花粉症対策で目のかゆみには?メガネの効果やコンタクトをしている場合

今年もやって来ました、花粉症。

鼻やノドがつらいのもそうですが、目がかゆくてしょうがない!という方もいらっしゃいますね。
充血して目が赤くなってしまったり、眼球を取り出して洗いたいくらいのゴロゴロ感とかゆみに襲われる場合もあります。

毎年の事ですが、このつらい花粉症の症状を緩和させたいと切に思いますよね。
根本的な解決は体質改善しかありませんが、その場しのぎでもどうにかしたいものです。

今回は、この憎っくき花粉症の目の症状を少しでも和らげるための方法を見て行きましょう。

花粉症のその他の諸症状対策についてはこちら
花粉症の薬はいつから飲む?予防は市販でもできる?副作用は?
花粉症の対策で鼻や喉がつらい時のおすすめのマスクや手軽にできる方法
花粉症での肌荒れのかゆみや乾燥への対策、化粧水などの選び方
花粉症で頭痛の症状はあるのか?薬の併用や対策について

スポンサーリンク

花粉症対策で目のかゆみはどう対処する?

目がかゆくなると、思わず目をこすってしまいそうになりますよね。
でも、これは我慢しましょう。
目をこする事で眼球が傷ついて炎症を起こす事もあります。
また、目の周りの薄い皮ふにもダメージがあります。
お肌のためにもよくないですので止めましょう。

かゆい時はどうする?

冷やす

清潔な冷たいおしぼりで目を冷やしましょう。
冷やすことでかゆみがやわらぎます。

目薬をさす

市販の『アレルギー専用』の目薬をさしましょう。
普通の疲れ目用などは効果がありません。

目のかゆみが止まらない、激しくかゆい場合

花粉症で目がかゆくてたまらない!
そんな時は眼科に行って診てもらいましょう。

耳鼻科や内科で診てもらって、花粉症の薬を出してもらっている方もいるでしょう。
でも、この目のかゆみは目の専門家に診てもらうべきです。
耳鼻科では花粉症でも専門分野が違う為です。

激しく目がかゆい、痛いといった場合はアレルギー性の結膜炎が悪化していたり、細菌感染合併していることもあります。
こういった判断は耳鼻科や内科ではできません。
眼科で診察を受けて、適切なお薬を出してもらいましょう。

花粉症対策でメガネは効果あり?

花粉症対策はアレルギーの原因となる花粉が体に入る事を防ぐことが第一です。
ですので、メガネをして少しでも花粉の侵入を防いだ方がいいです。
完全に症状を抑えることはできませんが、通常のメガネでも目に入る花粉の量は約3分の1位に減少します。

スポンサーリンク

顔とメガネの間が埋まるようになっている花粉症対策用のメガネであればもっと防げます。

花粉症対策のメガネでおすすめ

花粉症対策用メガネは100均やドラックストアでも売っています。
しかし、こういった所で売っている花粉症対策用メガネだと、顔とメガネの間の隙間がうまく埋まらず効果がいまいちだったりします。

ですので、どうせ買うのであればメガネ専門店で買いましょう。

メガネ屋さんで販売している物は、自分に合うように鼻のパッドや耳元を調整できるように出来ています。
限りなくメガネが顔に密着した状態であれば花粉の侵入が防げますので、目の方はだいぶ楽になります。

メガネ専門店では度が入ったレンズで花粉症対策用メガネを作ってもらう事もできますよ。

花粉症対策でコンタクトをしている場合

花粉症の目の症状が出ている時は、コンタクトの装着は避ける事をおすすめします。
こういった時のコンタクトレンズ装着は危険です。
コンタクトレンズと眼球の間に花粉が付着してしまい、眼球を傷つけます。
また、花粉や目やにがついたレンズによって花粉症の目の症状が悪化する事もあります。
できればメガネで過ごした方が目の健康のためにいいです。

でも、どうしてもコンタクトでないと嫌だという方…
花粉症が軽ければ、コンタクトの装着は可能です。

コンタクトを使うなら、せめて1dayのソフトコンタクトレンズにした方がいいです。
そしてコンタクトの意味が無くなりますが、その上から花粉症用メガネを使用して花粉を防ぐのがいいでしょう。

できれば眼科でコンタクトの装着が可能な状態なのか判断してもらってからにしましょう。

花粉症の時にコンタクトをしている時の目薬

コンタクトレンズをしている時に花粉症のアレルギー対策用の目薬をさしたい事もありますよね。
その場合は面倒でもコンタクトレンズを外してから目薬をさしましょう。

ソフトコンタクトレンズを付けたまま点眼薬を使用すると、目のトラブルにつながる可能性があります。
薬に含まれる防腐剤がレンズに吸着することがあるからです。
防腐剤が入っていない目薬でもレンズとの相性によって白く濁ってしまうことがあります。
レンズが変形することもあります。

ですので、花粉症の目薬をさす時は、コンタクトレンズを外した状態でさしましょう。
点眼後も十分に時間を空けてからコンタクトを付けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
耳鼻科や内科に行っていても目の症状は専門外なのですね。
ちょっと面倒ですが、苦しみから解放されるためには眼科にも行きましょう。
その際は耳鼻科などで出された薬と眼科の薬の相性がありますので、おくすり手帳や処方された薬を持って行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。