髪の毛の静電気を防ぐには 原因と広がるのを抑える方法、予防対策におすすめな事

髪の毛が静電気ですごい…

冬になるとモワッと広がって浮き上がったり顔に張り付く事もあります。
猫っ毛だとさらにひどい事に。

この静電気、本当にうっとおしいですよね。

なぜ髪の毛に静電気が発生するのでしょうか?
その原因と解消法、予防対策とケアについてご案内していきます。

スポンサーリンク
 

髪の毛の静電気を防ぐには

冬になると髪の毛にも静電気が発生します。

モワ~と髪が広がって顔に髪がくっつきます。
子供の頃は下敷きをこすってわざわざ静電気を発生させていた記憶もありますが、大人になってからはただただうっとおしいだけです。

猫っ毛だと静電気発生率が高くなって困りますよね…

下敷きもないのに髪の毛に静電気が発生するのはなぜなのでしょうか?
まずは何故髪の毛の静電気の原因について確認してみましょう。

髪の毛に静電気が発生するのはなぜ?

髪に静電気が発生する原因の一つは乾燥です。

これは空気の乾燥だけではありません。
髪の毛が乾燥している事も原因です。

冬の空気が乾燥した環境は静電気を発生させやすいです。
さらに髪の毛も乾燥していると、髪が帯電しやすくなります。

もう一つの原因は摩擦です。

髪の毛が乾燥して絡みやすくなっていると、髪の毛がこすれあって静電気を生みます。
これは下敷きをこすると静電気が発生するのと同じ原理ですね。

ですので、髪の毛の静電気を防ぐためには

・髪の乾燥を防ぐ

・摩擦を生まない

この2点を抑える対策をする必要があります。

髪の毛は静電気でダメージを受ける!

髪の毛の静電気、実は髪の毛が傷む原因にもなります。

髪の毛に溜まった静電気は髪の毛にダメージを与え、キューティクルを傷つけます。
そしてキューティクルがはがれやすくなってしまうんです。

キューティクルが剥がれると髪の毛の内部がむき出しになってしまいます。
そうすると内側のタンパク質や水分が外に流れ出してしまうんですね。
そして髪の毛がパサパサになり、より乾燥が進んでしてしまうんです。

髪の静電気を放っておくと髪が傷んで更に静電気を生んでしまいますから注意です!

髪の毛の静電気を抑えるには

発生した静電気を取るには濡れた手やヘアクリームを付けた手で髪を撫でつけると収まります。
ヘアクリームでなくハンドクリームで代用できますが、髪がベタベタになる事がありますので注意。

しかしこれらの対策は一時的なものです。
特に濡れた手で静電気を抑えでも、髪が乾燥すれば再び静電気は発生します。

根本的に髪の静電気を防ぐには、日頃使うヘアケアを見直していく必要があります。
一つずつ確認しますね。

くしやブラシを変える

普段使っているくしやブラシがプラスチックやポリエステル製のものだと、静電気が発生しやすくなります。

とかすと事は髪を摩擦する事ですからね…

静電気がひどいなら、普段使うくしを木製や豚毛の天然素材のブラシに変えてみましょう。
帯電しにくい素材で出来たくしやブラシを使う事がポイントです。

洗浄力の優しいシャンプーを使う

洗浄力が強いシャンプーは皮脂を取り過ぎてしまうので、頭皮や髪の乾燥につながります。
皮脂は髪を保湿する役割もあるので取り過ぎは静電気のもとになります。

できればアミノ酸系のやさしい洗浄力のシャンプーにするといいですよ。

洗い流さないトリートメントを使う

シャンプー、コンディショナーだけだと髪の乾燥は防げません。
洗い流さないトリートメントも使って髪を保護・保湿をして下さい。

アウトバストリートメントは髪をしっとりさせる他、ドライヤーの熱や摩擦から髪を保護する役割があります。
濡れた髪の毛先に揉み込んで乾かすと髪がしっとりしますよ!

ちなみに洗い流さないトリートメントもしっとり系とさらさら系があります。
静電気を防ぐならしっとり系にして下さいね。

ヘアオイル、ヘアクリームを使う

髪が素の状態だと乾燥してしまいます。

日中の乾燥を防ぐため、朝は髪にヘアオイルやクリーム、保湿ミストを付けて軽く保湿しておくといいです。

オイルはつけ過ぎるとギトギトになってしまいますので、適量を毛先中心につけて馴染ませて下さいね。

ヘアオイルはミスト状になったものが使い勝手がいいです。
つけ過ぎを防げますよ。

髪の毛の静電気対策におすすめな事

髪の毛の静電気の予防には、髪を保湿しておく事がポイントです。
その為には先程ご紹介した方法の他、しっかりトリートメントして保湿しておく必要があります。

市販のトリートメントを使うのもいいですが、おすすめなのがオイルトリートメントをする事です。

やり方は簡単です。
週に1回、髪に椿油やゆず油を揉み込んでパックするだけです。
このオイルトリートメントをすると、髪の毛がしっとりツヤツヤになります。

椿油を髪の毛だけでなく頭皮に付けてマッサージすると、頭皮のクレンジングも同時にできますよ!
頭皮がスッキリしない場合、一緒にクレンジングもするといいですね。

オイルトリートメントのやり方はこちらでご紹介しています。

check! 髪の毛の乾燥とパサパサ対策 シャンプーの選び方とケアの仕方


スポンサーリンク

最後に

髪の毛の静電気対策には体の保湿も一緒にすると効果的です。

手が何かに触れた時とかにバチっと発生する静電気。
これも手が乾燥していると起こりやすいと言います。

体も肌が乾燥していると帯電しやすくなりますので、全身で静電気を防ぎましょう。

ですので、体もお風呂上りにしっかりクリームなどで保湿する事をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。