ホワイトデーのお返しで義理の場合の渡し方、おすすめの物や金額について

バレンタインデーに義理チョコをもらった方も多いのではないでしょうか。
たとえ義理でも、物を頂いたのであればもらいっぱなしではなくお返しをしなくてはいけませんね。

ただ、いざどんな物がいいか考えた時に結構悩みます。
どんな品物がいいのか、金額はいくら位なのか…
頂いたチョコやシチュエーションも様々です。

この悩めるお返しについて、どうすべきかご提案していきます。
早速見て行きましょう。

スポンサーリンク
 

ホワイトデーのお返しで義理でくれた人への渡し方

義理チョコをもらうシチュエーションは色々なパターンがあります。
義理チョコを配っている個人から1個もらったり、女性たちが集金して男性一人ひとりに配ったり、集金したお金で購入された箱詰めのお菓子が「皆さんお好きに食べてください」と置いてあったり様々です。

このチョコをもらった時の状況によって、どうお返ししたらいいのか悩む事が多いのではないでしょうか。
まずはどのようにお返しをしていけばいいか見て行きましょう。

箱詰めのお菓子がみんなでつまめるように置いてあった場合

バレンタインに箱詰めのお菓子を「お好きに取って食べてください」と複数連名から頂いたのであれば同じような形でお返しをすればいいと思います。
ただし箱詰めを買って来て「皆さんで食べて下さい」とメモ書きと共に置いておくだけ、という事のはやめましょう。
できるだけそのお菓子の箱を相手の誰かに手渡しして「お返しです、皆さんで食べてね。」と伝えた方がいいですよ。
できればバレンタインのチョコに出資してくれた皆さんがいる時がいいです。

バレンタインに一個ずつもらっている場合

チョコをバラバラに複数の人からもらったりしますよね。
頂いたチョコも内容に差があります。
そんな時にお返しもそれぞれ違う物を用意するべきか悩みます。

そんな場合はお返しの内容を分けず、全員に一律の物を渡しましょう。
義理でのお返しだからという事は伝わりますし、お返しに差がある事が発覚すると相手の方もちょっと気にするかもしれません。
そもそもバレンタインに義理チョコを配っている人はみんなに同じチョコを配っています。
違うのは本命チョコだけです。

義理だけど手作りのお菓子だった場合

中には手作りのお菓子を配る人もいます。
その人に対しても、他の人に渡すのと同じお返しでいいです。
手作りだとスペシャルな感じがしますが、お菓子作りに馴れた人なら市販のチョコやお菓子を買うよりずっと格安に、そして大量に義理チョコを用意できるのです。
そして何より手作りであっても義理は義理なので気にしなくてもいいです。

手作りの物をもらったからと言って高価なものをお返ししたり、ましてや手作り菓子をプレゼントしようなんて考えなくてもいい。
ちょっとおしゃれにラッピングされた市販のお菓子で十分です。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しで義理へのおすすめの物は?

女性がどんな物をもらうと嬉しいものなのか、悩みます。
こういったお返しにおすすめの物は、お菓子などの残らない物やかわいいタオルハンカチなどがいいでしょう。

何となくクッキーとか…だけどベタかな、と思うかもしれませんが、クッキーはおすすめです。
クッキーは日持ちもしますのでおすすめなのです。
他にお菓子はマフィン、フィナンシェなどの焼き菓子が持ち運びが楽で見栄えもしますのでいいですよ。
食べ応えもありますしね。

タオルハンカチは使いますし、もらって負担になりません。

逆にハンドクリームなどは香りや質感の好みの問題や、本人の肌質で合わない事もあるので止めた方がいいです。
また、巷でおしゃれ菓子ともてはやされるマカロンは好き嫌いが分かれますので選択肢から外しましょう。

ホワイトデーのお返しで義理の場合の金額は?

一部ではお返しの金額は倍返しなどと言われる事もあるそうですが、それはバブルの頃の話でしょうか?
バブルが崩壊してからもう25年近く経っていますよ。
ですのでそのような事はしなくていいです。
そして義理チョコのお返しですから。
ごく一部を除いて一般的に女性もそんなこと望んでいません。

ただ義理チョコもたくさんもらってしまった場合はお返しの金額も大きくなってしまいます。
具体的にどれくらいの金額でお返しをしていくといいか見ていきます。

ホワイトデーの義理チョコのお返しの相場

お返しする数が1個、2個の場合

義理チョコをもらった数が1個や2個と少なかった場合は、頂いた物と同等程度の金額のものにしましょう。
二人からもらっている場合、これもお返しの商品を区別せず同じ物でいいでしょう。
金額に大きな差がありそうなら、二つの中間位の金額の物でいいでしょう。
贈り物に差をつけると後で誤解を生みます。

お返しをたくさんしなくてはいけない場合

たくさんのお返しを用意しなくてはいけない場合、頂いたものと同額程度にすると結構な金額になってしまいます。
そして誰がいくらくらいの物をくれた…などと覚えている事も大変です。

ですので、配る個数や頂いた物により一個500円~1,000円程度でご自身で予算を決めればOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
義理チョコのお返し計画は立てられそうでしょうか。

義理チョコを配っていた女性で、特に仕事がらみの人は、お返しを得に期待していない事も多いです。
あくまで「いつもお世話になっています」という気持ちだけで配っているだけです。
なのでお返しがあると「気が利く人だな~!」と感心しますし、そのお返しをしようという心遣いが嬉しいものです。
ここはひとつ、面倒かもしれませんがささやかにお返しをしていきましょう。
そう思われる事であなたの株も上がりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。