おせち料理の意味と由来を知って縁起を担いで金運もアップ!

お正月に食べるおせち料理。
ご自宅で作る方もいれば、お店に注文して食べる方もいらっしゃるかと思います。
また、やっぱり飽きるし量も多いのでお好きな料理だけを用意する家庭もありますね。

このおせち料理、お正月に食べるだけあって各種縁起のいい意味が込められていますよね。
どうせだったらご利益にあやかりたいと思うものです。

ここではおせち料理の由来とそれぞれの料理の意味、そして特に金運アップの料理について紹介します。

スポンサーリンク

おせち料理を食べる意味と由来

なんとなくお正月だからおせち料理とお雑煮を食べる…
みんなそうだと思います。

ではこの「おせち料理」はいつからどのような意味で始まったものなのでしょうか?

おせち料理はいつから始まった?

もともとは奈良時代の皇室で始まりました
こちらが江戸時代に入ると庶民の間に広がっていきました。
料理にそれぞれ意味が込められ、種類が増えていったのも江戸時代後期です。
また、重箱を使うようになったのも江戸時代からです。

おせち料理の由来と意味は

昔一年のいろいろな節句に神様に感謝してお供えをしたり、豊作を願ったり祝ったりして食べた料理を
「節句料理」といいました。
それが「お節(せち)」となります。
元日は節句の一年最初の日なので、正月におせち料理を食べる習慣になりました。

また、お正月は歳神様を迎えます。
歳神様は7日間(地域による)滞在します。
日持ちする料理が多いのは、台所を休めて神様をお迎えするためと普段忙しい主婦に休んでもらうためと言われています。
あと昔はお正月期間は店はみんな閉まってましたから、保存食の意味合いもあったそうです。

おせち料理に込められた意味を知って縁起を担ごう

年の初めに食べるおせち料理にはそれぞれ縁起のいい意味が込められています。
どうせ食べるならその意味を知って運気アップ、願望成就の思いを込めて食べたいですよね。
さっそく代表的なおせち料理に込められた意味を紹介します。

子宝・子孫繁栄

  • 数の子:子宝に恵まれる 子孫繁栄。
  • 里芋 :子芋が多くつくため 子孫繁栄。
  • 八つ頭、くわいも子孫繁栄です。

仕事運

  • 田作り:豊作祈願(昔イワシが畑の肥料だったため)
  • 黒豆 :元気に働けるように(「まめに」働けるように)
  • たたきごぼう:ごぼうは細く長く地中にしっかり根を張るため縁起が良い食材。たたきごぼうはごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。

とにかくめでたく縁起よく

  • 昆布巻:昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて。
  • 紅白かまぼこ:半円形は日の出(歳神様)を表す。紅は魔除け、白は清浄を表す。
  • 紅白なます:紅白でおめでたい。

健康・長寿

  • えび :長寿(長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすること)
  • ちょろぎ:「長老喜」「千世呂木」と書き、長寿を願うもの

その他

  • れんこん:将来の見通しがきくように。
  • 伊達巻き:知識や文化の発達を願う。学業成就など
スポンサーリンク

おせち料理で金運アップ!

さらに金運アップの意味が込められたおせち料理を紹介します。

  • 栗きんとん:黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理です。
  • 錦玉子 : 黄身と白身の2色が「金と銀」に例えられています。また、「二色」なので「錦」の語呂合わせも。
  • 金柑の甘露煮:見た目とそのままの文字でもかなり金運が良くなりそうですが、「金冠」となり財宝を意味して金運を願うものです。

番外編 おせち料理に飽きたら

おせちはすぐに飽きてしまいますね。
そこで他の料理で金運アップにつながる料理を紹介します。

オムライス(チキンライスで)

風水ではとり肉は肉類の中で一番の開運パワーを持っています。
このとり肉パワーのチキンライスをお金を引き寄せる効果がある「たまご」で包むことで相乗効果が期待できますよ。

ビーフカレー

牛肉蓄財

まとめ

いかがでしたか。
昔から幸福を願って食べられてきたおせち料理。
この受け継がれた開運フードを食べて新しい年も元気に過ごしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。