七五三のお祝いの金額の相場や姪や甥へプレゼントを贈る場合について

11月も近づいてきますと写真館などで七五三撮影をしているのをよく目にするように

なりますね。

子供が小さい時のイベントであるため、自分や親戚に子供がいない限りあまり関わりのない

行事かと思います。

その為、自分の兄弟や親戚に子供が誕生した際、いざ迎えた七五三のお祝いを

どうしたらいいか悩みますね。

今回、こちらで一般的にはどうしているのかを確認してみましょう。

七五三のお祝いは親戚の子に送るべきか

七五三の行事をどのように行うか、お祝いをどうするかは地域や家によって違います。

大々的に会場を借りて行う所もあれば、親御様とお子様だけで写真撮影と神社やお寺に

お参りするだけのところもあります。

ですので、自分の家族にどうしているのかを尋ねてみるのがいいでしょう。

最近はお子様と親御様、祖父母でお参り、食事をするケースが多いようです。

その場合、自分が親戚の立場であればお祝いは渡しても渡さなくてもどちらでも構いません。

あくまでも「気持ちの問題で決まりはない」のです。

ただ、基本的に自分の子供が今回七五三をするお子様の親御様からもらっているなら

渡した方がいいでしょう。

七五三は11月15日前後にお祝いをします。

もし、お祝いを渡すのならお祝いの当日までに渡すといいですね。

お祝いのお食事会などに参加されるのであればその時に渡しましょう。

ちなみにお祝いを行うお子様の年齢

  • 男の子は5歳だけ、又は3歳と5歳の2回
  • 女の子は3歳と7歳

七五三のお祝い金の相場は

ご自身のご兄弟のお子様へのお祝い金はいくら位包むのか、そしてのしはどうするのかを

説明します。

■金額

お子様がご自身の親戚(姪や甥)であるなら5,000円~1万円が一般的な金額です。

ご自分のご両親(お子様にとっての祖父母)が1万円包むのであればその半額の5,000が妥当です。

他、お祝いを送る立場からの金額の目安を参考までに

祖父母   1万円~2万円程度

その他親類  5,000円~1万円程度

友人 知人    3,000円~5,000程度

■のし

のし袋は白赤の蝶結び水引を使いましょう。  こちら→

スポンサーリンク

・表書き

どの年齢でも使える「御祝」「七五三御祝」を書けば

問題なし。

しかし、年齢によって

3歳なら髪を伸ばし始める髪置の祝いの「賀御髪置」

5歳なら男児が初めて袴 をつける祝いの「賀御袴着」

7歳なら女児が初めてつけひもを取り帯をしめる祝いの「賀御帯解」

を書くこともあります。

七五三のお祝いとして姪や甥にプレゼントを贈ってもいい?

七五三を行う家族と親しい関係で、あまり堅苦しくお祝いを送りたくないのであれば

お子様にプレゼントを贈るのでも問題はありません。

また、余裕があればお祝い金は両親に、お子様にはプレゼントと送ってもいいかと思います。

プレゼントを贈る場合は親御様にお子様の好みをリサーチしておきましょう。

もし可能ならば、さりげなくお子様自身に聞いてみるといいかもしれません。

プレゼントとして、この先使える好きなキャラクターのグッズとかはいかがでしょうか?

お子様が気に入って使ってくれると嬉しいですよね。

ただ、恐らく親御様としてはお金が一番嬉しいのではないかと思われます。

まとめ

  • 地域や家によって違う為、お祝いも家族にどうすべきか聞くのがいい。
  • 一般的に親戚の立場であればお祝いは渡しても渡さなくても構わない。
  • お祝い金の相場は5,000円~1万円程度
  • 親しい関係ならばお子様にプレゼントでもOK
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。