ノロウイルスの予防で効果的なのは マスクは?予防接種はできる?

一年中感染するリスクはありますが、
寒くなるとインフルエンザ同様発生率の高くなるノロウイルス感染症。

なった事がある人はわかると思いますが、短い期間ながらも相当きついです。
非常に感染力が強いものですが、
できるだけ予防してその苦しみが身に降りそそぐのを避けたいものです。

ここで基本的な予防について確認して、
できるだけ感染を予防できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
 

ノロウイルスの予防で効果的な事

ノロウイルスは非常に感染力が強いです。
そして、通常のアルコール消毒ではウイルスは死にません。
塩素系の消毒剤や漂白剤(キッチンハイターなど)でないと効果がありません。

ですがこの塩素系の漂白剤を持ち歩いたり、ましてや手に付けることはできませんよね。
(体につけるのは絶対にダメです!)

そこで一番効果的なことは手洗いです。

ノロウイルス対策には徹底した手洗いが効果的

ノロウイルスは空気感染するものではありません。
手などに付いたウイルスが口に入り、そして体の中に入って感染し、症状を発症します。
手の皮ふから直接ウイルスが体内に入ってくることはありません。

効果的なのは石鹸を泡立ててよく手を洗って、流水でしっかりと洗い流すことです。
食品を取り扱ったり、食事をしたりする前には必ず手をしっかり洗いましょう。
もちろんトイレの後も絶対です。

また、帰宅時のうがいも効果的です。
口の内の粘膜がウイルスをブロックしているうちに洗い流すという意味があります。

スポンサーリンク

ノロウイルスの予防でマスクは無意味なの?

ノロウイルスは空気感染するものではないという事でした。
では、予防のためにマスクをすることは全く無意味なことなのでしょうか?

ノロウイルスの予防でのマスクの役割

効果があるかどうかと言ったら「ないよりはまし」といったところです。

基本は手から口へと触ることで感染します。
ただ、感染した人の吐しゃ物などの処理が甘かったりすると、
そこに残ったウイルスが乾燥して舞い上がり、それを吸い込んで感染することもあります。
その場合に直接ウイルスを吸い込むことを防ぐ効果が多少なりともあります。
また、ウイルスがついた手が口に直接触れるのを防ぎ、
口にウイルスが入りにくいという意味での効果は期待できます。

ノロウイルスの予防接種はできる?

インフルエンザには予防接種があり、
これを事前にしておくことで感染しても症状が軽く済みますよね。

ノロウイルスにも予防接種があればいいのにと思いませんか?
特に過去にひどい目にあったことがある方はそう思うかもしれません。

ところがこのノロウイルス、予防接種はできません。
そもそも予防のワクチンがないのです。
そして感染後もインフルエンザのタミフルのような抗ウイルス薬もありません。

薬に頼れないのです。
ですので、日々の予防のための心がけが重要です。

※ちなみに、ノロではなくロタウイルスは予防接種があります。

まとめ

感染力が非常に強いノロウイルスですが、
予防のために効果的な事は特別な事ではありません。

食べ物を扱う・食事前・トイレの後には徹底した手洗いが重要

こちらを心がけて感染を防ぎましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。