花粉症で頭痛の症状はあるのか?薬の併用や対策について

ニュースでも毎年スギ花粉飛散の情報を流してくれますが、花粉症の人には悲報でしかありませんよね。
鼻や目の症状がつらいですが、場合によっては頭痛になる事があります。

そもそも花粉によるアレルギーは鼻と目に来るのが一般的ですが、花粉症で頭痛になる事はあるのでしょうか。
そして花粉症の薬を飲んでいる場合、市販の頭痛薬を飲んで対処しても大丈夫なのでしょうか。

こちらではそういった花粉症と頭痛の関係を確認していきます。

花粉症のその他諸症状の対策はこちら

花粉症での肌荒れのかゆみや乾燥への対策、化粧水などの選び方
花粉症の対策で鼻や喉がつらい時のおすすめのマスクや手軽にできる方法
花粉症の薬はいつから飲む?予防は市販でもできる?副作用は?
花粉症対策で目のかゆみには?メガネの効果やコンタクトをしている場合

スポンサーリンク

花粉症で頭痛の症状はある?

冒頭でも挙げましたが花粉症の主な症状は鼻と目に出ます。
そして頭痛や肌荒れなどの症状もでます。
この頭痛を起こす理由の一部を紹介します。

花粉症で頭痛になる原因

副鼻腔の気圧の影響

鼻の粘膜が炎症を起こした状態だと副鼻腔(額から目の下にある空洞)の気圧が変化することがあり、その影響で頭痛が起こる事があります。

鼻づまりによる酸欠状態

両方の鼻がつまってうまく呼吸ができないと酸欠状態になってしまう事があります。
血の巡りが悪くなり、頭が重くぼーっとした感じになります。

副鼻腔炎

花粉症から鼻炎になって鼻がつまった状態でいると、副鼻腔炎になる事があります。
その場合、発熱したり頭痛になったり、副鼻腔のある鼻の奥や目の周辺、頬が痛いといった症状が出てくる可能性があります。

筋肉の緊張

くしゃみや鼻づまりによる肩や首の筋肉の緊張から頭痛になる事もあります。

スポンサーリンク

花粉症と頭痛の薬の併用はしていい?

頭痛がつらい時、市販されている頭痛薬を飲んで痛みを和らげたいですよね。
でも、花粉症の薬も飲んでいる場合は自己判断で頭痛薬を飲むのはやめましょう。

薬にも飲み合わせがありますので、もし頭痛薬を飲みたいのであれば薬を処方してくれた病院や薬剤師さんに確認してからにしましょう。
市販の花粉症の薬の場合もそうです。
薬剤師さんに確認して、頭痛薬との併用ができるかどうかの確認はしましょう。

その際、花粉症以外の薬も飲んでいるようなら全ての薬を持って相談にいきましょう。
自己判断は絶対にダメです!

花粉症の頭痛の対策

一時的であれば、薬剤師さんの指示で頭痛薬を飲めば頭痛は和らぎます。
それ以外の花粉症による頭痛を和らげる方法をご紹介します。

鼻づまり対策をする

鼻づまりが原因であればそちらを解消すれば頭痛も和らいできます。
鼻うがい、鼻の通りを良くするアロマなどを使って鼻の通りを良くするなどの対策を取ってみましょう。
詳しくはこちらをご覧ください
花粉症の対策で鼻や喉がつらい時のおすすめのマスクや手軽にできる方法

筋肉の緊張を取る

頭痛に加え首や肩が凝っているようであれば筋肉の緊張を和らげるようにしましょう。
マッサージしたり、温かいおしぼりで首の後ろや肩を温めて筋肉を和らげてみましょう。

鼻づまりがひどい、頭痛が緩和されない

ひどい場合は一度病院に行かれた方がいいです。
鼻づまりがひどければ耳鼻科へ。
もし副鼻腔炎になっているなら治療が必要です。
場合によっては花粉とは関係ない事で頭痛が起こっている可能性もあります。

また、既に花粉症で病院から処方箋を出してもらって飲んでいる場合も、その薬の副作用で頭痛が起こっている可能性もあります。
その場合は薬を変えてもらって改善する事もあります。

まとめ

つらい頭痛も花粉症が原因で起こることがあります。
花粉症で起こる頭痛の原因は主に鼻の症状からくるものですので、まずはこちらをどうにかしたいところですね。

また、花粉症の時に風邪も引きますし、他の病気になっている事もあります。
素人がそういった事を見極める事はできませんので、不安であれば病院に行かれた方がいいです。
つらい時期ですが、頑張って乗り切りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。