喪中の期間の七五三 神社へお参りは?参拝の時期をずらす事は?

突然の身内の不幸。喪中の期間はあらゆるお祝い事を控えます。

もちろんお正月のお祝いは一般的に控えますよね。

では、行う年齢の決まっているお子様の七五三の場合はどうなのでしょうか。

改めて考えると悩むところです。

こちらで喪中の七五三について一緒に確認していきましょう。

喪中の期間の七五三はどうする?

一般的に身内の方の不幸から12か月~13か月が喪中と言われますね。

結論から言いますと、喪中期間でも「忌中(きちゅう)」の期間を避ければ七五三をしても

大丈夫です。

ごく普通に写真撮影、神社への参拝をして頂く分には問題ありませんが、

やはり喪中ですので、大々的にお祝いの食事会などはするのは避けましょう。

亡くなられた方もお子様の成長を楽しみにされていたと思いますので、

晴れ姿を天国からご覧になっている事でしょう。

ただしご家族それぞれの気持ちがありますので、皆さんで相談して反対する方がいるようで

あれば控えた方がいいでしょう。

喪中の七五三の神社にお参りは?

一般的に喪中期間は神社へのお参りはしてはいけないといいますね。
やはり約1年間は参拝は避けるべきなのでしょうか。
そこの所も正しい情報を確認しましょう。

忌中は避けるべき

実はこの喪中期間のうちに「忌中(きちゅう)」という期間があります。
この期間は七五三も行うのはやめましょう。

忌中は亡くなった方との続柄によって違いますが、
一般的に亡くなってからの50日間を言います。

忌中は故人を偲び、ご冥福をお祈りすることに専念する期間です。

スポンサーリンク

また、神道では「死」を穢れととらえます。

「死」そのものだけでなく、悲しみに暮れる身内の方も神様に接することは控えるべきだと

考えられています。

ですので、この忌中の間は神社にお参りするのはやめましょう。

この50日間を過ぎてからの忌明け後であれば七五三のお参りは可能です。

それでも「まだ喪中だし…」と心配であれば、参拝する神社に事前に問い合わせましょう。

七五三の時期をずらしてもいい?

身内の方が亡くなられた時期によっては11月の七五三が忌中と重なる事もあるでしょう。

大体は神社に相談すると11月以外でも七五三のご祈祷をしてくれるそうですので、
12月や年明けなど時期をずらして七五三をする事も可能です。

逆に有名な神社の場合は11月の七五三はとても混雑するので、時期をずらすことによって

落ち着いてお参りすることができます。

ただし年末年始は神社に最も多くの人が足を運びますので(初詣)、

この時期はお断りされる可能性もあります。

いつなら七五三のご祈祷を受け付けてくれるか神社に問い合わせてみましょう。

■千歳飴は?

一般的に千歳飴はご祈祷の後に神社でもらえますが、やはり時期がずれるともらえない事が

多いようです。

どうしても千歳飴が欲しい場合は事前にご自身で用意しておきましょう。

スーパーや飴を扱っている和菓子屋さん、ペコちゃんのお店でも販売していますよ。

まとめ

・忌中を避ければ七五三を行ってもいい
・ただし食事会などを派手に行うべきではない
・神社へのお参り、写真撮影で済ませるのがベター
・どうしても忌中が11月にかぶる場合、時期をずらして行うこともできる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。