引っ越し祝いは友達が賃貸に一人暮らしの場合は?いつ渡すといい?

引っ越しをする人には引っ越し祝いを渡さなくてはいけない気がしますね。
親戚が新しく家を建てた時などに新築祝いを家族が渡したり、逆にもらったりしますね。

ところで、友達が引っ越しした時にお祝いはどうしますか?
一般的に家を建てたとか購入したというなら何かお祝いを贈りますね。
でも、引っ越し先が賃貸住宅だった場合、しかも一人暮らしの場合はどうでしょう?
仲のいい友達なら何かしたい気持ちになるかもしれません。

賃貸住宅に引っ越した人には引っ越し祝いが必要なのかどうか、モヤモヤしている部分を確認していきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し祝いは友達が賃貸に越す場合は必要か?

一般的に引っ越し祝いは新築した家に引っ越した場合や家を購入してそこに引っ越した場合に贈ります。

『新築祝い』=『引っ越し祝い』
中古住宅の場合でも『引っ越し祝い』もしくは『お祝い』です。

いずれにしろ持ち家ができた場合に贈るものです。
賃貸住宅に引っ越した場合は引っ越し祝いは贈る必要はありません。

『お祝い』ですと「おめでとう」という意味になりますよね。
相手からしてみると賃貸住宅ですから、お祝い金を渡されて「おめでとう」となるのは何だか微妙です。

当然現金をのし袋に包んで…というのはしなくてで大丈夫ですよ。
もし何かプレゼントしたいなら「相手がお返しやもらう事に気を使わない程度」のお値段の物を贈るといいですよ。
そうなると大体3,000円でしょうか。
(ちなみに引っ越し祝いをもらったら、もらった額の3分の1から半額程度をお返しするのが一般的なマナーですよ)

引っ越し祝いは友達が一人暮らしの場合何がいい?

引っ越しをする友達が賃貸住宅で一人暮らしをする場合、当然『引っ越し祝い』で特に現金を贈る必要はありません。
気を使わせますし。

でも何か新生活を応援する気持ちを込めてプレゼントを贈りたいと思いますよね。
どのような物がいいのか見てみましょう。

おすすめのプレゼント

こだわりのレトルト食品など

レトルトと言ってもその辺で売っているカレーのとかではないですよ!
こだわり総菜やカレー、スープなどのレトルトです。
こういったものは一人暮らしの人はあると助かります。

デパートのカタログギフトに多いものでもありますが、カタログギフトを贈ってしまうと「注文」⇒「受け取り」という手間があります。
カタログではなく品物を直接贈るようにすると、引っ越し後の相手の方の手間が省けます。
ですので品物を直接贈るようにした方がいいでしょう。

タオルセット

絶対に日常生活で使います。
もらっても困らない、そして特別に趣味を問うものではありません。
余程その人がタオルの素材とかブランドにこだわりがない限りは喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

お菓子

日持ちのするお菓子で、引っ越しをしたお友達の好みに合う物を選びましょう。
もし、引っ越しの手伝いや引っ越し後に遊びに行くのであれば、一緒に食べられるようなものでいいですよ。
その場合はケーキやドーナツなどでもいいでしょう。
お土産として持っていけばいいですよ。
一番お互い気を使わないプレゼントです。

もらって困るもの

いくらおしゃれなプレゼントでも、もらって困るものがあります。
こういったものも確認していきましょう。

入浴剤

引っ越しの疲れを癒してね、と贈ってしまいそうな入浴剤ですが、これは避けた方がベター。
なぜなら一人暮らしでのお風呂はシャワーがメインになる事が多い。
そうなると入浴剤は使いませんので宝の持ち腐れになります。

また、お風呂の機能によっては入浴剤が使えないものがありますので、避けておいた方がいいかも。

鉢植えの植物

是非お部屋のインテリアに…とオサレな観葉植物や鉢植えの花を贈るのはやめましょう。
鉢植えは場所もとりますし、ずっと世話していかなくてはならないのです。
広い部屋に引っ越したのならまだいいのですが、賃貸の狭い部屋だと段々と邪魔に思えてきます。
その上すくすく成長して大きくなったりしますから…
プレゼントに鉢植えの植物はやめてください。
(筆者が経験しました。その後鉢植えは広い家に住んでいる植物好きな人にあげましたよ…)

もし、お花をプレゼントしたいなら切り花、さらに言えば小さなアレンジメントでそのまま飾って置いておけるタイプがいいですね。

引っ越し祝いはいつ渡すといい?

これらのプレゼントも渡すタイミングが悪いと迷惑になってしまいます。
引っ越しは荷造り、荷解き、役所や各種機関に住所変更の手続きをしなくてはなりませんので忙しいです。

余程の遠方で会えなくなるのでなければ引っ越し前はやめましょう。
荷物が増えてしまいます。

できれば引っ越し後の落ち着いた頃、新居に遊びに行く時に渡しましょう。
今回はきちんとした引っ越し祝いではありませんし、友達で親しい仲なら贈る期間をあまり気にしなくて平気です。

新居に手土産としてプレゼントの品物を持っていけば、受け取る側も気を使いません。

まとめ

引っ越しをして賃貸住宅に住む場合は引っ越し祝いを贈る必要はありません。
もし何か、餞別(せんべつ)として贈るならプレゼントを。
また、プレゼントをした事で余計な気を使わせないよう、さりげない物がいいですよ。
品物でなく、引っ越しの手伝いでもいいです。

新しい生活を応援したいという気持ちで何か贈ると、もらった側はきっと喜んでくれますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。