赤城南面千本桜の見頃は?お昼にお弁当を食べる場所や周辺の観光施設をご案内

赤城南面千本桜は、『さくら名所100選の地』にも選ばれている群馬県の桜の名所です。
ここは緑化推進事業の一環として昭和31年から地域の方々がソメイヨシノを約1,400本を植栽して誕生した桜並木です。

約1.3kmの道は桜が咲き誇り、満開時には見事な桜のトンネルとなります
この桜を見るために、群馬県内だけでなく日本中からたくさんの人が訪れます。

ただ関東の桜の名所とは言え平地とは違い桜の咲くタイミングが遅いので、見頃がいつなのか確認してから行かないと咲いていなくて悲しい目に遭います。

まずは見頃の目安と確認方法、お昼を食べる場所や周辺で他に観光できる所を確認してみましょう。

スポンサーリンク

赤城南面千本桜の見頃の確認方法は?

自宅周辺、平地で桜が満開になっていると桜の名所も同じように見頃を迎えているような気がしますね。

しかし!関東とはいえ赤城南面千本桜があるのは山の中腹です。
標高が高い分平地とは気温の差があります。
その為桜の開花は平地よりも遅めです。

赤城の千本桜の見頃の目安は、その年にもよりますが大体群馬の平地より1週間~10日後になります。
確実なのは前橋観光コンベンション協会HPの開花情報やライブカメラ映像を見て確認することです。

前橋観光コンベンション協会ホームページ 赤城南面千本桜まつり

また、ここの桜並木は山の斜面にあり、南北にのびる並木道には標高の差と温度差があります。
そのため、歩いていくと桜の咲き加減も変わってきます。
下の駐車場周辺が満開でも上に行くにつれつぼみが増えてくるので、日にちと場所をずらして満開の桜を楽しめます。

ちなみに芝桜も植えられていますが、芝桜が見頃になるのは大体桜の散り始めの頃です。

赤城南面千本桜でお昼にお弁当を食べる場所は?

お花見ですから桜を眺めながらお弁当が食べたいですよね。
お昼が食べられる場所は芝桜の広場など、芝生の上にレジャーシートを広げてお弁当を食べる場所がたくさんあります。

スポンサーリンク
 

天気が良ければそこでお昼と休憩ができます。
自然の中でのんびりできるのは気持ちがいいですね。

また、屋台もたくさん出ていますので、食べ物を買ってきて食べる事もできます。

赤城南面千本桜の周辺で観光できる所は?

赤城南面千本桜の桜並木の他、周辺でおすすめの施設をご紹介します。
帰り道に寄ってみてはいかがでしょうか。

ぐんまフラワーパーク

この時期のフラワーパークはチューリップフェスタが開催中です!
桜はピンク一色でしたが、ここには約50種類の色とりどりのチューリップが花壇を埋め尽くしています。
桜とチューリップで春を満喫する一日はいかがでしょう?

また、筆者個人的におすすめなのは温室の熱帯植物園とサボテンです。
熱帯雨林を探検しているような気分で楽しいですよ。

入場料 :700円(中学生までは無料)
営業時間:午前9:00~午後5:00(年中無休)
アクセス:群馬県前橋市柏倉町2471-7
ぐんまフラワーパークホームページ 

大胡ぐりーんふらわー牧場

道の駅です。
大きなオランダ型風車がシンボルになっています。
ここでも約500本のソメイヨシノが植えられていて、さくらまつりを開催しています。
芝生の広場もありますし、軽食のレストランもあります。
また、牛やひつじ、ポニーなどの動物たちもいて、お子さんが遊べる公園もあります。

営業時間:常時開放
アクセス:前橋市滝窪町1369-1
前橋観光コンベンション協会HP 大胡ぐりーんふらわー牧場紹介ページ

まとめ

あたたかくなってきた春、花を見ながらのんびりできるのは気持ちがいいものです。
ただ、桜の名所はどこもたどり着くまで大渋滞に巻き込まれますので、できるだけすいている午前の早い時間に行くことをおすすめします。
朝のすがすがしい(そして多少すいている)空気の中で見る桜はとてもきれいですよ。

早い時間に桜を見て、お昼を食べて、その後フラワーパークなどに行かれるといいと思います。

素敵な春の一日が過ごせるといいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。