野沢温泉スキー場の近くの宿とホテル、温泉宿のおすすめをご紹介

野沢温泉スキー場は天然雪のスキー場で有名です。
このスキー場に泊りがけで滑りに行くなら、ゲレンデに近い宿がいいですよね。
また、せっかくの温泉地にあるスキー場ですので、ゆっくり温泉にもつかりたいです。
そこで、こちらでは野沢温泉スキー場に近い旅館やペンション、館内に温泉があるホテルなど、おすすめの宿をご紹介します。

スポンサーリンク
 

野沢温泉スキー場に近い宿

スキーやスノボは結構疲れますよね。
それに加え、慣れない雪道は歩くだけで体力を使います。
できればゲレンデで楽しんだあとは早く宿に着いて休みたいですよね。
そこで、野沢温泉スキー場の近くにあるおすすめの宿をご紹介したいと思います。

憩の宿 竹栄

長坂ゲレンデから約5分のところにあります。
豪華ではありませんがボリュームのあるおいしい食事が付きます。
お風呂は一応ありますが小さいです。
でも、近くに野沢温泉の外湯『大湯』があります。
こちらの女将はとても人柄がいいので、彼女がこの宿の名物といってもいいでしょう。
北信州野沢温泉 観光協会オフィシャルウェブサイトより『憩の宿 竹栄』

森の宿 こぐまの家

こちらは柄沢ゲレンデ内にあるペンションです。
リフト乗り場もすぐ近くにあります。
いつでも入浴できる小さなお風呂がありますが温泉ではありません。
温泉は歩いて3分位で行ける外湯の『中尾の湯』があります。
女将は気さくで、館内は掃除が行き届いていてきれいです。
さすがにゲレンデにあるペンションですので、温泉街まで徒歩で15分くらいかかります。

ホームページ:http://kogumanoie.chips.jp/index.html

ロッジでんべえ

野沢スキー場のメインともいわれる日影ゲレンデのすぐそばにあります。
お風呂は温泉街からお湯を引き湯してるので館内に温泉もあります。
そして何より安いです。
ちなみにこちらの宿の周辺は冬季は車両通行止めになるので、別館の「館でんべゑ」に車と荷物を預けて無料の真湯ペアリフトや動く歩道「遊ロード」を使っていきます。
荷物は本館まで特別車両で運搬してくれます。
温泉街に行く場合も真湯ペアリフトや動く歩道を使って下って行きます。
ちなみに夜間はリフトも動く歩道も止まっています…

ホームページ:http://nozawa-denbey.com/

リフト、動く歩道の運行時間はコチラ


スポンサーリンク

野沢温泉スキー場に近いの温泉宿やホテル

野沢温泉にあるスキー場ですから、宿泊するホテルや旅館の温泉につかって疲れを癒したいですよね。
しかし!
実は野沢温泉はペンションや民宿が多く、宿に温泉を引いてる所はあまりありません。
そこで温泉を希望する場合は大きな温泉宿に泊まるか、外湯に入る事になります。
ちなみに外湯は狭い所が多く、脱衣スペースもすのこを敷いて湯舟の脇に作ってある、ある意味昔ながらの作りになっています。
洗い場も少なく狭いので、そこで頭や体を洗うのは抵抗があるかもしれません。
本当にお湯につかる為だけのお風呂と思った方がいいでしょう。

外湯がそんな感じですので、遠慮なく体を洗ってお湯にゆっくり浸かりたいなら温泉があるホテルや旅館に泊まるのが一番です。
お風呂が充実している分、料金が高くなってしまうのですが…
そこで、今度はお風呂が大きいホテルや旅館をご紹介していきます。

野沢グランドホテル

レトロな雰囲気で部屋も広め。
お風呂は大浴場、露天風呂共に全て源泉掛け流しです。
料理もボリュームがあります。
場所は中央バスターミナルから近く、スキー場へも真湯ペアリフトを使えば割とすぐ着きます。
動く歩道でも行けます。

ホームページ:http://www.nozawagrand.com/

河一屋旅館

こちらは露天風呂が源泉かけ流しです。
内湯は循環ろ過式で、麻釜からお湯を引いてきているそうです。
お風呂は洗い場が少ないので、タイミングによっては混雑します。
食事も特にステーキが美味。
着いてしまえばゆっくりできますが、周辺の道が狭いので車で行くのがちょっと大変。
あと、館内にエレベーターがありませんので、足腰が弱い方が行く場合は電話でお部屋が何回にあるのか問い合わせた方がいいです。
そして野沢グランドホテルよりもスキー場から遠くなります。
こちらも真湯ペアリフトが最寄りになります。

ホームページ:http://www.nozawa.tv/

四季の宿 河廣(かわひろ)

こちらが温泉がある旅館でスキー場に一番近いです。
長坂ゴンドラリフトの乗り場の前で、こちらの旅館でレンタルスキーもやっています。
囲炉裏があったりとかなり雰囲気がある感じですが、きれいに清掃されています。
全て和室で、トイレ、洗面所は共同ですがとてもきれいにしてあります。
お風呂はちょっと狭いですが、これもタイミング次第。
食事は主に地元野菜を使った和食です。

ホームページ:http://www.kawahiro.info/index.html

最後に

野沢温泉スキー場や温泉街の宿は平均してどこも清潔で多めの食事でおもてなししてくれます。
また、最近は外国の方に人気があるスキー場でもあるので、場所によっては英語表記だらけの所もあります。
でも、安心してください。
そこは日本です。
日本の温泉地にある宿でゆっくり体を休めてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。