ダイエット中の飲み会の対策 お酒は太る?食べ物の選び方や昼夜の食事は?

ダイエット中に付き合いで飲み会に参加しなくてはならない…そんな時もありますよね。
何だかその飲み会で今までの苦労が水の泡になりそうで怖いです。

参加せざるをえないならダイエット中の飲み会は対策を考えて行かなくてはなりません。
ダイエット中の飲み会でもお酒や食べ物を賢く選べばそんなに大きな影響は出ません。

もちろん食べすぎは厳禁ですが、安心して楽しく過ごせるようにどんな物を選んで食べたらいいか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ダイエット中の飲み会対策

ダイエット中の飲み会…誘ってくれるのはありがたいですが「ダイエットの邪魔しないでくれ!」と思ったりもしますよね。
普段ダイエットを頑張っているから、その1日でリセットされたくないのです。

友達同士であればダイエットを理由に断る事もできますが、仕事の付き合いであればなかなかそうはいきません。
でも、飲み会でもポイントを押さえて参加すればそんなに大きな影響はでませんから安心しましょう。

ダイエット中の飲み会対策のポイント

このポイントを押さえましょう

・お酒は飲まない

・食べる物を選ぶ

・もちろん食べ過ぎない

・自制心を失わない

・シメのお茶漬けやラーメンは食べない(お腹がいっぱいと言って断る)

・二次会は不参加(行けば当然また食べますよね)

楽しくて自制心を無くした瞬間に高カロリーな物ばかり食べたり食べすぎたりします。
気付けばピザとフライドポテトを一皿ほとんど自分が食べていたぜっ!という事も。
気を付けましょう。
また、翌日はカリウムが多い食べ物を食べましょう。
飲み会の席の食べ物は塩分が多いですので、カリウムで余計なナトリウムと水分を体の外に排出します。
カリウムはほうれんそうや大豆、海藻類、バナナなどの果物に多く含まれています。

ダイエット中の飲み会の日の朝昼の食事は?

カロリー量調整の為に朝も昼も食事は抜いた方がいいのかな…と思いますよね。
しかし朝食も昼食を完全に抜くのではなく、主食の量を減らす程度にして食べることをおすすめします。
食べ過ぎることを前提にして1食や2食抜いても意味がありませんよ。

また、空腹状態が続くと体は飢餓状態になります。
飢餓状態になってから摂る食事は、普段と比べて体のカロリー吸収率が上がってしまいます。

さらに食事を抜くと空腹に耐えきれずにお菓子をつまんでしまう可能性もあります。
それは一番避けたいですよね。

朝はきちんと食べて、昼は主食の炭水化物を半分、もしくは抜いて腹持ちのいいたんぱく質を増やす。
もしお腹が空いてきたら、空ききる前にオイコスなどのギリシャヨーグルトやコンビニゆで卵、果物などで小腹を満たす。

ギリシャヨーグルトは水切りヨーグルトでもったりしていて普通のヨーグルトより食べた感があるのでおすすめです。
また、腹は空ききるとちょっとやそっと食べただけでは空腹感が満たせなくなりますので、そうなる前にどうぞ。

1回の飲み会のダイエットへの影響は?

ダイエットは普段食べている食事の影響が一番大きいです。
逆に飲み会でよほどの暴飲暴食をしなければ、たまの飲み会で太ることは難しいです。
ダイエット中の外食はいつものダイエットルールが崩れ、それで一気にリバウンド…と思ってしまうから怖いんですよね。
確かに飲み会の後は一時的に体重が増えますが、翌日から元のダイエット生活に戻して、適度な運動をしていればそんなに大きな影響はありません。
もし食べすぎた場合は数日かけて摂取カロリーを減らして運動量を増やす事です。

ダイエット中のお酒は太る!

ダイエット中であればお酒は飲まないのがベストです。

お酒については太るとか、逆に体内に蓄積されないカロリーだから太らないとか色々な事が言われています。
結局どっちなのかというと、お酒自体は脂肪として蓄積されにくいのは事実です。
しかし太ることを徹底的にサポートします。

アルコールを摂取すると肝機能の血糖値のコントロール機能が急激に低下して、ラーメンやお茶漬けのような炭水化物(糖)が食べたくなります。
この血糖値のコントロール機能が下がっていると、どんなに食べても足りない気になります。
そのため食が進むんですね。

そしてアルコールの『体内に蓄積されないカロリー』は他の栄養分より優先的にエネルギーに変わります。
その間に他の糖質は体内にどんどん脂肪として蓄積されていきます。

これが太ることを徹底的にサポートするメカニズムです。

どうしてもお酒が好きなので食べ物は我慢してでも飲みたい!という人もいるかもしれません。
ですが、お酒を飲むために食べ物は我慢…という事はしてはいけません。
他の物を食べずにアルコールを飲んでいると、カロリー以外は身体に必要な栄養素が摂れません。それで健康を害する事があります。

もし、どうしても乾杯の時に飲むのであれば糖質の少ないお酒を選びましょう。
もちろん飲むとしても1杯だけです。
できれば最初から飲まなければその後勧められる事もないでしょうから、最初から飲まないを貫いてほしいもんです。

糖質の少ないお酒

・焼酎

・泡盛

・ウィスキー

・ブランデー

・ウォッカ

・赤ワイン

・白ワインの辛口

当然ですが甘いカクテルは飲まないようにしましょう。

ダイエット中のお酒は、できる限り飲まない事を貫く!
どうしても乾杯などで飲まなければならないなら最初の1杯だけにする。
一口でもお酒を飲むと止まらなくなる人はもう最初から絶対に飲まない!
「ちょっと体調が悪い」とか「アルコールが体質に合わなくて具合が悪くなるから」といってお酒を飲まないようにするといいですよ。

スポンサーリンク

ダイエット中に飲み会の食べ物はコレを選ぶ!

飲み会の席では、皆さん好んで揚げ物やチーズ焼きなどを食べていますね。
当然ですが一緒にこういった物を食べる訳にはいきません。

ダイエット中の飲み会の食べ物で選ぶもの

ダイエッターが選ぶものは『高タンパク・低脂肪・塩分が少ないもの』です。
そしてビタミンやミネラルを多いものだと好ましいです。

例えば

・焼き鳥(塩)

・お刺身

・焼き魚

・ローストビーフ

・枝豆

・冷や奴

・サラダ(ポテトサラダやシーザーサラダはダメ)

ちなみにメニューにアボカドが入っていた場合は食べても平気です。
アボカドは脂質が多いのですが、不飽和脂肪酸の一つであるオレイン酸が多く、悪玉コレステロールを減らし抗酸化作用のあるビタミンEも多いのでむしろ食べたい食材です。

ダイエット中の飲み会で避けたい料理

ダメなのは『炭水化物や糖質・脂質が多く、塩分が高いもの』です。
これ自体が太りやすいですし、しかも食欲を増殖させます。
やめられない止まらない、になります。

まさにみんな大好きフライドポテトはその象徴です。
1本だけ…と思って食べるとなし崩しになる可能性が高いので耐えましょう。

見ると調理法がシンプルなものであるほどダイエット向きですね。
当然揚げ物は避けたいのですが、どうしても食べたいなら天ぷらではなく素揚げにしましょう。
天ぷらは衣が油を吸ってますし、低カロリーなシイタケやマイタケも揚げ物にするとキノコ自体が油をたくさん吸って高カロリーに化けます。

飲み会の時は色々な料理がテーブルに並びます。
料理も『高タンパク・低脂肪・塩分が少ないもの』を頼めば大丈夫です。
ですので飲み会の日は発想を変えて「普段は摂取できないたんぱく質が多い料理をたくさん食べられる日」と考え、焼き鳥(塩)や枝豆などを我慢せずに食べましょう。
もし自炊していればこんなにたんぱく質が多いメニューを一日分用意できないですしね。
エンゲル係数も高くなりますし…
チャンスですよ。

まとめ

ずっと頑張ってダイエットを毎日続けているのであれば、いっその事飲み会の日は『ダイエットお休みデー』にしてしまえばいいです。
気持ちが張りつめたままだとストレスが溜まりますしね。
モムチャンダイエットのチョン・ダヨン先生も日曜日はダイエットをお休みして好きな物を食べるそうです。
ただし、食べすぎ注意と太りにくいメニューを選ぶ事は大事ですよ。

飲み会の席で「あぁ~~~太る太る太る太るどうしよう…」と思いながら過ごすのはただストレスが溜まるだけです。
ストレスが溜まると代謝が落ちて消費カロリーが減りますし、自律神経を整えるホルモン「セロトニン」の分泌が減り、その結果反動で過食したりジャンクフードに手を出したりしやすくなります。

注意する点は色々とありますが、ポイントを押さえて飲み会を楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。