シャツやTシャツの襟や脇の黄ばみが落ちない!簡単な落とし方と洗剤の使い方

シャツやTシャツの首回りや脇に黄ばみが…

これが頑固で何回洗濯しても落ちない!

襟元、特に脇が黄色いシャツは着ていても気持ちがいいものではないですし、清潔感が無いですよね。

この黄ばみは一年中発生しますが、特に夏の終わりはひどくなります。
どうしたら黄ばみをきれいサッパリ落とす事ができるのか?

今回は筆者が色々やってみてきれいに落とせた、しかも簡単なやり方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シャツなどの襟や脇の黄ばみが落ちない!

シャツやTシャツの首回りと脇は、洗濯していても黄ばみができます。
黄ばみの原因は通常の洗濯で落ちない皮脂汚れが蓄積されて酸化したもの。

洗濯して干した時、太陽の日に透かされたTシャツとかを見ると、それはそれは鮮やかに黄色く色付いて見えます。

これを外に干しているのが恥ずかしくなる位に。

そこでこの濃い黄ばみを何とか落とそうと奮闘してみました。

その結果、楽に確実に黄ばみが落ちる洗い方を見つけましたのでご紹介したいと思います。

襟や脇の黄ばみの簡単な落とし方

シャツやTシャツの襟や脇の黄ばみの取り方を調べると、重曹を水で練って塗りつけたり、鍋で洗濯物を煮るという情報が出てきました。

筆者はそんな面倒な事をするつもりは最初からなく、もっと簡単な方法を模索して挑戦しました。

部分洗い用の『トップ プレケア』を使ったり、洗剤につけ置きして手洗いしたり、酵素系漂白剤を洗濯機に入れて洗ったりと色々やってみましたが全然効果なし。

なんと頑固な黄ばみよ…!

そんな時思い出したのです。

我が家には固形の洗濯石鹸がある事を…

以前この石鹸を使って血液の汚れを落とした事があります。
(こちら参照⇒生理の血が服や下着に付いた時の落とし方

私はその時に固形石鹸の洗浄力を目の当たりにしたではないか!

その記憶がよみがえった事で、襟元や脇の皮脂の黄ばみ汚れも固形の洗濯せっけんで落とす事にしました。

使ったのはこの固形の洗濯せっけん。

※クリックすると大きくなります

すぐに洗わずせっけんを汚れにすり込んで一晩置く事にしました。

やり方は、首回りや脇の黄ばみ部分を濡らして、そこに固形せっけんをこすってすり込むだけ。

そして一晩置いて汚れにせっけんの成分が馴染むのを待つ。

翌日は洗濯機に普通の洗剤と酵素系漂白剤を入れて普通に洗濯。

すると…

黄ばみが落ちました!

恐るべし固形せっけん…!

さらに強力な黄ばみ落としの方法も見つけました!

それは、『洗濯用固形せっけんと酵素系漂白剤のダブル使い』です。

これも簡単。

シャツやTシャツの黄ばみ部分を濡らして固形せっけんを刷り込んだら、そこに酵素系漂白剤をたらして揉み込んでおくだけ。

そして同じように一晩置いて、翌日洗濯機で洗うだけです。

我が家の洗濯三種の神器 ※クリックで拡大

固形せっけんと酵素系漂白剤によって強力に汚れが溶かし出して黄ばみが落ちます!

ちなみに固形せっけんと酵素系漂白剤を揉み込む時、手の脂を取られて指がガサガサになりますのでゴム手袋着用でした方がいいですよ。

そして色落ちする事もありますから、目立たない所で大丈夫か試してから洗って下さいね!

ウタマロの固形石鹸を使う場合は蛍光増白剤が入っていますので色柄物は色落ちに注意!


スポンサーリンク

襟や脇の黄ばみを落とす洗剤の秘密

シャツなどの首回りのなかなか落ちない黄ばみが落ちたのは、実は使った洗剤にも秘密があります。

それは、固形洗濯せっけん、酵素系漂白剤がアルカリ性だからです。

実は汚れには酸性とアルカリ性があり、洗剤にも酸性や中性、アルカリ性があります。

汚れを落とすには、その汚れと反対の性質の洗剤を使うとよく落ちるんです。

体から出た汚れは酸性になりますから、皮脂が原因の黄ばみを落とすにはアルカリ性の洗剤で洗うとよく落ちます。

固形の洗濯せっけんは洗濯用の洗剤の中でもアルカリ度が高いです。
酵素系漂白剤も普通の洗剤よりアルカリ性が強く、さらに皮脂の分解を促す働きもします。
その2つを使う事で皮脂が落ちて黄ばみが消えたという訳です。

最後に

固形の洗濯せっけんは1個あるととても重宝します。
黄ばみだけでなく、靴下の汚れとかも落ちるんですよ!

あと、実は筆者は仕事用のシャツやブラウスは毎回部分洗い洗剤の『トップ プレケア』をエリ、そで、脇に染み込ませてから洗濯しています。

染みついた黄ばみには力が及ばずでしたが、これはかなり良い黄ばみ予防になっていますのでおすすめです。

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。