インフルエンザの症状で熱などが出る期間 A型とB型の違いは?

毎年冬になると流行るインフルエンザ。
できれば感染せず、無事に過ごしたいものですね。
でも、疲れがたまっていたりすると免疫力が落ちて感染しやすくなります。

そして何だか体の調子がおかしい…
風邪なのかインフルエンザなのか、
どちらになったのかの判断は病院で検査をしないと正確にはわかりません。
でも、病院に行く前に自分でインフルエンザの疑いがあるか確認したいですね。
こちらではインフルエンザの症状をまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状で熱はどれくらい出るのか

風邪とインフルエンザの症状の違いはどのようなものでしょうか。
確認してみましょう。

インフルエンザの症状

  • 突然の高熱
  • 関節痛や筋肉痛
  • せき、のどの痛み
  • 倦怠感
  • 鼻水・鼻づまり
  • 頭痛
  • その他、目の充血など

やっぱり風邪と症状は似ていますが、
わかりやすい違いは突然の高熱と関節痛や筋肉痛がでるところでしょうか。
ただし全ての人に必ずこれらの症状がそろって出るとは限りません。
また、インフルエンザは熱だけでなく全身の症状が急に出るのが特徴です。

インフルエンザの熱はどれくらい出るのか

熱は38~40度近い高熱が出ます。
「なんだか調子悪い」と思っているうちに高熱が突然出るのです。
インフルエンザの型によっては38度以下の熱だったり、まれに熱が出ない事もあります。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状が出る期間は何日くらい?

熱を含め、症状が出ている期間は体がウイルスと戦っている期間です。
このつらいインフルエンザの症状は何日位続くのでしょうか。

  • 熱が出ている期間:38度~40度が3~4日間続く
  • 症状が治まるまではどれくらいか:発症してから約1週間

いずれも個人差がありますがこれくらいの日数です。
ただ、体力がない子供やお年寄りの方だと長引くこともあります。
中耳炎や肺炎、脳炎などの合併症を起こすこともありますので経過に注意しましょう。

インフルエンザの症状でA型とB型の違いは?

インフルエンザにはA型とかB型とか、なんだか型があるのを聞きますね。
これらはどのように違うのでしょうか?

A型

A型インフルエンザウイルスは一番激しい症状がでます。
「これぞインフルエンザ!」という感じです。

症状

  • 38度以上の高熱
  • 関節痛、筋肉痛
  • ものを飲み込むのがつらい程のどの痛みがでる事がある
  • 肺炎などの深刻な呼吸器系の合併症が起こる可能性がある
  • 脳炎、脳症の合併症も引き起こすことがある

ニュースで報道される「鳥インフルエンザ」「豚インフルエンザ」なども
A型インフルエンザウイルスになります。

B型

B型は38度以上の高熱が出ることもありますが、
37~38度までの微熱が続いたり熱が出ない場合もあります。

特徴

  • お腹にくる風邪の症状に似ていて、下痢や腹痛が出る人が多い。
  • 人と人の間でしか感染しない。

よく聞くのはこのA型とB型ですね。
そして実はC型というのもひそかに存在しますので紹介します。

C型

いったん体がウイルスに対する免疫を獲得すると
生涯その免疫が持続すると考えられています。
ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくいインフルエンザです。

  • かかるのは4歳以下の幼児がほとんど。
  • 感染してもかなり軽い症状で終わることが多い。
  • 症状は鼻水くらいで他の症状が出ないことが多い。

まとめ

以上、インフルエンザの症状についてでした。
ざっとまとめますと

  • 風邪との違いは突然の高熱など症状が急に出る
  • 38度~40度が3~4日間続き、治るまで平均で約1週間かかる
  • A型は症状が激しい
  • B型はお腹にくるケースが多い
  • 体力のない人は中耳炎や肺炎、脳炎などの合併症を起こす事もあるので注意する

以上です。
体調管理をして感染しないよう気をつけましょう。
でも、それでもかかってしまうことがあります。
その時は安静にしてしっかり休みましょう。

こちらもどうぞご覧ください
インフルエンザの家族の感染を予防し発症を防ぐ うつる期間は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。