初節句のお返しは両親にするべきか?品物や相場と贈る時期について

お子さんが生まれて初めてのひな祭りには初節句のささやかなお祝いをするかと思います。
そこでお子さんのおじいちゃんおばあちゃんや親戚からお祝いを頂く事も多いでしょう。
また、お祝いの席に出席していない親戚や知人からも初節句のお祝いを頂く事もあるかと思います。

やっぱりお祝いをもらったらお返しをしようと思いますよね。
だけどどのようにしたらいいのでしょうか?

ここでそのお返しの仕方について確認していきます。

スポンサーリンク

初節句のお返しは両親や親戚にどのようにするか

初節句のひな祭りの時にはご両親(おじいちゃんおばあちゃん)からお祝いを頂くと思います。
しかも結構奮発した額だったりしたら、それこそお返しをどうしたらいいか悩みますよね。
まずはご両親へのお返しについて確認しましょう。

両親にはお返しは不要

通常は両親からもらったお祝いにお返しはしません。
ご両親がお近くに住んでいて、行き来ができるのであればご自宅でのひな祭りのお食事会にご招待するくらいでいいでしょう。

遠方にお住まいならお礼のお手紙とお雛様と一緒に写したお子さんの写真を送るのがいいと思います。
お返しは父の日・母の日・敬老の日・誕生日などにプレゼントとして返していきましょう。

親戚には

お食事会に親戚の方もいらっしゃるなら、お祝いのお返しは手土産を用意してお渡しします。
もし、お食事会には招待せず、別の機会にお祝いを頂いたのであれば『内祝い』としてお礼を持参するかご自宅に送ります。
この内祝いの品と一緒にひな祭りの娘さんの写真とお礼状を付けるといいでしょう。

友人・知人からお祝いをもらった場合

親戚ではなく友人や知人からもらった場合も内祝いのお礼をお渡しした方がいいですね。

初節気のお返しの品物と相場

両親には

ご両親にはお返しの必要がありませんが、何かを記念品としてお渡しになるのはとても良い事ですね。
頂いたお祝いに対してのお礼ではないので必須ではありませんが、感謝の気持ちを贈るという意味ではされた方がいいかと思います。

その場合は生まれてから今までのミニアルバムを作って渡されたらいかがでしょうか。
写真屋さんで作る必要はありません。
ご自身で雑貨屋や100均ショップでアルバムを購入して、今まで撮った娘さんの写真にコメントを添えたアルバムを作ってお渡しするのです。
可愛いお孫さんの成長の記録、きっと喜ばれますよ!

スポンサーリンク

親戚・知人には

食事会にいらっしゃった親戚や知人には手土産でしたね。
内祝いとしてのお返しは頂いたお礼の額の3割~5割になりますが、お食事会の席でお祝いを渡される事もあるので、手土産を用意する場合は特に気にしなくていいでしょう。
大体相場として1,500円~3,000円の手土産を用意してお渡ししましょう。

お祝いを別の場で頂いた場合は、頂いたお礼の額の3割~5割で内祝いを用意してお渡しします。

品物は

手土産の場合は一般的にお赤飯や上生菓子、さくら餅、洋菓子(焼き菓子)が一般的です。
内祝いの品もお菓子(和洋どちらでも)やタオル、カタログギフトが多いです。

品物はこういった食べ物などの『消費するもの(無くなるもの)』がいいです。
また、できるだけ相手の好みに合ったものを選びましょう。
コーヒーやお茶が好きなひとであればそういったものでもいいですね。

のしはどうする?

手土産・内祝いの品であればのしをつけましょう。

のしは
・水引は紅白の蝶々結び
・表書きは「内祝」
・名前は「娘さんの下の名前のみ」

もし、親戚から「お返しはいらないよ!」と念を押された場合

この場合は3割~5割でお返しをしてしまうと相手の方もさみしい思いをしてしまうでしょう。
だからと言って何もしないとちょっと気持ちが引っかかりますよね。
そんな場合は後ほど『のし』をつけず、ちょっとした手土産をお渡しすればいいですよ。

初節句のお返しをする時期

お祝いを頂いたら速やかにお返しをしましょう。
桃の節句の3月3日から一週間以内にするのがベストです。
遅くなったとしても3月中には相手が受け取れるように送るのが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最後に簡単にまとめます。

  • 自分たちの両親にはお祝いのお返しは不要
  • 食事会に参加した親戚・知人には手土産でお返しとする
  • 食事会とは別の場でお祝いをもらったら、内祝いとしてお礼を用意して贈る
  • 品物は『消費するもの』がいい
  • 手土産の相場は1,500円~3,000円
  • 内祝いの品は頂いた金額の3割~5割
  • 手土産・内祝いの品ともに『のし』は付ける
  • お返しは3月3日の節句の日から一週間以内に贈る
  • 遅くても3月中には届くように贈る。

以上です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。