部屋干しの臭い対策 効果のある洗剤の選び方と予防する方法

洗濯物を部屋干しした時の臭い…
あの生乾き臭、どうにかしたいですよね。
一日ならまだしも、天気が悪い日が続くとこのニオイも続きますので気持ちが滅入ります。
天気はどうにもなりませんが、せめて洗濯物の臭いの原因を取り去ってスッキリしたいですね。

そんな訳で部屋干しの臭いに効果的な洗剤や洗濯の仕方についてまとめてみましたので、確認していきましょう。

スポンサーリンク

部屋干しの臭い対策は?

洗濯物を部屋干しした時に付き物なのは、ニオイ!

部屋干しした時のあの「ニオイ」は当たり前…と諦めモードになるより、
やっぱりイヤなニオイのしないタオルや衣類を使いたいですよね。

そもそも何で臭うのか?
まず嫌な臭いの正体を確認しましょう。

部屋干しの臭いの原因① 水分

洗濯物が長時間湿った状態のだと、その水分で雑菌が繁殖しやすくなります。
この雑菌が活動して発生させる物質が生乾きの臭いになります。
ざっくり言うと雑菌が嫌なニオイの元ですので、繁殖させないようにできるだけ早く乾かす事がニオイ予防になります。

部屋干しの臭いの原因② 皮脂

たとえ毎日洗濯していても皮脂は落としきれずに繊維に蓄積されていきます。
その皮脂を栄養にしてまたしても雑菌が繁殖して臭くなります。
皮脂自体も酸化してにおいの原因になりますが、それ以上に大量繁殖した雑菌が原因です!

この皮脂がついた洗濯物がいつまでも生乾きの状態…どうなるか想像できますね。

ですので、部屋干しの洗濯物の臭い対策には『できるだけ早く乾かす』事と『皮脂を落とす』事が必要となります。

部屋干しの臭いに効果がある洗剤

部屋干しの嫌な臭いを落とす洗剤は、原因である皮脂をしっかり落とせる洗剤でなくてはなりません。
どんな洗剤をつかうと効果が高いのかご紹介します。

粉末洗剤

洗剤は液体やジェルボールより、粉末洗剤の方が洗浄力が高いです。

汗や皮脂などの汚れは酸性です。
人間の体は「お肌と同じ弱酸性のビ〇レ」というのがあるように酸性で、そこから出る物質も酸性なのです。
酸性の物質はアルカリ性の洗剤で洗うと汚れ落ちがいいです。

そして液体洗剤はたとえ弱アルカリ性とあっても、多くの物が水に溶かすとほぼ中性になってしまいます。
粉末洗剤は弱アルカリ性の物が多く、洗浄力が液体よりも高くなります。
この粉末洗剤がタンパク質汚れや皮脂汚れに対応したものだと更に効果的です。

※ウールや絹は弱アルカリ性の洗剤で洗うと傷みますのでアルカリ性の洗剤は使わないようにしましょう。

酵素系漂白剤

ワイドハイターやブライトWなどの酵素系漂白剤は皮脂汚れを落とすのに効果を発揮します。
色落ちの心配がないので安心です。
日々の洗濯で洗剤と一緒に使って臭いを予防したり、ひどい時は付け置きして皮脂を落とします。
酵素系漂白剤も粉末の方がパワーがありますが、使いすぎると生地を傷めるので注意です。
普段使いには液体、ここぞという時は粉末、と酵素系漂白剤を使い分けるといいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ 本体 530g【ko74td】【ko74td】
価格:596円(税込、送料別) (2018/5/13時点)

 これが粉末タイプの酵素系漂白剤です

部屋干し用洗剤

各メーカーで出している部屋干し用洗剤も効果がありますよ。
メーカーの科学者たちが日夜研究に励み、満を持して市場に送り出したものですから試す甲斐はあります。

スポンサーリンク

部屋干しの臭いを予防する方法

ここまで部屋干しの臭いの原因と効果がある洗剤についてご案内してきました。
それでは、具体的にどうしたらいいかを順番にご紹介していきます。

洗濯物に蓄積した皮脂の落とし方

一度臭くなってしまった服やタオルはどれだけ洗い直しても、天日に何度干してもなかなか臭いが取れないですよね。
そうなってしまった物は付いている皮脂を落とさないと改善しません。

■やり方

皮脂を落とすには酸素系漂白剤洗剤を使います。
40℃位のお湯に酸素系漂白剤と洗剤をパッケージに書いてある分量だけ溶かして、1~2時間ほど浸け置きしてから洗濯します。
浸け置く事で雑菌の温床である皮脂が落ち、消臭できます。
2時間以上おくと生地が傷むので、時間に気を付けましょう。

浸け置きして皮脂を落としたら、これからご紹介する方法で洗濯していきます。

部屋干しの臭いを防ぐ洗濯物の洗い方

部屋干しする時はこれからご紹介するやり方で洗濯をすると、臭い予防になりますよ!

洗う時の水について

まず、出来る事なら冷水ではなく温水で洗いましょう。
20度以上で洗うようにすると、洗剤が溶けやすくなりますし、皮脂も落ちやすいです。

洗剤の入れ方

洗濯を始める時、洗剤はお湯に溶かしておきましょう!
水全体に洗剤が溶けこんで洗濯物全てに行き渡らないと洗剤を使う意味が無くなってしまいます。

洗剤を溶かすには、洗面器などに洗剤を40~50℃位のお湯で溶かしてから洗濯機に投入します。
毎回だとかなり面倒ですが、ただ洗剤を洗濯機に入れるだけよりも汚れを落とす効果はアップしますよ。

洗濯物の量

洗濯物は洗濯機に入れすぎないようにしましょう。
洗濯機に書かれている容量の7~8割の洗濯物の量で洗うといいですよ。
洗濯物の入れ過ぎは汚れ落ちがよくないですし、すすぎもよくできません。

乾かし方

雑菌は洗濯物が湿っている時間が長いとその水分でも繁殖するのでしたね。
せっかくきれいに洗濯したのですから、次は早く乾かしてしまえばニオイ対策もバッチリです。
部屋干しで早く乾かす方法は↓でご紹介していますので、こちらをご確認ください。

⇒洗濯物の部屋干しで早く乾かすには 乾かし方と干し方のコツ

まとめ

部屋干しした洗濯物の臭いを防ぐにはいつもの洗濯よりもちょっと手間がかかります。

部屋干し臭を防ぐには、洗濯物に雑菌を繁殖させないようにする事が重要です。
その為には『早く乾かす』事と『皮脂汚れを落とす』事をしなくてはなりません。
色々と面倒ですが、それをする事によって生乾き臭の服を着るストレスからは解消されます。

早く天気が良くなって、外にパーッと洗濯物が干せる日までがんばりましょう!

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。