抜け毛が多い時の対策と改善させるための頭皮ケア シャンプーなどの選び方は?

抜け毛が多いなら、何か対策をした方がよさそうな気がしますよね。

特に秋は抜け毛が増えます。
これ以上抜けないように、そして新しい毛が丈夫に生えてくるようにしたいですよね。

でも頭皮やシャンプーなど、具体的にどうするといいのでしょうか?

そこで今回は抜け毛対策のための頭皮ケアを中心にお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク
 

抜け毛が多い時の対策

日本人の髪の毛は平均して10万本くらいです。
そして髪の毛にも寿命がありますので、10万本のうちどれかが毎日生え変わっています。

髪が生え変わりで抜けるのは1日に100本位、そして抜け毛が多い秋には普段の2倍の200本程度抜けています。

秋は髪の成長サイクルで生え変わりシーズンに当たるのでそれなりの量の髪の毛が抜けますが、それ以外の理由で抜けているなら髪の毛が抜けるのは食い止めたいですよね。

秋に髪の毛が抜ける原因は、成長サイクル以外だと夏のダメージと生活習慣の乱れ。

夏のダメージが原因なら夏に対策を取らなくてはいけないのですが、すでに大量の抜け毛が発生している秋にそれを言っても後の祭り。

そして秋でなくても抜け毛が増える事もあります。

では髪の毛がたくさん抜けている今、無駄な抜け毛を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

check! 秋の抜け毛から回復!効果のある食べ物や生活習慣の改善など対策をご紹介

抜け毛の原因の毛穴のつまりをクレンジング!

抜け毛の原因は前回お伝えした通り

『紫外線ダメージ』

『疲れやストレス』

『栄養不足』

『皮脂のつまり』です。

この中ですぐに改善できるのは『皮脂のつまり』です。
まずは頭皮をきれいにする対策をしてみましょう。

参照 秋に抜け毛が多い原因 増える理由は?1日に抜ける本数はどれくらい?

頭皮の毛穴汚れを落とす方法

毛穴の皮脂の詰まりを取るには頭皮クレンジングが有効です。

頭皮のクレンジングは美容院でしてくれます。
美容院でしてもらうと気持ちいいですが、自宅で簡単にできます。

皮脂のつまりは普通のシャンプーでは落ちない事が多いです。
まず、頭皮の汚れを落とすには洗浄力の強い『クレンジングシャンプー』を使う方法があります。
このシャンプーを使うと頭皮がスッキリさっぱりします。

しかし頭皮クレンジングシャンプーは脱脂力がとても強いシャンプーです。
その為使いすぎると頭皮が乾燥してしまいます。

そこでもっと優しく頭皮の汚れを落とす方法としておすすめなのがオイルクレンジングです。

専用のオイルを頭皮に付けてマッサージすると皮脂を溶かして落とす事ができます。
顔の毛穴をきれいにするのにオイルを使いますが、あれと同じです。

頭皮クレンジングのオイルはメイク落とし用のクレンジングオイルも使えますが、クレンジングオイルだと髪のキューティクルを傷めてしまう事もあります。

ですので、ここでは椿油を使う事をおすすめします。

椿油なら頭皮クレンジングだけでなく、髪の毛のトリートメントもできて一石二鳥なんですよ!

頭皮クレンジングのやり方

①髪をよくとかしておく。

②髪の毛が乾いている状態で椿油を500円玉大よりちょっと多めに手に取り、頭頂部から地肌になじませる。

③側頭部、後頭部と椿油をなじませる。

④軽く指で頭皮をマッサージして5分程放置。

⑤その後、ぬるま湯で洗い流してから丁寧に2回シャンプーする。

※椿油を髪の毛にも塗ると、同時にトリートメントが出来ます。

頭皮クレンジングの後、1回シャンプーしただけではオイルが落ちません。
そもそも1回目はシャンプーが泡立ちもしません。
なので、シャンプーを2回行って、頭皮に付いた油はしっかり落として下さいね。

そしてシャンプー後は頭皮と髪の毛を出来るだけ早く乾かしてください。
濡れた状態が長引くと頭皮に雑菌が繁殖してニオイが発生したり、髪が傷む原因になりますよ!

椿油を使ってもクレンジングはやりすぎると頭皮が乾燥してしまいます。
まずは1回行って、その後は月に1、2回のペースで行うようにして下さい。

頭皮クレンジングの仕方はこちらの動画で詳しく確認できますよ。

抜け毛が多い時のシャンプーは?

シャンプーをする時ゴシゴシ強く洗うと頭皮が傷みます。
そしてその洗う勢いで髪の毛も抜けます。
頭を洗う時は指の腹でやさしく揉みほぐすように、マッサージするように洗って下さい。

そしてシャンプーの洗浄力が強いと髪の毛がすごく抜けます。
これは筆者自身が実証済みで、洗浄力が強いシャンプーからマイルドなシャンプーに変えた時、洗った時の抜け毛が大幅に減って感動したという経験があります。

私の抜け毛を食い止めたシャンプー ※クリックで拡大

シャンプーの原材料欄に『ラウレス硫酸Na』『ラウリル硫酸Na』とか書いてあれば洗浄力が強いシャンプーです。
L●xとかパン〇ーンとかツ×キとか、よく見かけるシャンプーにはほとんど入っています。

ちなみに『サルフェートフリー』というのもよく見かけますが、それは『ラウレス何とか』とかを使っていませんという意味です。

シャンプーを選ぶ時は原材料の所をよく見てチェックするか、『低刺激タイプ』と書いてある物を選ぶといいですよ。


スポンサーリンク

抜け毛対策には頭皮ケアも!

頭皮は夏の間ダメージを受けながらも、新しい髪の毛を作り始めています。
抜け毛予防だけでなく新しい髪の毛が丈夫に育つように、頭皮と毛穴をきれいにしたら他のケアもしていきましょう。

そのケアの方法は『マッサージ』『保湿』です。

抜け毛対策にはマッサージ!

髪の毛が育つ為に毛根にある『毛母細胞』は毛細血管から栄養を受け取っています。
毛細血管からしっかり栄養が届く事で髪の毛が元気に成長します。

ところが頭皮の血行が悪くなると栄養が毛母細胞まで届かなくなります。

そこでマッサージで毛細血管の血流を良くしてあげると、栄養が毛母細胞まで行き届き、髪の毛が元気に育つようになるという訳です。

また、マッサージによって振動するような刺激が加わると、育毛の指令を出す『毛乳頭』という組織が活性化するという研究結果もあります。

マッサージは頭皮への刺激と血流促進によって、髪の毛を育てる効果的な方法です。

手で指圧したり、マッサージ用のパドルブラシを使ったりして気持ちいいと感じる強さでマッサージして下さいね。

筆者はシャンプーブラシと呼ばれる物をシャンプーでない時も使ってグリグリしています。
頭皮だけでなくこれで肩もグリグリします。

haruシャンプーのおまけのシャンプーブラシ ※クリックで拡大

頭皮ケアの為にも保湿が必要

肌のお手入れには保湿が重要と言いますよね。

同じように顔や体と1枚の皮でつながっている頭皮も保湿ケアが必要です。

特に夏のダメージを受けた頭皮はいたわってあげないと乾燥してフケやかゆみが出て、地肌が荒れてくる事があります。

そこで頭皮の保湿に使うのがヘアトニック剤です。

トニック剤というとおじさんのイメージがありますよね…
でも、地肌を保湿したり栄養を与えたりして頭皮の環境を整えて健康にするのに効果的なんです。

女性向けの商品は『頭皮ケアエッセンス』とか『スカルプケアローション』という名前で販売されてます。
そして必ず女性は女性用の物を使って下さい。男性用は刺激が強いです。

最後に

抜け毛は人間の細胞の成長サイクルによって、どうしても秋に増えてしまいます。
しかし秋は夏のダメージによる抜け毛もある事は否めません。

秋でなくても頭皮のケアをしっかりして髪を守って育てていきたいですね。

これは一般的な抜け毛の範囲でのケアの仕方ですが、あまりにもたくさん髪の毛が抜けているようなら一度皮膚科で相談する事をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。