花粉症での肌荒れのかゆみや乾燥への対策、化粧水などの選び方

花粉症シーズンには目や鼻に症状が出る事がほとんどですが、肌荒れやかゆみが出る方はいらっしゃいませんか?
目と鼻、そしてのどの症状と併せて肌がかゆくなる事もありますし、中には肌がこの時期だけ荒れてしまう事もあります。

特に女性の方はメイクもしますし肌荒れは気になるところですね。

こちらではこの花粉シーズンに発生する肌荒れへの対策を見ていきます。

花粉症のその他諸症状対策についてはこちら

花粉症で頭痛の症状はあるのか?薬の併用や対策について
粉症の対策で鼻や喉がつらい時のおすすめのマスクや手軽にできる方法
花粉症の薬はいつから飲む?予防は市販でもできる?副作用は?
花粉症対策で目のかゆみには?メガネの効果やコンタクトをしている場合

スポンサーリンク

花粉症で肌荒れやかゆみ、乾燥は起こるの?

結論から言いますと花粉が原因で肌荒れは起こります。
花粉症の症状に『花粉症皮膚炎』という物があります。
女性に多い症状ですが、男性も発症します。
特に元々乾燥肌だと肌のバリア機能が低いので、肌荒れを起こしやすいのです。

原因1

スギ花粉の飛ぶ時期は季節の変わり目という事もあって、天候が不安定で気温差も大きくなります。
また、段々と紫外線も増えて行きます。
こういった環境の影響を受けて肌が乾燥しやすくなります。
そのように肌が乾燥してバリア機能が低下した肌に花粉などのアレルギーの原因となるものが付くと、その刺激で肌が荒れてきます。

そのため顔全体がかゆくなったり、ピリピリという症状が現れてきます。
また、乾燥すると肌を守ろうと皮脂が多く分泌され、ニキビができる事もあります。

原因2

もう一つの原因は手やティッシュなどによる摩擦です。
花粉症で鼻や目に症状が出ていると、ひんぱんに鼻をかんだり目をこすったりしてしまいますよね。
マスクをしていれば接触している部分がこすれたりします。
こういった肌への摩擦が肌に負担をかけ、肌荒れの原因になります。

花粉症での肌荒れの対策

肌荒れがひどい状態であれば早めに皮膚科に行きましょう。
そこまででもない…という状態であれば、まずは自分でできる対策をしてみましょう。

まずは上記で紹介した肌荒れを起こす原因を取り除く必要があります。
こちらで対策をご紹介します。

自分でできる花粉症の肌荒れ対策

●目や肌をこすらない。
かゆい時は冷たいおしぼりなどで冷やしましょう。

●マスクは立体型が肌にあまり接触しないのでオススメです。

●髪が顔にかかると、その刺激で肌荒れを起こす事があります。
できるだけ髪をまとめて顔にかからないようにしましょう。
髪をまとめておくと髪の毛への花粉の付着量も減らせます。

●帰宅後はできるだけ早く洗顔して顔に付いた花粉を落とす。
メイク落としシートだけだと、シートの刺激のある成分が肌に残るので止めた方がいい。
ゆるま湯で洗い流しましょう。

●できれば早めにお風呂に入り、体に付いた花粉も落とす。

●保湿をしっかりする。

●今使っている化粧水などがしみたり異常が出るようなら使用をストップ!

●女性なら軽くメイクをすると花粉が直接肌につかない。
そして乾燥を防ぐので、クレンジング不要タイプのベースメイクはした方がいい。
すっぴんは一番乾燥します。

●ビタミンを多く摂る
肌や粘膜の免疫や健康を保ちます。

スポンサーリンク

●腸内環境を整える
実は腸には免疫細胞が70%集まっています。
腸を元気にすると免疫機能が整います。
ヨーグルトや納豆、みそやぬか漬けなどの発酵食品を食べて免疫力を高めましょう。

●睡眠を十分に取る
睡眠不足になると自律神経が乱れます。
自律神経の乱れは免疫機能や新陳代謝の低下を招きます。
それによって肌トラブルも起こりやすくなりますので、十分に睡眠を取りましょう。

花粉症の肌荒れにはどんな化粧水やクリームがいいか

肌が荒れて敏感になっていますので、今まで使っていた化粧水などが合わなくなる事もあります。
この時期のスキンケアには敏感肌用の物、もしくは赤ちゃんが使っても大丈夫な物を使いましょう。

目や鼻の周りが乾燥する場合

花粉症で肌荒れを起こしている時、目や鼻の周りが特にヒリヒリしますよね。
もし、乾燥などの症状が軽いようなら、そこにワセリンを塗って対応します。
ワセリンは肌に浸透しません。
何か肌に作用するものではないので安心して使えます。
薬局で安く手に入る『白色ワセリン』や『プロペト』と呼ばれている物が市販されている純度が高いものです。
色が黄色っぽい『ヴァセリン』でもいいですよ。

顔全体が乾燥してかゆい

ひどい場合はできるだけ早めに皮膚科へいきましょう!
でも、皮膚科に行けない場合の保湿は洗顔後すぐにワセリンのみを塗る、または無添加の化粧水(アベンヌウォーターなど)で保湿してからワセリンを塗って乾燥を防ぎましょう。
べたつくようならそっとティッシュを当てて余計なワセリンを取りましょう。

もちろん体も乾燥するなら保湿が必要ですよ。

メイク

スッピンは一番乾燥します。
だけどこの時期はあまりメイクしなくないですよね…
ですが乾燥と直接の花粉付着を防ぐためにスッピンは避けたいのです。
そして一番肌の負担となるのがクレンジングですので、CCクリームやミネラルパウダーなど、できるだけクレンジングを使わずに落とせるベースメイクを選んだ方がいいですね。
お湯で落とせるマスカラもありますから、そういった物を使うようにしましょう。

もちろん肌荒れがひどい場合はメイクはダメです!

クレンジング剤や洗顔料

お肌の状態が悪い時は、クレンジングや洗顔で肌の油分を過剰に奪わないように気をつけましょう。
大体朝・晩に洗顔しますが、朝は32℃〜35℃のぬるま湯だけで洗顔するといいでしょう。

また、洗顔料は敏感肌用の刺激が少ない物にしましょう。
クレンジング剤はクリームやミルクタイプの優しいものがいいですよ。
オイルクレンジングは強い洗浄力がありますので、この時期はやめておきましょう。
もちろんお湯はぬるま湯(32〜35℃)です。
熱めのお湯だと肌が乾燥してしまいます。

洗顔する時も摩擦の刺激がないようにしましょう。
ゴシゴシするのはやめて、肌に指が直接触れない位軽く、肌の上でクレンジングミルクや泡を転がすイメージで洗いましょう。

肌荒れがひどい場合

とにかくひどい肌荒れはメイクや洗顔料も使う事は控え、すぐに皮膚科へGO!です。
洗顔も32℃〜35℃のぬる~いお湯でしましょう。

まとめ

冬から春への季節の変わり目にスギ花粉が襲来してくるので、人は色々なダメージを受けます。
目も鼻も、挙句の果てに肌まで被害を受けるのは本当につらい事です。

今回、花粉症で肌が荒れる原因は摩擦と乾燥からくる肌のバリア機能の低下が原因であることがわかりました。
この原因を遠ざけて、できる限り肌荒れを治せるようにしたいですね。

たくさん気をつける事がありますが、ざっくりまとめますと

  • 肌をこすったりして刺激を与えない
  • 保湿はしっかりする
  • 敏感肌用の化粧品を使う
  • 家に帰ったら早めに体に付着した花粉を落とす

こんな感じです。
そしてひどい肌荒れであれば皮膚科へできるだけ早めに行きましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。