お年玉の相場は小学生は?幼児にはプレゼント?赤ちゃんには必要?

新しい年を迎えるとご実家に帰省されたり、または親戚があいさつにやってきますね。
なかなか顔を合わせない親戚にもこの時期ばかりは会う事が多いのではないでしょうか。

小さいお子さんがいたりすると、以前見た姿よりも大きく成長していてビックリする事も
あります。
そしてその子たちに対して大人には避けることが難しい義務があります。

そう、お年玉です。

皆さんが子供たちにあげているお年玉の相場はいくら位でしょうか?
そして、お子さんの年齢による適正金額はどれくらいなのでしょうか?
毎年親戚同士であげる金額を決めているのならいいのですが、そうでない場合はちょっと
悩んでしまいます。

こちらでは一般的にお年玉の金額の相場や幼児や赤ちゃんにはどうしているのかを
調べてみました。

スポンサーリンク

お年玉の相場は小学生だといくら?中学生や高校生は?

年に一度のお年玉ですが、子供にあげるお金はいくら位が適正なのでしょう?
また、子供の年齢によって金額の差は付ける方がいいのでしょうか。
一般的な平均の金額はこちらです。

お年玉の相場

園児 :500円~1,000円
小学生:3,000円
中学生:5,000円
高校生:5,000円以上

中には小学校の低学年は2,000円、高学年で3,000円と差を付ける事もあるようです。
一方、大学生へのお年玉はあげる派とあげない派で別れています。
あげる派が多数ですが、その場合の金額は10,000円が多いです。

幼児へはお年玉よりプレゼントの方がいい?

幼児にあげるお年玉は500円から1,000円が相場となっていましたが、恐らく幼稚園児や
保育園児のお子さん自身がお金を使ったり貯金することはなかなかないでしょう。

ですので「お年玉はお金ではなく何かプレゼントがいいのか?」と考えたりしませんか?
ご自身でもお金ではなくお菓子セットなどをもらった記憶のある方もいらっしゃるかと
思いますし、実際に(お金は親に没収されるから)プレゼントをもらった方が喜ぶお子さんも
いるかと思います。

ただその反面、幼児とはいえ子供たちもお正月のお年玉が何であるか理解していますので、
ここは「お正月っ!」と実感出来るお年玉の方が良いような気がします。
お金をもらう事というより、「ポチ袋に入ったアレ」をもらうというのが子供にとっては重要みたいですね。
そして千円札よりも硬貨の方を喜ぶという声も。
(例えば全部100円玉にするとか1円玉から500円玉まで各種硬貨を
ポチ袋に入れるとか)

お年玉は年に一度ですし、もしプレゼントをあげるならお年玉とは別であげる方が良いかと
思われます。

スポンサーリンク

赤ちゃんにはお年玉は必要?

では、赤ちゃんにはお年玉はあげるべきなのでしょうか?

その家にもよりますが、赤ちゃんにはお年玉をあげない方が多いようです。
もらっても当の赤ちゃん本人には「お年玉もらったぞー!」という認識はありませんし、
親同士が気にするだけです。
その赤ちゃんの親に対してではなく赤ちゃん本人にお年玉をあげるのは、
その子がお年玉を理解できる年齢になってからでいいでしょう。

やっぱり赤ちゃんにもお年玉をあげたいという事であれば
年齢が上がるにつれて金額も上がっていきますので、
中学生で5,000円位に到達するように逆算して「お年玉のベースとなる金額」を
あげればいいでしょう。

まとめ

意外と悩むお子さんへのお年玉についてまとめました。

  • お年玉の相場は
    園児:500円~1,000円
    小学生:3,000円
    中学生:5,000円
    高校生:5,000円以上
  • 保育園、幼稚園児も「ポチ袋に入ったアレ」を期待しているため、できればお年玉をあげると喜ぶ
  • 一般的に赤ちゃんにはあげない人が多い
  • お年玉をあげるのは子供が「お年玉」を認識できるようになった年からでいい

以上です。
一般的な相場となりますので悩んだら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。