたら直接「次からは連名にしてくれればいいよー」とか言われるかもしれませんので、言われたら次回からはそうすればいいのです。


スポンサーリンク

年賀状の宛名は夫婦別姓にしている場合は?

結婚して籍を入れていても普段は夫婦で別姓を使っている方もいます。
別姓を使っているのは国際結婚している場合もそうですし、事実婚の方もそうです。

そのような場合でもご夫婦であれば1枚の年賀状に宛名を連名で書いて大丈夫です。
この時はそれぞれ普段使われている名前で書くようにしましょう。

実は結婚して戸籍上の姓が変わっても仕事などで旧姓を使い続けることは珍しい事ではありません。
そういった場合はその方の戸籍上の苗字を周りの人が知らない場合も多いので、普段使われている名前を宛名にすることは何も問題ではありません。
そもそも妻が夫の名字に変わっているとは限りませんし、逆の場合もありますのでこちらで勝手に判断はできません。

籍を入れていて夫婦別姓を名乗っている場合、そのご夫婦には確固たる考えや仕事上の都合があるのです。
その意志を尊重するのが礼儀です。
戸籍上の名前を知っているからといって、勝手に戸籍の名前にして出す方がむしろ失礼です。

こちらはその方が普段名乗っている名前で宛名を書けばいいだけです。

まとめ

年賀状の宛名はどう書いたらいいか一応決まりはありますが、必ずしもこうしなくてはいけないという厳格なものではありません。

とりあえず同じ家に住んでいても世帯で名字が違うサザエさん式のご家庭の場合は世帯ごとに分けて年賀状を出してみましょう。
次回以降は相手から届いた年賀状などの差出人名を参考にすればいいです。

夫婦別姓を名乗っているならこちらも普段のお名前を宛名にして連名で出せば問題なしです。
あまり深く考える必要はないですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。