入学祝いの相場は小学校の場合いくら?お祝い金やプレゼント、渡す時期について

3月になると卒園・卒業式、そして新たな生活への準備を始めます。
小学校の新一年生になる子供たちも大勢いますね。

ご自身の親戚や知人の中にもピカピカの一年生予備軍がいらっしゃって、入学祝を渡そうと考えている方も多いのではないでしょうか。

こういった祝いを贈る場合、相場とか贈るタイミングとか何かとわからない事が多いものです。

ここでは小学校に入学するお子さんへの入学祝いについて確認していきます。

スポンサーリンク

入学祝いの相場は小学校の場合いくら?

入学祝に贈る金額はどれくらいが相場なのか以外とわからないですよね。
こういったものの相場はあって無いようなものですので悩みます。

入学祝いの金額の相場

金額の相場は小学校の入学でも大学の入学でも、大体5,000円〜1万円です。
この幅は相手との関係によります。
身内で親しくしているのであれば一万円包めばいいですし、疎遠であれば入学祝いなど贈らなくてもいいくらいです。

ただ、疎遠な親族でも義理で贈らなくてはならないのであれば、ご自分のご両親やご兄弟に相談して金額を決めるといいですよ。

こういったお祝いは、今後お互いに贈ったり贈られたり、それのお返しをするようになっていきます。
話し合いができるような関係であれば、お互いの負担にならないような金額とやり方を決めておくといいでしょう。

ちなみに友人・知人の子供の入学祝いであれば3,000~5,000円程度でOKです。

また、お祝い金を送る時はのし袋を使いますね。
そののし袋の書き方もこちらで確認しておきましょう。

⇒入学祝いののし袋の表書きの書き方や中袋、かわいいデザインを使う場合は?

入学祝いにプレゼントを小学校にあがる子にする場合

入学祝いは現金のみでOKです。

でも、お子さんへのお祝いなのでプレゼントを贈りたいと思う方もいると思います。
その場合も上記の相場程度でいいでしょう。

また、現金+プレゼントで贈る場合も、
お祝いを一万円で考えているなら現金5,000円、プレゼント5,000円相当にすればいいです。

入学祝いのプレゼントは何がいい?

まず、止めた方がいいものからご紹介します。

スポンサーリンク

それは『文房具』
これは学校から細かく指定があります。
この指定に合わないものだと使えないからです。
そして大勢の方が「文房具…」と考えてプレゼントして下さる事があり、品物がかぶってしまう事があるためです。
ですので、他の物にした方が無難です。

プレゼントはお子さんの好みのリサーチ必須

お子さんの事をリサーチして、サッカー好きならサッカーボール、
お絵かきが好きな子なら家でお絵かきする用に72色とか100色の色鉛筆など、
お子さんが喜んでくれてお母さんが困らない物がいいですよ。

また、親御さんと相談してOKをもらえたら

  • 目覚まし時計
  • 鉛筆削り
  • 水筒やリュックサックなどの遠足で使う物
  • 給食用のナプキンや箸入れの袋
  • 手提げのバック(A4サイズが余裕で入り、机の横のフックに掛けて床に付かない大きさ)

なども喜ばれるでしょう。
これもお子さんの好みのリサーチ必須です。

入学祝のプレゼントで迷った時は図書カード

お子さんへのプレゼントで何がいいか迷った時は図書カードが無難です。
そんなに本を買わないし使わない…と思うなかれ。

図書カードでかわいい文房具や雑貨などが買えます。
これは本と文房具が一緒に売っているお店(蔦屋書店とか…)で使えます。
女の子はかわいいメモ帳や消しゴムをコレクションしたり交換したりするので、こういったもの購入資金として図書カードが使えます。

また、男の子は結構な値段のする図鑑を欲しがる子がいますので、図書カードを渡して好きな物を選んで買う事もできます。
消耗するノートや問題集、そしてマンガも買えます。

小学校の入学祝いを贈る時期は?

入学祝いを用意したら今度は渡すタイミングです。
この場合は小学校の入学祝いですので、3月初旬~入学式の1週間前までに渡します。
できれば入学式間際よりも、3月に入って早めの時期だともらう方としては助かります。
これくらいの時期は入学準備でいろいろ物を用意しているからです。

小学校の場合は大学と違って入学は確実ですので、3月の初旬に渡しても大丈夫です。
(大学生は入試の結果によって入学にならない事もあるのです)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に簡単にまとめます。

  • 入学祝いの金額の相場は大体5,000円〜1万円(相手との関係による)
  • 現金のみでOKだが、プレゼントは気持ち次第で贈る
  • 贈る時期は3月~入学式の一週間前まで
  • 小学校の入学準備はできるだけ早めに贈った方がいい

以上です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。