乾燥肌による肌荒れを治すには 治らない原因とおすすめの保湿ケアの仕方をご紹介

季節の変わり目の秋、それから冬は肌荒れと乾燥で顔がカサカサしますね。
触ると肌がざらざらになっていて、気分が下がります。
しっとりタイプの化粧水で保湿しても、乾燥肌がなかなか改善しません。

乾燥による肌荒れ、どうしたら治す事ができるのでしょうか?

今回は肌荒れの原因と対処法、そして保湿のおすすめケアをお伝えしていこうと思います。

乾燥肌による肌荒れを治すには

夏から秋、冬と気温が下がるごとに肌荒れしてきて乾燥がひどくなった…

目の周りや頬がつっぱったり、ひどくなると口の周りに粉ふきも発生します。
粉が吹かなくても、肌がざらざらになって化粧ノリも悪くなりますよね。
同時に肌がくすんで肌色が悪くなったり、にきびが発生する事もあります。

しっとりタイプの化粧水をたっぷり使ってもなぜか改善せず、どうしたらいいのかわからなくなります。

これは空気が乾燥しているから仕方がないのでしょうか?
この乾燥を改善させないと更に悪化してヒリヒリしてくる可能性が高いです。

どうしたらいいのでしょうか?

まずは空気の乾燥以外に肌を乾燥させる原因は何か確認してみましょう。

肌の乾燥は油分が足りないから

化粧水以外に乳液やクリームなどはちゃんとつけていますか?

本当は肌質がオイリーだし…とかベタベタするからと言ってつけてなかったり、つける量が少ないと乾燥してしまいますよ。

乳液やクリームの役割は、肌に油分を補って水分が蒸発しないようにフタをする事です。

フタがないとどんなにしっとりタイプの化粧水で保湿しても水分は肌の角質層から蒸発してしまいます。

1回に使う乳液は手のひらに1円玉の大きさの量が必要です。
クリームはパールの大きさ分です。

乳液とクリームの両方を使う必要はありませんが、適量使わないと乾燥は防げません。

もし忙しくて乳液までつけられないのなら、これ一つで保湿ケアが完了する『クラウンセルクリーム』がオススメです。

これはエステで使われているクリームで、とても保湿効果があると評判のクリームです。

洗顔後はこのクリームを塗るだけでOK。
時短なのにうるおいが続きますので、忙しい人にぴったりのクリームです。

通常

乾燥肌は化粧水のつけすぎが原因の事も

肌が乾燥してカサカサするのを防ぎたくて、化粧水をパシャパシャたっぷり使っていませんか?
しっとりタイプの化粧水をたっぷり使えば肌がしっとりしそうですよね。
でも、残念ですがそれが肌を乾燥させている可能性があります。

保湿したくて必要以上化粧水を使うと乾燥の原因になります。

肌の角質層に浸透する量以上の化粧水は、肌に浸透しません。
余計な分は肌表面で蒸発するのですが、この時肌の内側の水分が誘発されて一緒に蒸発していきます。

そのため大量の化粧水を使っても逆に乾燥してしまうという訳です。

化粧水の使用量は一般的に500円玉大です。
これが肌が浸透する化粧水の量となりますよ。

乾燥肌と肌荒れのスキンケア以外の原因は?

実は、肌の乾燥は空気の乾燥やスキンケアだけが原因ではありません。

ストレスも乾燥肌の原因になります。

ストレスはイライラするといった精神的なものだけではありません。
気温や気圧、湿度の変化もストレスとなります。

気温や気圧が変わると、自律神経が体を適応させようとして働きます。
季節の変わり目は気温や天気が毎日のように変わるので、体をコントロールしているしている自律神経が疲れてしまうのです。

自律神経が乱れると肌を回復させる成長ホルモンや代謝のリズムが乱れ、乾燥が治らなかったり肌がどんよりくすんだりします。

天気や気圧はどうにもできませんが、リラックスして自律神経が整うようにしてあげると肌の調子も良くなってきます。

自律神経とお肌に重要なのは睡眠です。

肌の細胞が回復するのも成長ホルモンがたくさん分泌されるもの睡眠時です。
しかも眠りに入ってからの3時間が成長ホルモンが多く出るそうです。
質の良い睡眠に入れるように、寝る前はブルーライトから離れてリラックスモードにしましょう。

そしてお風呂です。

お湯につかって体を温めるとリラックス出来ますし、寝つきも良くなりますよ。

更に食事に油分が足りていなくても肌が乾燥してきます。

角質層に肌のバリアとなる脂質が行き渡るように、適度に油を摂って下さいね。

スポンサーリンク

乾燥肌を徹底保湿するおすすめのケア

しっとりタイプの化粧水と乳液で保湿しても乾燥してしまう…
肌のザラザラを解消したくて美容液やパックをしても改善しない!

こうなるとお手上げ…

ですが、諦める前に試して頂きたい事があります。

それは、夜のクリームパックです。

やり方は本当に簡単。
用意するものはワセリンだけです。

ワセリンは黄色っぽいのもありますが、顔に使うので純度の高い『白色ワセリン』を使って下さい。
ドラッグストア、もしくは調剤薬局で『サンホワイトP-1』という名前で売られている物です。

これを夜のスキンケアが終わったら、顔に多めに塗って下さい。
ワセリンは質感が固いので、手の熱で温めて柔らかくしながら塗るといいですよ。

この時、多めに顔がベタベタになる位の量を塗ります。
テカテカになって家族に笑われたりしますが気にしない。

そしてそのまま就寝します。

枕カバーにワセリンが付きますので、タオルとかを敷いておいた方がいいです。
出来れば手ぬぐいの方がケバケバが顔に付かないのでいいですよ。

翌朝にはしっとりツヤツヤになります。

一度試してみて下さいね。

ワセリンはお手軽ですが、もっと効果があるクリームがあります。

それはナイトパック用のクリームです。

中でもMIMURAの『NIGHT MASK NOUMITSU』(ナイトマスク ノウミツ)がおすすめです。

NIGHT MASK NOUMITSU

これは皮膚科が開発に協力して作られた、肌が生まれ変わる睡眠中の保湿と栄養補給、そして肌の再生の為の夜用クリームです。
年齢問わずしっとり肌になれると評判です。
当然ワセリンと違い、保湿だけでなく美肌も期待できるクリームですよ!

最後に

肌が乾燥したままだとどんどん水分が蒸発して肌のバリア機能が低下してしまいます。
そうするとカサカサするだけでなくヒリヒリしてきます。
化粧水もしみるようになります。

そうなる前に化粧水や乳液のつけ方を見直して、必要があればナイトパックをして改善するようにしてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。