節分でまく豆の種類とその由来 食べる豆の数はいくつ?

節分といえば豆まきですね。
場所によってはお寺で節分祭りをしている所もあります。
自宅でする場合も子供たちは喜んで豆まきしますね。

ところで豆まきに使う豆はなぜ『あの豆』なのでしょうか?
確かに豆は攻撃力があります。
鬼を追い払うにはうってつけです。
投げつけられるとソフト散乱銃です。

この節分行事の豆まきについて、さらに豆にスポットを当てて確認してみましょう。

スポンサーリンク

節分でまく豆の種類

節分の豆まきに使う豆は決まっています。
一般的に使われているのは『大豆』です。

雪が多い地域ですと落花生を殻ごとまく所もあります。
恐らく先人が『雪の上にまいた時に後で拾いやすいから』と考えたからではないでしょうか。
しかし今回は昔から使われている『大豆』について見ていきます。

何で大豆を使う?

豆まきには大豆を使いますが、これには古くからの意味があります。

穀物の精霊パワーで鬼を撃退

日本を含め東アジアでの主要穀物である『五穀』の一つが豆。
五穀には穀物の精霊が宿るといわれて、その力で邪気を追い払おうと考えました。

五穀は通常『米・麦・あわ・きび(又はひえ)・豆』の5種類の穀物です。

この中の『豆』ですが、特に大豆とはなっていません。
『豆』が大豆になったのは、今より食糧事情のよくない時代に豆類で一番収穫しやすかったからでなないかと言われています。
さらに五穀の中で『豆』が一番粒が大きく、炒る事で固くなって鬼への攻撃力が増すために使われるようになったと言われています。

もう一つ、「京都の鞍馬に鬼が出たときに毘沙門天のお告げで大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を追い払えたから豆まきに大豆を使うようになった」という説もあります。

豆は炒らないとダメ

使われるのは『炒った大豆』です。
これは鬼への攻撃力以上にまいた豆で行方不明になったものが芽を出さないように炒っておくのです。

芽が出ると不吉

豆まきに使った豆から芽が出ると災いが起こると言われていました。
豆は語呂合わせから『魔』『目』。
この『魔の目』が出ないように最初から『炒って(射って)』おくのです。

あとは現実問題として庭に生えてしまうと草むしりしなくては、というのがあるのではないでしょうか…
家の中で発芽されても困りますしね。

スポンサーリンク

節分で豆をまく事の由来

鬼を追い払うために大豆の炒ったものを使う理由はわかりました。
では、なぜ節分の日に豆まきをするのでしょうか?

節分に豆まきをする理由

節分の次の日は『立春』です。
その前日の節分は季節を分けるという意味があります。

昔、陰陽道でこの節分の夜には魔物が出やすいと言われていました。
その為、この日に悪いものを追い払うための節分の行事を行うようになったのです。

豆まきはいつから始まった?

古来中国の立春の前の日に邪気を追い払う行事がありました。
これが飛鳥時代の後期に日本に入ってきて、
平安時代の初期からは大晦日の宮中で『追儺(ついな)』という行事をしていた。

ちなみに初期の頃は豆はまかずに鬼が宮中を練り歩いて邪気を払うというスタイルでしたが、
その後鬼が追われる形に変わりました。
いい鬼から悪い鬼に変わったのです…

節分に豆まきは室町時代から

室町時代になるとその大晦日の『追儺』と節分の日に行っていた厄払いの『豆打ち』という行事が一緒になりました。
そして節分の日に豆まきをして鬼を追い払う行事として一般に広がっていったのです。

節分で食べる豆の数

豆まきで使った『福豆』には魔除けパワーが込められています。
その『福豆』を食べる事でその力を取り入れ、1年の健康を願う意味があります。

まいた後に食べる豆の数

豆まき後に部屋にまいた豆を拾って食べます。
落ちた豆に抵抗があるなら余った豆でもOK。

食べる数は地域によって異なりますが以下の数です。
・実際の年齢
・実際の年齢+1(数え年と言われるもの)
・数え年+1(実際の年齢+2)

地域や家庭によっての違いですので正解はありません。
迷ったら実際の年齢の数を食べれば問題ないでしょう。

なぜ年齢の数なのか?は具体的な意味はわかりません。
これは筆者の個人的な見解ですが、恐らく炒り大豆は消化に悪いので、
小さな子供がたくさん食べるとお腹を壊すから年齢の数までにしたのでは?と推測します。

まとめ

最後に簡単にまとめます。

  • 豆まきで使うのは『炒った大豆』(地域によっては落花生)
  • 大豆には魔除けパワーがあるとされて豆まきに使われる。
  • 節分の夜に魔物が出やすいと言われていたため、豆まきをするようになった。
  • 鬼を追い払う行事はずっと昔の中国からしていた。
    日本では『追儺(ついな)』という行事を平安時代初期からしていた。
    節分の豆まきになったのは室町時代から。
  • 食べる豆の数は『実際の年齢の数』か『年齢+1』が一般的。
    地域によるのでどっちでもいい。

以上です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。