クリスマスプレゼントの子供にばれない隠し場所と準備の仕方、置く場所について

クリスマスプレゼントをサンタさんがくれると子供が信じているなら、親は子供に気付かれないようにプレゼントを用意しなくてはなりませんよね。
準備したら渡すまで見つからないように隠しておかなくてはいけませんので、結構気を使います。
そこで、プレゼントが子供にばれない隠し場所など、正体を隠すための方法をいくつかご提案していきたいと思います。
子供の夢を壊さないための参考にどうぞ。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの子供に見つからない隠し場所

サンタクロースからプレゼントがもらえると信じているお子さんの夢を守るために、親は準備したプレゼントをクリスマスまで隠しておかなくてはなりません。
しかし、クローゼットや押し入れに隠しておいても、子供はかくれんぼとかでクローゼットを開けて入ったりするので、そこでバレてしまう可能性があります。
そこで、実際に見つかりにくい隠し場所をいくつかピックアップしてご紹介します。

クリスマスプレゼントの隠し場所① 衣装ケース

プレゼントが見つかりにくいのは衣装ケースの中です。
夏物とかの服の中にプレゼントを埋めて隠しておきます。
透明な衣装ケースの場合は外からプレゼントが見えないように、そして万が一ケースのフタを開けられてもわからないように服で隠します。
たとえ押し入れやクローゼットの中に子供が入ったとしても、物がたくさん入って重い衣装ケースまで引っ張り出す事はそうそうありませんので、安全な隠し場所です。

クリスマスプレゼントの隠し場所② 家電製品などの箱の中

あまり使わない家電製品や夏にしか使わない物で箱に入れて保管している物はありませんか?
そういったものがあれば、中身を入れ替えてこの箱にプレゼントを隠しておきます。
もちろん出した家電製品も他の場所に見つからないように隠しておきますよ。
特に普段冷蔵庫の上や天袋などの高い所に置いている物と入れ替えると気付かれません。

クリスマスプレゼントの隠し場所③ 大人も鍵がないと開けられない場所

これは鍵がかけられる引き出しや車の中などです。
大人ですら鍵がないと開けられないのですから、ましてや子供が鍵を管理している訳ではないので絶対に開けられません。
車の場合はトランクの中に入れ、プレゼントが見えないように上に物をかぶせて隠しておきましょう。
さらに見付かりにくい場所は、よく車検証などを入れている座席下の収納スペースです。
小さいものならここに入ります。

ただ、車に芳香剤を置いている場合は匂いがプレゼントに移ってしまうので、渡した時に「うちの車と同じ匂いがする!」と指摘され、どう切り返したらいいか困る事態にもなるのでご注意下さい。

上記に挙げた以外にご実家や職場などに置いておけるならクリスマス直前まで置かせてもらえると助かりますよね。
ご実家の場合は子供が遊びに行った時に発見されないように隠しておいてもらう事が必要です。

クリスマスプレゼントを子供にばれないように準備するには

プレゼントを隠しておく以前に、仕事で忙しかったり子供といつも一緒にいてなかなか離れられないとこっそりプレゼントを用意する事から難しいですよね。
しかしプレゼントを購入する所を見られる訳にはいきません。

仕事の帰りに買って来れたり、家族の誰かに子供を見てもらっている間に買って来れればいいのですが、それも厳しい場合は通販で頼むしかありません。

通販で買う場合はこんなやり方はいかがでしょうか。
まずお店に下見に行って、現物がどんなものかを確認します。
これは実際に買いませんのでお子さんと一緒でも大丈夫かと思います。
そして今度はネットで同じ商品を探して通販で注文します。
配達先は仕事先に指定しておきます。
そしてプレゼントを隠しておけばOK。

もし商品を職場で受け取れない場合は運送会社の営業所止めにしてもらうといいですよ。
購入時に設定ができないのであれば、伝票番号がわかり次第運送会社に連絡をすれば営業所止めにしてくれる事もあります。

確実に子供がいる時に自宅で受け取る事になった場合は、「会社のだから開けられない」とか「人から頼まれた物だから開けられない」と言ってお子さんにプレゼントを触らせないように隔離しましょう。

通販でプレゼントを用意する場合は、確実に配送の箱(amazonなど)を処分してバレないようにして下さいね。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを置く場所は?

何とかクリスマス当日までプレゼントの存在に気付かれず無事に過ごせたとします。
そして最後のミッションは『子供に気付かれないようにプレゼントすること』です。
最後の最後で気付かれたらお互いがっかりですよね。
子供に気付かれないようにプレゼントを置く、そしてサンタさんからの贈り物であると子供が信じて喜ぶ、そこでミッション完了となります。

クリスマスプレゼントを置く場所

一番は子供が寝ている間に枕元に置いて、朝起きた時にプレゼント発見!キャー!となるのがいいですよね。
ただ、子供がサンタの来訪を心待ちにするがあまり目が冴えて寝付いてくれないと困ります。
寝ていてもプレゼントを置く気配で目を覚まして、しかも目が合ってしまったら最悪です。
そうならない為にもうまく子供を睡眠に導入させる事が大事です。

枕元だとプレゼントを置く時に気付かれる、夜中トイレで起きる、子供の寝相が悪すぎてプレゼントが蹴っ飛ばされる可能性があるのであれば、サンタさんが目印にしたという事でクリスマスツリーの前に置くといいですよ。
また、寝室の入り口に置いたり、窓のカーテンの後ろに隠しておくのもいいかと思います。
窓辺に置くと「この窓からサンタさんが来たんだ!」と思ってくれます。

クリスマスプレゼントの渡し方の一例

枕元やクリスマスツリーの所に置く以外に、もう少し子供に冒険させたいならこんな方法はいかがでしょうか。

まず、枕元にはサンタさんからのお手紙だけを置いておきます。
この手紙には

○○ちゃんへ 
ぷれぜんとをおうちのなかにかくしたよ。 
ひんとは▲▲のちかくだよ。
みつけてね。
めりーくりすます

さんたくろーすより

とか書いて、プレゼントを家のどこかに隠しておいて、子供に探させるやり方です。
起きてすぐプレゼントがあって嬉しい!というのもいいですが、こういった宝探しのような渡し方もおもしろいかもしれません。

この渡し方は休日の朝なら時間に余裕があるのでいいかと思いますが、平日の朝だとこんな事している時間もないと思いますので、早めに子供を起こさないといけませんね…

最後に

サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれると信じているのは子供の時だけです。
成長するにしたがってその夢から覚める時がきます。
でも、大人になった時には信じていた事がいい思い出になっています。
親は「子供の夢を守る」というミッションをサンタクロースから受けたと思って頑張って正体を隠しましょうね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。