入学祝いのお返しはいつ何を贈る?高額もらった場合はどうする?

この春ご入学の皆様、そしてご家族の方、ご入学おめでとうございます!
晴れて新しい生活のスタートとなりますね。

ところで、この時期親戚の方などから入学祝いを頂く事があると思います。
お祝いして頂けるのはとても嬉しい事です。

この入学祝いのお返し(内祝い)は地域にもよりますが、基本的に頂いてもお返しはしなくてもいいものです。
でも、もらいっぱなしというのも悪いような気がする…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
やっぱり何かお返しを…と考えた時、いつ、どのようにしたらいいか悩みますね。

ここでは入学祝いのお返しをどのようにしたらいいかを確認していきます。

スポンサーリンク

入学祝いのお返しはいつする?

小学校入学の場合ですと早くて3月の初め位に入学祝いを頂く事もあります。
すぐお返しを用意しなくては、と思いますが、入学式まで待ちましょう。

入学祝いのお返しをするのは入学式の後です
その後できるだけ早めに、1か月以内には贈りましょう。

ただしお礼のあいさつは入学祝いを頂いたらすぐにするのがマナーです。
相手の方に電話をして、電話口で入学するお子さんからお礼を言わせるのがいいでしょう。
お子さんから直接連絡がありますと、お祝いを贈った側としては大変嬉しいものです。
逆にお子さん本人から何も反応がないと、ちょっとがっかりした気持ちになります。

順番としては

・頂いたらすぐ電話でお礼
・入学式後に改めてお返しを贈る

このステップです。

入学祝いのお返しは何を贈る?

一般的に入学祝いを頂いた場合はお返しはしなくて大丈夫です。
これは『入学祝い』が親ではなく収入のない子供へのお祝いであり、子供の学校生活を応援するために贈るお祝いである為です。

特別に何かお品物を用意しなくてもいいのですが、頂いた感謝の気持ちをうまく伝えたいですよね。

おすすめの方法はスナップ写真でいいので入学式の時にランドセルを背負ったお子さんの写真を撮り、それを添えたお子さん直筆のお礼の手紙を贈る事です。
お祝いをもらったらちゃんとお礼の気持ちを伝えるんだよ、と説明して書かせてください。
字がまだちょっと…という場合は入学式の絵や入学祝いをくださった方の似顔絵を描かせて、親がお礼の文章を書けばいいですよ。

それを郵送でもいいですし、近所であればお子さんを連れてお届けに行くとお祝いを贈った方も喜ばれるはずです。

やっぱり品物を贈りたい場合

上記の写真とお礼状だけではなく、やっぱり品物を贈りたい場合もありますよね。
何か品物を贈りたいのであれば、頂いた金額の3分の1~半額相当の品物を贈ります。
品物は日持ちするお菓子や食べ物、日々使って消費する物がいいです。
こういったものは相手の方が好まれる物を贈りましょう。
迷ってしまうのであればカタログギフトでもいいですよ。

スポンサーリンク

お返しはいらないと言われている場合

お返しはいらないと言っていた方にお返しを贈るのは失礼です。
その場合はお礼(電話+写真+お礼状)だけにしましょう。

入学祝いのお返しで高額のお祝いをもらった場合

入学祝いを頂いた時、実の両親からならともかく親戚から高額頂いた場合はお返しに悩みますよね。

お祝い金が高額であった場合、通常の1/3~半額のお返しと考えると相手の方へのお返しの金額も大きくなってしまいます。
そして贈った側は『子供の学校の為に使ってね』という気持ちで出されているので、そのような大きなお返しは希望されない事がほとんどです。
ですので、こういった場合は『頂いた金額の1/3~半額』と考えなくても大丈夫です。

年長者から子供への御祝いへのお返しはそこまで大きい金額でしなくても大丈夫ですよ。
逆にお子さんの事を思ってお祝いを贈って下さっているので、あまり大層なお返しをすると失礼になります。
自分がお子さんに贈った金額の一部がお返しになって帰ってくることになりますから…
その方のお好きなお品物にお子さんからのお礼の手紙を添えて感謝の気持ちを伝えれば十分ですよ。
お祝いを贈る時は、遠方でなければお子さんと一緒にその方を訪ねて、お返し(お礼)の品とお礼状を渡すといいですね。

ちなみに、年長の親族からの高額のお祝いに対してのお返しは、
金額にして10分の1から5分の1、頂いた金額が多くても5万までが目安です。

入学祝いが高額だった場合のお礼の品は

品物はやっぱり『その方が好きな物』です。
一番もらって嬉しいですから。

ところが好みがわからない場合、上記の目安の金額でお品物を選ぶとなると大変です。
商品券などでもいいのですが、金額が露わになってしまうのは避けたいところ。

そこで助けになってくれるのはカタログギフトです。
選ぶ金額も幅があります。
中身はグルメカタログでもいいですし、旅行のカタログもあります。
その方に合ったカタログを選んで贈るといいですよ。

まとめ

初めて入学祝いをもらった場合は特に悩む事が多いですよね。
もらったら絶対お返ししなくては!と思っていても実はそうではなかったり…難しいものです。
ですので、最後に改めてまとめます。

  • 入学祝いをもらった場合、一般的にお返しはしなくてもいい
  • 入学祝いをもらったらすぐに電話でお礼、お返しは入学式の後
  • お礼と感謝の気持ちはちゃんと伝える
  • お返しを用意するのであれば頂いた金額の1/3~半額相当の品物
  • 「お返しはいらない」と言ってくれた方に無理にお返しを贈らない。

以上です。
入学式が終わりましたらそれぞれのやり方でお礼とお返しをしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。