洗濯物の部屋干しで早く乾かすには 乾かし方と干し方のコツ

梅雨時期など天気の悪い時期は洗濯物の部屋干しをする事が多いですね。
毎日出る洗濯物ですから、なかなか乾かないと干すスペースも無くなり困ります。
この洗濯物を部屋干しする時に早く乾かすにはどうしたらいいのでしょうか。

天気が悪い日が続くと厄介になってくる洗濯物、これを早く乾かす為の干し方のコツについて確認していきましょう。

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しで早く乾かすには

天気の悪い日が続いて洗濯物を部屋干ししていると、なかなか乾かなくて困ります。
特に洗濯物の量が多いご家庭は「乾かないから干しっぱなし」⇒「次の洗濯物がある」⇒「干す場所がなくなってくる」…となって大変です。

家の中に洗濯物がぶら下がっている状態は邪魔ですし、さっさと乾いてほしいですよね。
ですので、部屋干しした時に早く乾かすための方法を確認して実践してみましょう。

部屋干しの洗濯物を早く乾かす方法

いくつかの方法をご紹介します。
ご自分にあった方法で試してみてください。

衣類乾燥機を使ってから干す

まず洗濯物を干す前に、衣類乾燥機があるなら少しでも乾燥させてから干しましょう。
電気代が気になる・乾燥機がないのであれば、脱水を2回するのでもいいですよ。
出来るだけ干す前に洗濯物の水分を飛ばせるといいです。

扇風機で風を当てる

ただ部屋に干した状態だと、蒸発した水分が洗濯物の表面で動かずに留まったままになっています。
水蒸気が洗濯物の表面で満員の状態になっているのです。
そうすると出ていく場所がないので、まだ洗濯物の中にある水分が蒸発することができません。
そこで、この洗濯物の上にたまっている水蒸気を風で散らして出ていくスペースを作ってあげると、洗濯物の中の水分が空気中に出て行きやすくなり、洗濯物が乾きやすくなるのです。

除湿器と扇風機を使う

部屋を閉め切って除湿機を使い、扇風機で風を当てます。
洗濯物に風を当てて乾きやすくすると同時に、部屋の湿度を除湿器が取ってくれますので効果がアップします。

エアコンと扇風機を使う

エアコンを除湿で運転しながら扇風機で風を当てても早く乾きます。
冷房でもOKです。
ちなみに「ランドリー」という機能があるエアコンなら、こちらを使うのがおすすめです。
このランドリー機能は洗濯物をパワフルに乾かしてくれます。

ここでエアコンの除湿や冷房を使うとご紹介しましたが、筆者は肌寒い梅雨の日に暖房を使ったところ早く乾いたという経験があります。
これは温度が高くなるほど空気が水蒸気を含ませられる量『飽和水蒸気量』が多くなるため、同じ湿度でも温度が高い方が空気中に蒸発できる水分が多くなり、洗濯物が乾きやすくなるからです。
ただし暖房を使う場合は部屋の湿気が多くなりますので、併せて換気をする必要があります。

梅雨時期は寒い日もありますので、気温に応じて暖房・除湿と使い分けるのがいいと思います。

洗濯物の部屋干しする時の乾かし方のコツ

先程ご紹介したように、扇風機やエアコン、除湿器を使って風を当てたり部屋の湿気を取る事で洗濯物を早く乾かす事ができます。
この扇風機などを使う際にこれからご紹介する事を一緒に行うと効果がアップします。

部屋干しで扇風機だけを使う場合は換気する

扇風機だけを使って乾かす場合、洗濯物の水分で湿度が高くなった空気を逃がすため、少し窓を開けて近くの換気扇を回しましょう。

先程ちょっと触れましたが、空気には『飽和水蒸気量』という物があります。
空気中の水分が飽和水蒸気量の限界になると水は蒸発できないので洗濯物は乾きません。
ですので、扇風機で洗濯物を乾かす場合は換気も忘れないようにしましょう。
外が雨でも湿度は100%になる事はそうそうありません(大体80~90%くらい)。
ただし霧の出ている時は理論上限りなく湿度が100%に近いですので、もちろん窓を開けると湿気っぽくなりますから開けないようにしましょう。

除湿器を使う場合は部屋を閉め切る

除湿機を使う場合は部屋を閉め切りましょう。
扇風機だけの時は洗濯物から蒸発した水分を逃がすために換気するのですが、除湿機を使う場合は除湿機が湿気を取ってくれます。
ですので外から余計な湿気を部屋に入れないように閉め切りましょう。

風が洗濯物全体に当たるようにする

風を当てると乾きが早いですので、洗濯物全体に風が行き渡るように干しましょう。
エアコンと扇風機のダブル使いなら、風が2か所から出るのでやりやすいかもしれません。
また、洗濯物は部屋の中心付近に干すと風の通りがいいですよ。

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しの干し方のコツ

早く乾かすにはご紹介した通り、扇風機で風を当てたりエアコンを使いますが、ここでは干し方のコツについてご紹介します。

洗濯物同士の間のスペースを空ける

よく言われている事でもありますが、洗濯物同士の間をこぶし1つ分空けて干しましょう。
できるだけ風が通りやすくなるように、洗濯物が重なる所が少なくなるように干すといいですよ。

とにかく風の通りをよくする

ズボンやパーカーのフード、バスタオルなどは生地が厚くて乾きづらい!
こういった物も生地ができるだけ重ならないように干しましょう。

ズボンは洗濯ばさみがたくさんついた洗濯ハンガー(よくタオルとかをたくさん干すやつ)に広げて吊るすといいです。
まるで透明人間がズボンを履いているように広げると風が通って乾きやすくなります。

パーカーはフードが背中部分にかからないようにしましょう。
可能なら『逆さ吊り』にするといいですよ。

出来れば浴室や脱衣所に干す

家の中でお風呂場は一番乾燥しやすい場所です。
浴室に干せるのであれば、扇風機を持ってきて風を当て、換気扇を回して乾燥させます。
脱衣所に干す場合は脱衣所と浴室の間のドアを開けて換気扇を回しておきましょう。

除湿機があれば浴室や脱衣所に持ち込んで、出来る限り締め切った状態で洗濯物を乾かしましょう。
浴室がビショビショで乾いていないと除湿器の故障の原因になりますので、浴室に除湿器を持って行くならお風呂場の換気扇を一晩回しっぱなしにして乾かしておきましょう。

もちろんお風呂場で洗濯物を乾かす時は浴槽の水は抜いておかないとダメですよ。
浴槽の水から湿気が出て乾きづらくなってしまいますからね。

まとめ

天気の悪い時の洗濯物の部屋干しは早く乾かして行かないと邪魔ですし洗濯物がどんどんたまってしまいます。
パッパッと片付けていかないといけませんよね。

最後に部屋干しの洗濯物を早く乾かすポイントをざっくりとまとめると

  1. 干す前に脱水や乾燥機で出来るだけ水分を飛ばしておく
  2. 洗濯物の間を風が通るように間を空けて干す
  3. 風を当てながら干す
  4. 部屋に湿気を溜めこまないようにする

この4点が重要になります。
天気が良くて外に干せればそれに越したことはないのですが、雨が続く時は頑張って部屋干しで乗り切りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。