新盆の親戚を訪問する時の服装は?香典の金額やお供えののしはどうする?

親戚で新盆を迎える家に訪問する時、どんな服装で行ったらいいのでしょうか?
法要に参加する訳ではなく、ご自宅にお線香をあげに行く場合でも「新盆」ですから普段着でいいのか悩みますね。

また、その時にお供えだけでなく御仏前としてお金を包んで持って行くべきなのでしょうか。
金額もいくら位が相場なのか確認しておきたいですね。

新盆の親戚の家に伺う時の服装と持ち物はどうしたらいいか、見ていきましょう。

スポンサーリンク
 

新盆の親戚の家に行く時の服装は?

お盆期間に新盆の親戚の家にお伺いしてお線香をあげる場合、普段の訪問と違って服装にも気を使いますよね。
やっぱり新盆ですからきちんとした格好で行くべきなのですが、喪服だとやりすぎのようにも感じます。

この場合、特に法要とその後の会食に参加する訳でないなら色もデザインも地味な普段の服装でOKです。
何より故人を弔う気持ち大切で、現在はブラックフォーマルで訪問する事まで求められません。
白い半袖のワイシャツに黒やグレーのズボン、ブラウスにダークカラーのスカート、もしくはワンピースで十分です。

ちなみに新盆法要に招かれた場合は喪服で数珠も持って参列しますよ。

新盆の親戚への香典など金額の相場は?

さすがに新盆の家に手ぶらで伺う訳にはいきませんよね。

もちろんこういった冠婚葬祭については地方やその家の風習があるので一括りにはできません。
しかし一般的に新盆の親戚の家に行く場合は『御仏前のお金』と『お供えの品』を持参されたほうが良いと思われます。
ご自宅の仏壇にお線香をあげるだけでなく墓参りもされるのでしたら、お墓で焚くためのお線香も持って行くのが良いですね。

金額の相場は?

御仏前と一緒に持って行くお供え物は大体2,000~3,000位の品物にするのが一般的です。
それと一緒に親戚の立場なら御仏前として5.000~1万円のお金をお供えします。
大体金額は葬儀の時の香典の額より少なくします。
不祝儀のお札はきれいな物を「一度半分に折り曲げて」から袋に入れます。

御仏前を入れる不祝儀袋について

お金を入れる不祝儀袋の水引は東日本、西日本で変わってきます。

  • 東日本:黒白結び切り
  • 西日本:黄白結び切り
  • 表書き:水引の上に「御仏前(御佛前)」「御香典」「御香料」、最近は「新盆御見舞」と書く事もあります。

西日本でも白黒の水引の不祝儀袋を使う所もあります。
どの不祝儀袋を使うかは地域によって違いますので、その地域に合わせるようにしましょう。


スポンサーリンク

新盆の親戚へのお供えの品とのしは?

何だかお供え物というと果物のイメージが強いですよね。
でも、フルーツ類は贈答品としてよく贈るものですが、夏の暑さで傷んでしまうので止めた方がいいです。
日持ちする物が頂く側としても助かります。

品物は夏場ですから箱入りの素麺、ジュースやコーヒー、お茶の詰め合わせなどがいいのではないでしょうか。
差し上げたお供え物も食べて消費するのはご家族の方ですので、可能なら家族の皆さんのお好みの物をさりげなくリサーチしてお持ちするといいと思います。

また、食べる物以外にお線香もお供えの品として贈る事が多いです。

「香典」は読んで字のごとくお香を持参する代わりに金銭を持って行く意味です。
なので不祝儀袋の表書きに「御香料」と書いたりします。

仏具屋さんに行くと線香の進物用セットがありますので、良い香りがするお線香を選んでお供えとしてお持ちしてもOKです。
香りの確認はできませんが、ネット通販でも贈答用のセットが販売されていますよ。

新盆のお供えの品にかけるのしについて

お供えの品にかけるのし紙は一般的に掛紙と言われます。
水引は不祝儀袋と一緒で

  • 東日本:黒白結び切り
  • 西日本:黄白結び切り
  • 表書き:水引の上に「御供」や「御霊前」と書き、下に贈る側の名前を書きます。

お店で買う時に新盆見舞い用と言えば水引が印刷された掛け紙をかけてくれますよ。

最後に

こちらでご紹介した事は一般的にはどうしているのかという事です。
こういった風習は本当に地域によってどのようにするか違いますので、
出来る事なら他の親戚の方やその地域の方に聞くのが一番間違いないです。

しかし、風習が違えど一番大切なのは個人を弔う気持ちです。
基本的には失礼のない服装と振舞いでお伺いすれば大丈夫ですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。