日光のいろは坂の紅葉時期の渋滞状況 トイレや休憩所など対策をご紹介

日光に車で紅葉を見に行く人は多いですよね。
でも、日光のいろは坂は紅葉シーズンには渋滞する事で有名です。
一体どれくらい混雑するのか気になりますね。
時間はどれくらいかかるのか、途中で休憩所はあるのか、そして途中でトイレはあるのか?

そんな紅葉のいろは坂に挑む前に状況を確認してから行きたいですよね。
それでは早速毎年どんな渋滞状況なのか、所要時間やトイレや休憩所、いろは坂に入る前の事前の対策などの情報も一緒にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

日光のいろは坂の紅葉時期の渋滞は?

いろは坂は日光駅方面から中禅寺湖に向かう際に通る山道です。
日光市内から中禅寺湖に行くのに通るのが上りの第二いろは坂、反対に中禅寺湖から日光市内に向かうのが第一いろは坂です。

上りも下りも2車線ですが急な坂道で、これまた急カーブが続きます。
その為30㎞/h以下の低速走行になります。

中善寺湖へ向かう上りの第二いろは坂は大体朝の7時過ぎ~昼過ぎ位まで大渋滞します。
逆に日光市街へ向かう下りの第一いろは坂は、昼過ぎ~夜の渋滞です。
この渋滞に巻き込まれると、いつたどり着くのか時間が全く読めません。
この道を自転車で走っている人もいるのですが、自転車の方が断然早いです。

上り下りとも休日にくらべればまだマシですが平日でもそれなりに混みます。

紅葉より渋滞の方が記憶に深く刻まれる可能性が大いにあります。
それくらい車が動きません。

お昼頃にいろは坂を登り始めたら大渋滞にはまり、中禅寺湖に着いた時には既に日が落ちて暗くなってしまい紅葉が見れなかったという話もあります。
そんな事もありますので、もし中禅寺湖周辺で宿泊せず日帰りで行くつもりであれば、朝にはいろは坂を上っていないと渋滞を避けるどころか紅葉を見る事ができなくなる可能性すらあります。

ちなみに車で来る人は知らない事ですが、東武日光駅前で東武バスの方が「渋滞中、中禅寺湖まで〇時間」などとプラカードを掲示していたりますよ。

日光のいろは坂の所要時間と渋滞ポイント

それでは上り・下り共にどれくらい時間がかかるのか、そして上りに関しては渋滞の原因となるであろうポイントがありますのでそちらもご紹介しますね。

上りの第二いろは坂の渋滞状況

通常は9.5kmの距離の坂を30分位あれば登り切れてしまう第二いろは坂。
しかし、この紅葉の時期は最低でも2、3時間かかる事は覚悟したほうがいいです。
ひどい時は5時間かかった事もあるそうです。

いろは坂に日光宇都宮道路から来る場合、朝8時には今市ICあたりからなかなか進まなくなります。
そしていろは坂手前の信号(細尾大谷橋)で完全に渋滞です。

そこからウネウネと続くカーブを上っていくのですが、途中いくつか渋滞発生ポイントがあります。

■渋滞発生ポイント① 黒髪平展望台

17カーブ目(いろはの「れ」の所)の黒髪平の展望台で駐車場ではなく路駐して写真撮っている人がいます。
その路肩に停めた車のおかげで道幅が狭くなりバスが通れなかったりするので、これが渋滞の原因の一つにもなっています。

■渋滞発生ポイント② 明智平ロープウェイ駐車場

その先の明智平ロープウェイ駐車場で駐車場の空き待ち渋滞があります。
2車線あるなら右側を通ればいいのでは?と思いますが、2車線なのはここまでです。
明智平からは片側1車線となり対向車も来るのでご注意を。

■渋滞発生ポイント③ 二荒橋前の信号

さらに坂を上ってから中禅寺湖と華厳の滝の手前の二荒橋前T字路でも混雑して動きません。
これは華厳の滝駐車場の空き待ちの渋滞に巻き込まれるからです(右に行くと華厳の滝、左に行くと中禅湖、右折レーンもあります)。
ある意味ここが渋滞の先頭と行ってもいいでしょう。

下りの第一いろは坂の渋滞状況

通常であれば下りの第一いろは坂は10分~15分位で下れてしまいます。
坂の距離は約6.5kmです。
でも、紅葉シーズンは時間や状況にもよりますが1、2時間かかると思った方がいいです。
坂を下る所要時間は上りの時よりも少ないですね。

下りの第一いろは坂の渋滞は午後になると始まります。
午前中に来て一通り散策を終えた人たちがお昼過ぎに帰り始めるからです。
15時になると完全に下りの大渋滞が始まり、大体日没後の18時過ぎまで混雑しています。

渋滞が避けられる時間

渋滞が無いのは夜間~早朝の間です。
ですので朝6時にいろは坂を登り始めれば恐らく1時間以内に中禅寺湖には到着するはずです。
それより1時間遅れると渋滞に巻き込まれます。
休日の場合は7時から上るのだともうダメです。
覚悟しましょう。

いろは坂のトイレや休憩所について

そんなに渋滞しているなら途中で休憩したりトイレに行ったりしたいですよね。

そうですねぇ、トイレ、休憩所…それは無いに等しいです!
上りも下りもノンストップでいろは坂を通過することを考えた方がいいですよ。

ですが、寄れるかどうかは別としてある事はありますのでご紹介しますね。

上りの第二いろは坂のトイレ、休憩所

第二いろは坂には一応2か所、トイレと休憩できるスペースがあります。

■「れ」のカーブの黒髪平の展望台

黒髪平の展望台には無料の10台くらい停められる駐車場があります。
ここに仮設トイレ(公衆トイレではない)が設置されています。
ただ、景観がいい場所でもあるのでここで車を停めようと思っている人は多いです。
駐車場がいっぱいで停められないと思った方がいいでしょう。
くれぐれも路肩に駐車しないようにお願いします。

■明智平ロープウェイ駐車場

トイレポイントは渋滞発生ポイントとかぶるのですが、明智平ロープウェイの駐車場にもトイレがあります。
ここには割と多くトイレがありますが、尋常でない位混んでいます。
目の前にあるのにトイレにすぐに駆け込めるような状態ではありません。
車も渋滞ですがトイレも渋滞です。

下りの第一いろは坂のトイレ、休憩所

下りの第一いろは坂のトイレや休憩所はというと…ありません!
ないんですよ本当に!
ですので、帰りはいろは坂に入る前に必ずトイレに行っておきましょう!

スポンサーリンク

日光いろは坂の渋滞への対策と準備

最悪5時間かかる渋滞に挑むなら、事前に対策を取っておいた方がいいですよね。
長時間車の中に閉じこもる訳ですから準備が必要です。
そちらもご案内します。

ガソリンを給油しておく

到着まで何時間かかるかわからない渋滞ですから、ガソリンは入れて行きましょう。
たまにこの渋滞の最中、ガス欠で動けなくなっている車がいます。
そんな風にならないように事前に給油して行きましょうね。

事前にトイレに行っておく

この渋滞で最大の敵となるのが尿意です。
早朝に行くのでなければ、いろは坂に入る前に絶対にトイレは行っておきましょう。
もちろん水分を摂るのは控えめにしておきます。

第二いろは坂より手前のトイレスポット

清滝ICを過ぎてすぐにローソンとファミリーマートが道の右手にありますので、ここで空腹対策のおやつでも買いつつトイレを借りておく方が賢明です。

コンビニを通り過ぎてしまった場合はいろは坂の手前の馬返パーキングの公衆トイレで済ませておきましょう。
ここには身障者用トイレもあります。
その先は中禅寺湖に着くまでトイレは無いと思ってください。
無いと思って下さい!

先程ご紹介した第二いろは坂の途中にある黒髪平展望台に仮設トイレが設置されていますが、駐車場がいっぱいで入れない可能性が非常に高いです。
また、明智平展望台は坂の終盤です。
こちらも駐車場が混んでいてなかなか車を停められませんし、トイレもすぐには入れません。
それ以前に車の大渋滞でこの2か所までなかなか進みません。
それなりの心構えをしていないと、最悪車から降りて茂みに身を潜め用を足す…という事にもなりかねないです。
しかしこれは恥を忍ぶ以前に一番無防備な状態でいるところを熊や猿に襲われる可能性があり危険です。

第一いろは坂より手前のトイレスポット

上りに比べて下りは所要時間が少ないとはいえ、途中にトイレはありませんので行っておいた方がいいです。
第一いろは坂に入る前の最終トイレスポットは華厳の滝の駐車場です。
ここに公衆トイレがあります。
ただ有料の駐車場(普通車 310円)なんですよね…

ここに限らず、帰路に着く前に最後に立ち寄った場所でトイレをお借りしていくのがよろしいです。
トイレマップもありますので、こちらをご確認ください。

⇒環境省日光湯元ビジターセンター トイレ状況

とにかく上りも下りもトイレはいろは坂に入る前に済ませておく!
それでも心配なら簡易トイレを持って行きましょう。

車酔い対策

いろは坂はヘアピンカーブが続く山道です。
くねくねウヨウヨしながら進みます。
ですので、車酔いする人は酔い止め薬の飲んでおきましょう。
渋滞してゆっくり進むので大丈夫な人もいるかもしれませんが、下りはスピードも出ますので酔って気持ち悪くならないように対策が必要です。

運転中の眠気

運転も渋滞で動かないにも関わらず休憩ができません。
車が動かない分運転者も周囲の紅葉をゆっくり楽しめるというメリットもありますが、段々と眠気に襲われてきたり気持ちもダレてしまいますよね。
そんな時の為にミント系のガムやタブレットがあるとちょっとだけ気分転換になります。
また、眠くなってきたら大声で本気で歌うとスッキリしますよ(筆者だけでしょうか?)。

眠気対策でもコーヒーやお茶はやめておきましょう。
利尿作用があるのでトイレに行きたくなってしまいます。
先の見えない渋滞での最大の敵は尿意です。
飲み物は麦茶をちびちび飲むのがいいですよ。

さいごに

紅葉シーズンはいろは坂を日中通る場合、渋滞は承知した上で行かなくてはいけません。
少しでもすいている時間に行きたいのであれば、朝6時台にはいろは坂を上り始めないと混雑に巻き込まれます。
そしてお昼に下り始めれば大渋滞にははまらないです。

もし中禅寺湖周辺で宿泊するのであれば、15時以降に上り始めると比較的すいています。
その場合も明智平ロープウェイ駐車場辺りで渋滞してきます。

渋滞も大変ですが急勾配の急カーブの山道です。
運転に不慣れな方はかなりつらくなると思います。
とにかく事故には気を付けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。