土浦全国花火競技大会の渋滞に巻き込まれない行き方、駐車場でおすすめは?

土浦全国花火競技大会は全国の花火師達が技術を競う大規模な花火大会で、毎年75万人もの来場者があります。
車で来る人も多いので周辺道路は渋滞します。
特に帰りは大混雑しますので、家に着くのがとても遅い時間になってしまう事も…

それでも車でしか来れない事はありますよね。
そんな訳で車でアクセスする場合、渋滞に巻き込まれず帰りもスムーズに帰れる行き方をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会の渋滞状況

土浦全国花火競技大会の日は会場周辺道路がすごーく混むと言われます。
行きはともかく、渋滞で帰りがあまり遅くなってしまうのは嫌ですよね。
実際どれくらい混雑するのか予備知識として知っておくといいですので、まずはどんな感じかお伝えしますね。

土浦全国花火競技大会の周辺道路の混雑は?

花火競技大会の日の土浦市内は午前中から道が車で混雑し始め、15時頃には渋滞になります。
そして17時には身動きが取れない程の大渋滞になります。
ちなみに高速の常磐自動車道は土浦北IC出口手前で渋滞が出来ています(なかなか降りられない)。

その日は土浦市内に車を乗り入れた時点で渋滞にはまり動けなくなります。
なかなか前に進みません。
イライラしてきます。
そして早い段階で市内駐車場も満車になってきますので、夕方近くに行くと駐車場を求めてさまよう事になります。

行きはとにかく早い時間に到着するようにすれば大渋滞は回避できますが、問題は帰りです。
帰りは花火が終わると同時に75万人が一斉に動き出しますので大渋滞となります。

とにかく車が動きません。
市内の花火大会指定の駐車場から出るのに1時間位かかります。
駐車場から出るだけでですよ…
大体23時を過ぎれば渋滞も落ち着いてくるんですけどね…

もし、どうしても市内に駐車したいのであれば14時前には土浦入りしていたいところです。
そして帰りも花火大会が終わる前に切り上げて帰路に着くようにすれば大渋滞には巻き込まれないかと思われます。

しかし、この場合困るのが14時から花火が始まる18時までの空白の4時間です。

いかんせん時間を潰す場所がない。
花火大会会場近くにイオンモールもあるのですが、イオンモール自体が花火の打ち上げ場所にもなっているためイオンが休業となります。
そのため車を市内で駐車したら車内で読書などをして待っているか、土手で虫を追いかけたり四つ葉のクローバーを探すとかしか時間を潰す手段がありません。

そんな訳で、できる事なら花火競技大会の日は土浦市内に車で入らない事をおすすめします。

土浦全国花火競技大会への車での行き方でおすすめ

土浦全国花火競技大会に会場まで車でアクセスしない方がいいとはいえ、どうしても車でないと行くのが難しい方もいらっしゃいますよね。
でも、帰りが渋滞で遅くなってしまうのは困る…

そこで、渋滞に巻き込まれず帰りも早く帰って来られる車での行き方をご紹介します。

土浦全国花火競技大会へ車でアクセスするおすすめの方法

帰りの渋滞に巻き込まれないようにするには、とにかく土浦市に車で入らない事です。
どうしても車で行きたいのであれば、JR常盤線の『ひたち野うしく駅』まで車で来て、駅周辺の駐車場に駐車した方がいいです。
高速道路で来るならひたち野うしく駅の最寄りのインターは圏央道の『つくば牛久IC』です。
『ひたち野うしく駅』に車を停めたら、そこから電車で2駅先の土浦駅まで移動します。
電車の乗車時間は約10分くらいです。
ここでのポイントは切符を往復券で買っておく事です。
SuicaやパスモなどのICカードを使う場合は帰りに金額不足で土浦駅の改札で引っかからないようにチャージしておきましょう。
なぜなら帰りの土浦駅が混雑するので、帰りに切符を買えば遅くなってしまうからです。

ひたち野うしく駅 (下り) 土日休日の時刻表はこちら

土浦駅に着いたら駅の東口から出るシャトルバス、もしくは徒歩で会場まで移動します。
シャトルバスは会場の学園大橋まで乗せて行ってくれます。
バスで行けば約10分、徒歩なら約30分で到着します。

シャトルバスについて

当日はJR常磐線の土浦駅から臨時のシャトルバスが出ます。
土浦駅東口から出ているこのバスに乗ると約10分で会場に到着します。
このシャトルバスは有料ですが、バスの運行ルートは交通規制されていて一般車両は入れません。
ですので、渋滞なしで会場まですぐ着きます。

駅前のシャトルバス乗り場には会場に向かうシャトルバスが何台も連なっていますよ。

■シャトルバス運行時間

  • 行き 14:30 ~ 19:00
  • 帰り 19:00 ~ 21:45
  • 料金(片道)大人240円  小人120円 

※バス乗車券はバスの中では買えません。
駅東東口に白いテントの発券所が設営されますので、そこで事前に買います。
ちなみに購入にPASUMO、Suicaが使えるそうです。

行きのシャトルバスで注意したい事は、19:00発が最終となり、それ以降は運行しないという事です。
また、18:30以降は乗車券も販売しないようです。

花火を見る場所は?

シャトルバスが停まる学園大橋付近が花火を見るのに一番いい場所ですが、そこは早い時間に来た人たちで一杯になっています。
ベストポジションですが人が多いので、シャトルバスを降りたら人の流れに乗って土浦駅に向かって土手沿いを歩いて行き、土手の空いている所から鑑賞するのがいいですよ。

ちなみに桟敷席という有料の観覧席があるのですが、この周辺なら見やすいと思いますよね。
ところが桟敷席周辺は一般見物客との差別化がしっかりされており、打ち上げ場所に近づくほどベニヤ板の高い塀で目隠しされています。
そんな感じなので、あまり桟敷席の方に近寄りすぎると塀で花火が見えませんのでご注意。

花火競技大会が終了後の帰りは?

花火競技会は20時30分が終了予定です。
終了後は帰る人たちでごった返します。
21時にはすでに駅への入場規制がかけられ、電車に乗るまで1時間近く待つ事もあります。

ですので…
その駅の大混雑に巻き込まれないようにするためには花火競技会終了時刻の20時30分には駅に着いている事が望ましいです。
おすすめは19時にワイドスターマインの打ち上げがありますので、それを見たら土手沿いを土浦駅に向かって歩いて帰り始める事です。
花火を振り返って見ながら帰るのです。
そうして歩いて行って20時半には土浦駅に着く事を目指しましょう。

帰りの道案内はこちら 案内は2枚目です
⇒土浦全国花火競技大会 おかえりマップ
この案内にある「おすすめ桜川コース」がそうですね。

帰りは駅と電車が混みますが、ひたち野うしく駅まで出てしまえば車で帰る時に渋滞の影響はあまり受けません。
ただ、国道6号線は混むようです。

土浦駅(上り)土日休日の時刻表はコチラ

ちなみに帰りはシャトルバスに乗る人がとても多く乗り場が混雑します。
花火終了後だと乗るまでに30分以上かかるようですので、歩いて土浦駅に向かった方が早いです。
会場から土浦駅までは約2.5km、歩いて30分位です。


スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会の駐車場でおすすめ

車でアクセスする場合、とにかく土浦市に車で入ってしまうと渋滞で身動きが取れなくなります。

帰りに渋滞に巻き込まれずに早く帰りたいのであれば、先ほどご紹介した『ひたち野うしく駅』の周辺の有料駐車場に停めて行くのがいいです。

ご参考までに駅周辺の有料駐車場⇒ いつもNAVI

ちなみに有料駐車場の料金はどこも一日600円とか700円位です。

なぜひたち野うしく駅がいいかというと、渋滞に巻き込まれにくい距離にあって駐車場が多いからです。
土浦駅の1つ先の神立駅も駐車場がそこそこありますが、ひたち野うしく駅周辺の方が多いです。
さらに神立駅の次の高浜駅に関しては駐車場そのものが少ないです。
そのため、ひたち野うしく駅に車を停めて電車で土浦まで行くのが一番スムーズです。

ただ一つ注意して頂きたい事があります。
ひたち野うしく駅の近くの店舗の駐車場には絶対に車を停めないで下さい。
マナー違反ですしお店にも買い物客にも迷惑だというのは当たり前ですが、花火競技会の日は店舗が来店者以外の車を常にチェックしており、買い物客以外の車は容赦なくレッカーで移動させています。
特に西友は厳しくチェックしています。

最後に

土浦全国花火競技大会の日の土浦市はとにかく大渋滞が発生します。
市内に車で行きたいのであれば、行きは14時までには到着していないと渋滞に巻き込まれます。
帰りは花火が終わる前に脱出するか、大渋滞を覚悟するかです。

おすすめは車をひたち野うしく駅に停めて、そこから電車で土浦に行く行き方です。
それでも花火大会が終了してから帰る場合、駅の混雑を避ける事はできません。
できれば花火競技大会が終了する前に駅に向かった方がいいですね。

花火はとても迫力があって見ごたえがあります。
事故に気を付けて、楽しい花火大会が過ごせるといいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。