お花見の弁当でおかずやおにぎりのおすすめ!上手な詰め方をご紹介

暖かくなって外に出るのが気持ちのいい季節になりました。
この時期になるとたくさんの花が咲き始めてきれいですね。
多くの人がお花見に行かれるかと思います。

お花見にはお弁当を持参される方も多いのではないでしょうか。
コンビニや仕出し屋のお弁当を持っていく場合もありますが、
手作りのお弁当を持って行く事が多いと思います。
この時、お花見に持っていくお弁当ってどういうものがいいのか…と考えたりしませんか。

こちらでお花見に持っていきたいお弁当を見て行きましょう。

スポンサーリンク

お花見の弁当のおかずでおすすめ

桜の下、または他の春の花を眺めながら食べるお弁当。
屋外でレジャーシートを広げて食べるパターンが多いですよね。
テーブルがない状態ですので、おかずは取りやすく口に入れやすい固形の物がおすすめです。
汁が多い物やあまり小さく細い物は避けた方がいいですね。
(例えばひじきの煮物とかですよ)

また、お弁当は完全に冷めていますので、味がしっかりと付いた物が美味しいです。

おかずは何がいい?

お弁当のおかずで入っているとみんな嬉しいものがあります。
それは『唐揚げ・卵焼き・ウィンナー』です。
この弁当のおかずトップ3はみんな大好きです!
外さないで入れましょう!

そしてお花見ですので彩りよく緑・赤・黄色が揃うといいですね。
黄色は卵焼きが役割を果たしてくれていますので、それ以外の色を。

はほうれん草とベーコン(あれば缶詰のコーンも)のソテー、いんげんのゴマ和え、菜の花のからし和えなど。

はプチトマトで。
ピンクですがアスパラガスやにんじん、えのき茸、はんぺんとチーズなどのベーコン巻き。

春の味覚

菜の花を入れる場合は、それが春の味覚となります。
それ以外にタケノコが入ると春らしくていいと思います。

・簡単タケノコのおかか和えレシピ

  1. 水煮タケノコを薄く切ってめんつゆと一緒にフライパンで火にかける。
  2. 水分が飛んだらかつお節をからめて完成。

お花見の弁当のおにぎりは?

お花見のお弁当といえばご飯物が似合います。
おにぎり、いなり寿司、太巻き等々ありますが、一番作りやすいのはおにぎりですね。
普通に梅干し、鮭、昆布の佃煮などもいいですが、ここはひとつお花見の雰囲気を盛り上げるごはんで作ってみましょう。

春を感じるおにぎり

桜ご飯おにぎり

これは桜の塩漬けをつかったピンク色のご飯です。
一部地域で茶飯と呼ばれる、しょうゆを入れて炊いたご飯の『さくらご飯』とは違うものです。
ちなみにしょうゆのさくらご飯はなぜか食欲が出る魅惑のご飯です。

・桜ご飯おにぎりの作り方

スポンサーリンク
  1. 桜の塩漬けを水洗いして塩を抜きます。
    かなりしょっぱいのでよく洗って塩抜きしてください。
  2. おにぎりの個数分の桜を残して桜を刻みます。
  3. 釜揚げしらすと白ごま、刻んだ桜をごはんに混ぜておにぎりを作ります。
  4. 残しておいた桜の塩漬けをおにぎりに飾ります。

この桜の塩漬けは桜茶用として売られていますので、スーパーのお茶売り場、または製菓コーナーにあります。
スーパー以外だとお茶屋さんに置いてあります。

たけのこご飯おにぎり

春らしくタケノコの炊き込みご飯でおにぎり。
炊いたタケノコご飯におかかを混ぜこんでもおいしい。
色どりに木の芽を飾れば視覚的にもきれいです。

ふき味噌のおにぎり

白いごはんで作ったおにぎりにふき味噌を塗るだけです。
ふきのとうで作られた味噌ですのでほろ苦いです。
お子さんにはハードルが高いかもしれません。

定番のおにぎりも変わり種があります。
それらの具材やおにぎりの作り方を紹介した味の素さんのサイトがありますのでご紹介します。

コチラ⇒AJINOMOTO Park

お花見の弁当の詰め方

行楽にもっていくお弁当は普段のお弁当と違って大きめの入れ物におかずやおにぎりを詰めて行きます。
これが一人分と違い量が多いのでおかずの配置に困ります。
うまくおかずを詰めるのにはどうしたらいいか、ポイントを確認しましょう。

しっかり隙間なく詰める

お弁当を詰める時の鉄則ですが、ここでも順守しましょう。
それにしっかり詰めた方が見栄えもいいですよ。
横に細長い入れ物なら左から右へとおかずごとに詰めればいいですね。
コツが要るのはそれ以外のお弁当箱です。

おかずの詰め方のコツ

  1. まず真ん中には器やアルミホイルの皿に盛った料理、もしくは唐揚げなどを配置します。
  2. 中心から四隅の対角線に沿って、対称におかずを配置します。
    例えば中心の唐揚げを囲むように
    左下:卵焼き 左上:ベーコン巻き 右上:ウィンナー 右下:タケノコ
    臨機応変にプチトマトや緑のおかずを配置。

仕切りにかわいいバランを使ったり、ピックを使うとおしゃれに見えますよ。
レタスやサラダ菜を仕切りに使えば華やかになりますが、冷水で洗ってペーパータオルでしっかり水気をふきとって使いましょう。

まとめ

きれいな花を眺めながら食べるお弁当はいつもと違った味わいになりますよね。
おかずに旬の食べ物を入れると、花と食べ物で季節を感じられていいものです。

最後におかずについてまとめておきます。

  • 屋外でレジャーシートの上で食べるので、取りやすく食べやすい固形の物にする
  • 味はしっかりつける
  • お花見なので彩りよく『緑・赤・黄色』のおかずが揃うといい
  • できれば春の味覚を入れるとお花見感アップ!

以上です。
お花見中肌寒くなることもありますので風邪にも注意が必要です。
楽しいお花見を!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。