七五三の時の母親の服装 着物やスーツの色や選び方は?

お子様の初めての七五三。よくここまで育ってくれたと感慨深くなりますね。

せっかくの晴れ姿、お子様に気合を入れて素敵な衣装を選んで、親御様としては忙しくも

楽しい行事でしょう。

そして写真を撮って七五三参りに…。

しかし、「気づけば七五三の時の母の服装はどうしたらいいのか!?」と思いませんか?

着物?それとも洋服でスーツやワンピース?

そしてどちらにしてもどんなものが好ましいのか悩みますね。

こちらで七五三の時のお母様の服装の基準をまとめましたので確認していきましょう

七五三の母親の服装はどうする?

七五三は内祝いとなりますので、一般的には略礼装となります。

もちろんカジュアルすぎる服装はNGです。

服装は着物でも洋服(スーツやワンピースなど)でも、どちらでも構いません。

ただ、お母様とお父様の服装の「格」は合わせます。(男性の略礼装はブラックスーツ)

そして七五三はお子様が主役の行事です。親御様はあくまでも付き添いです。

当然ですがお子様よりも目立つような装いは間違いとなります。

お子様が将来ご結婚される時に七五三の写真を見返して、その時堂々と他人に見せられる、

後悔しない装いをしましょう。

着物を着る場合

着物はフォーマル~カジュアルのシチュエーションにより、着られる種類が変わります。

七五三は内祝いの為、略礼装が好ましいですので以下の着物となります。

訪問着(第二礼装(略礼装)):肩から胸、袖を通り裾まできれいにつながる様に模様が

入っているのが特徴。

付下げ(第二礼装(略礼装)):柄がすべて上向きになっている。

色無地の紋付(第二礼装(略礼装)): 一色無地の着物訪問着。家紋がなければおしゃれ着                                                          (外出用)

江戸小紋の紋付:家紋が入ることで略礼装として使える。家紋が入らないと普段着。

着物を上品に来たお母様、素敵ですね!

ご家族で大切に保管してきた着物があって、ご自身の希望があればそちらをお借りしても

いいと思いますし、お子様と一緒に貸衣装屋さんで選ぶのも楽しいですね!

これらの着物を選ぶ際の注意としては、やはり主役はお子様ですのでお母様の着物は

スポンサーリンク

柄が少なめで、帯も少し控えめの物にした方がいいでしょう。

また、お祝いの行事ですので明るくやさしい色が良いかと思われます。

原色、ビビットカラーなどは止めましょう。

洋服(スーツ・ワンピース)などを着る場合

当然スーツやワンピース、セットアップもOKです。

色はベージュや紺、グレーなどが人気です。

着物と違い、印象が更に控えめになりますので、コサージュやネックレスなどで華やかさを

添えるといいでしょう。

着物と違い動きやすいので、お子様が疲れてしまってずっと抱っこしなくてはならなかったり、元気いっぱいのお子様の後について走り回る事が想定されるならスーツやワンピースの方がいいかもしれません。

また、妊娠中や授乳中の赤ちゃんがいるお母様は洋服の方が楽かと思います。

着物と同じくスーツやワンピースのレンタルをしている貸衣装屋さんがありますが、

この先の入園式、入学式、授業参観などを考えて流行りに左右されない上品なものであれば

買ってしまってもいいかもしれませんね。

着回しできてお得なものは「ジャケット+スカート+ワンピース(+パンツなど)」の3、4点セットのものです。

まとめ

  • 七五三の時の親の服装は略礼装
  • カジュアルな服装は×
  • 着物でもスーツやワンピースなどの洋服でもどちらでもOK
  • あくまでも子供が主役で親は脇役、親は子供より目立たない控えめな装いをする

以上です。

楽しく服装を選んで、素敵な家族写真を残してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。