バレンタインにメッセージカードで告白を片思いの人に 文章は?

日本ではバレンタインデーは女性から男性に思いを伝える日になっていますね。
ですので片思い中の女性はこの日にチョコレートを渡して好意を伝えようと思っている方も多いと思います。

直接言って伝えられればいいのですが、なかなか面と向かうと緊張してしまって言葉が出てこなくなってしまいます。

そんな時に助けてくれるのがメッセージカード。
このカードを使って自分の思いを上手く伝えられるよう、いくつかのポイントを確認して頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

バレンタインにメッセージカードで告白

バレンタインをきっかけに片思いをしている人に思いを伝えたいですよね。
チョコを渡す時に直接告白する場合、メッセージカードも渡した方がいいのかも悩みます。
また、その時緊張してうまく伝えられないかもしれませんね。
そんな事もあるので、直接告白する場合でもメッセージカードは用意した方がいいでしょう。

メッセージカードに書いて告白する場合

面と向かってあなたの口から直接告白することができなそうなら、気持ちをカ―ドに書いて渡しましょう。

メッセージカードでの告白は素敵ですが、相手の反応がわからない日が長く続いてしまうかもしれません。
返事がもらえるのか、もらえないのかもわからない、これは結構つらいのです。

ですので、口で伝えられなくても勇気を出して、渡したメッセージカードをその場で読んでもらうのはいかがでしょうか。
返事は期限付きで保留になったとしても、あなたの気持ちに対する反応はわかりますよね。

バレンタインのメッセージカードを片思いの人に贈るのは?

チョコだけでなくメッセージカードを渡すとどう思われるか悩みますね。
でも、リサーチしたところ多くの人は手書きのメッセージカードをもらうと嬉しいと思うそうです。
そしてメッセージカードはチョコよりも相手の印象に残るとの事。

メッセージカードはチョコ以上に相手との関係をうまく取り持つツールとなります。

相手の方はチョコをもらう事自体は特に抵抗はないのです。
チョコをきっかけにして、伝えたいことをきれいにまとめたメッセージカードを渡しましょう。

バレンタインのメッセージカードの文章は?

メッセージカードに書く文章も、告白すると決めたものの照れくさくて内容をぼやかしたものにしてしまいそう…
だけどせっかく決意してチョコとカードを渡すんですから、勇気を出してしっかり告白しましょう!

スポンサーリンク
 

「大好きです。お付き合いしてください。」としっかり書きましょうね。
告白される側としては「好きです」とだけ言われても、自分から「お付き合いしてください」とは言いづらいですよね。
「好きです」だけであれば、相手の方があなたの事をどう思っていようと「ありがとうございます」だけの反応となってしまいます。
そこから先に進展させてたいのであればはっきり書かないと伝わりませんよ。
そして本気で告白するのであれば、きちんとした文章で書いた方がいいかもしれません。

文章の書き方

ただ「好きです、付き合って下さい」だけだとあなたの気持ちを伝えるには足りない気がします。
ですので、プラスαの言葉があるといいですね。

内容としては、相手の素敵な所を褒めて、感謝の気持ちがあればそれも書く。
その上で「好きです、付き合って下さい」
がいいでしょう。

例えばこんな例文

「いつも仕事ではお世話になり、先日はお菓子まで頂いてありがとうございました。
皆さんに優しくていつも笑顔の○○さんを素敵と思ってます。
そんな○○さんが大好きです。私と付き合ってくれませんか?」

この辺はご自身で推敲していい文章を考えてくださいね。

止めた方がいい書き方

重い文章にならないように注意しましょう。
「あなたが好きだ好きだ好きだ!こんなにも好きなんだ!」というような文を連ねるのはやっぱり重いです。
そのような内容は愛の告白ではなく呪詛としてとらえられる可能性があり、相手に恐怖を与えます。
また「あなただけに渡します」とか「内緒にしてね」もです。

文章は甘すぎず、あっさりしすぎずさわやかに簡潔なものにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
メッセージカードを渡してあなたの存在を相手の方に印象付けましょう!
告白すると決めたなら後悔しないように勇気を出して渡しましょう。

まとめます。

  • メッセージカードを渡すだけなら返事がない事も覚悟した方がいい
  • できればカードを渡してその場で読んでもらう
  • メッセージカードはチョコよりも印象に残る
  • カードをもらうとやっぱり嬉しい
  • せっかく決意して告白するなら「好きです、付き合って下さい」としっかり伝える。
  • 「好きです」だけだと相手はどうしたらいいかわからない
  • 重い文章は書かない
  • さわやかに簡潔でていねいな文章で書く

以上です。
がんばってくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。