年越しそばはいつ食べる?由来と込められた意味 アレルギーの場合は

日本の大晦日の風習として年越しそばを多くの人が食べます。
この日にそばを食べると「今年もついに終わる…」と実感します。

ところでこの「年越しそば」は大晦日のどのタイミングで食べていますか?
あと、そばアレルギーを持っている人はどうしたらいいでしょうか。
そのあたりの気になる事を日本人が大晦日にそばを食べ始めた由来も含めて確認していきましょう。

スポンサーリンク

年越しそばはいつ食べる?

年越しそばを食べるタイミングはそれぞれの家によって違います。
大晦日の夕食として食べたり、夜11時過ぎに食べたり様々です。
でも、いつ食べるのが正解なのでしょうか?

年越しそばは『大晦日』に食べるべし

「『大晦日』に食べるべし」って何をアバウトな事を…と思いましたね。
でも食べるタイミングはアバウトで決まりは特にないのです。
とにかく大晦日のうちに年が明ける前に食べればいいのです。
ただ、地域によっては「年を越しながら食べる」など、いつ食べるか決まっている所もあります。

年越しそばには「一年の厄を払うために食べる」意味があります。
そのため年が明ける前の大晦日に食べます。
だから夕食や深夜の夜食以外に昼食で食べても良いのですよ。

年越しそばの由来と込められた意味

大晦日にそばを食べるという風習は江戸時代の中期から始まったと言われています。
これは宗教的な行事から来た風習ではありません。
年越しそばは商家が暮れの仕事で忙しくてゆっくり食事ができないため、そばでササッと済ませていた風習が世間に広がったものです。
そしてそこに縁起を担いで意味がつけられました。

年越しそばを食べる意味

  • 昔は金細工師が細かくなった金(ゴールド)を集めるため、そば粉を練ったものを使っていたことから金運UPの意味。
  • そばは切れやすいから、1年の労苦や災厄をそばのようにスパッと切る意味での縁起担ぎ。
  • 植物の「そば」は雨や風で倒れても日が差すとすぐ起き上がります。
    そんな丈夫な「そば」にあやかって「来年こそは!」と改めて気合を入れ直すため。
  • 細く長いものですので、その形から長寿の願い。

これらが年越しそばに込められた意味です。

年越しそばをアレルギーで食べられない場合は

年越しそばをみんなと一緒に食べたいけれど「そばアレルギー」の場合は食べられません。

その場合はうどんでも全然問題ありません。
「細く長いもの」を食べることによって長寿を願う、といった意味があるので細くて長いうどんなど、他の食材でもOKです。

そのような理由から「そば」だけでなくうどんに使われる「小麦」にもアレルギーがある場合は、鍋料理で「マロニー」を食べても代用になるでしょう。

マロニーを製造しているマロニー株式会社によりますと
アレルゲン(特定原材料等27品目)は含んでおらず、
製造ラインもマロニーだけを製造しているとの事ですので
アレルギーがある人も安心ですね。

スポンサーリンク

まとめ

年越しそばはとっても庶民的な風習から始まったものでした。
もちろん必ず食べなくてはいけないものではありません。
以下、まとめです。

  • 年越しそばは大晦日の内に食べればいい。
  • 年越しそばに込められた意味は様々(長寿祈願・金運UP・厄落としなど)
  • アレルギーがあるなら「細くて長い食べ物」で代用OK

以上です。
おいしく食べて元気に年を越しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。